アマタはアリシアとイズモを失い、茫然としながらベクター機に戻ります。
そして、両親との温かな暮らしを思い描き、それを壊したカグラを憎悪し、怒りのまま出撃。
アマタ・ソラ、アリシア、イズモ・カムロギ

アマタ・ソラ、カグラ・デムリ、イズモ・カムロギ

カグラ・デムリ1

一方、ソーラーアクエリオンの合体が解け、吹き飛ばされたカグラは、「イズモの奴、よくも…」と、あれだけの事をやったのだから反撃も当然だと思うのですが、漏らします。
ミコノとはぐれた事で、ミコノを捜して飛びます。
アマタはそんなカグラを追い、ベクター機だけで変形するのはアクエリオンEVOLの上半身。
アマタ・ソラ

カグラ・デムリ2

カグラの乗るベクター機を掴みかかり、殴ります。
カグラも流石に父親を殺したと言われ、驚いて誰だと聞き返し、返ってきたのはイズモという答え。
一方的にやられるカグラですが、アマタに出来て自分に出来ないはずはないと、こちらも単騎で変形し、アクエリオンの上半身の激突というシュールな光景に。
そんな中、アルテア界は次元を超え、ヴェーガに出現。
2つの世界は接近し続け…
アクエリオンゲパルトとミクシィ・グニスの戦いはアンディの執念勝ちといった所でしょうか。
MIXは女としての記憶を取り戻しますが、男になってしまったゆえに拒みます。
しかし、それでも構わない、男だろうと女だろうと構わないと言います。
アンディ・W・ホール、MIXY

…が、構えよ…
相手の何もかもを受け入れる姿勢は美しいと言えますけど、その受け入れる障害がこれでは全く共感出来ないのですが…
誰得なんだ、この展開。
ようやくMIXと合体と、アクエリオンゲパルトに乗り込みますが、2つの世界が繋がった事で、ここでエレメントチェンジ。
ユノハと入れ替えられ、MIXは帰還。
嬉しそうだな、サザンカ。
クレア、サザンカ、エイ、アイカ、スオミ、モブ

クレア・ドロセラ1

不謹慎だと思いますが、やはりこいつは喜ぶか…
アマタとカグラはぶつかり合い、父親も母親も自分と違って手の届く所にいたと言うアマタ。
それに対し、カグラはどちらにも育てられた事はないと言い、自分を育てたのはミカゲという悪魔のような男だったと。
カグラ曰くミカゲとの暮らしは異常で、1人でいる事よりもっと強い孤独を感じたそう。
カグラ・デムリ、トワノ・ミカゲ

誰も信用出来ない状況で育ったゆえ、身勝手で独りよがりな性格が形成されたのですね。
そんな中出会ったミコノだけは世界でただ1人、自分を受け入れてくれると感じたようですけど、アポロがアポロニアスの生まれ変わりではないという時点で運命など存在せず、錯覚だ…
ミコノ・スズシロ1

そんな互いの感情のぶつけあいにより2つに分かれた魂が呼び合う事で、2つの星は引き寄せられ、やがてぶつかりあい、古き世界は滅び、ミカゲが神となる新しい世界が生まれるよう。
それを静観する不動に対し、それで良いのかと問うクレアですが、突風が吹いて収まった時には既に不動の姿はなく…
クレア・ドロセラ2

運命を手に入れて見せると言うカグラと、運命だって超えて見せると言うアマタのぶつかり合いをする中、当事者のミコノも目を覚まします。
戦かってはいけないと、止めようと動くミコノですが、ゼシカの身体を乗っ取ったミカゲが現れ、その様子のおかしさにようやくゼシカではないと気付くミコノ。
ミコノ・スズシロ2

そこでゼシカの身体に変化が起こり、容姿も変貌。
トワノ・ミカゲ1

ミカゲの話から察するに、アポロニアスは不動のようですね。
ミコノと強引に合体し、アイアンシーでアルテア界の力を吸い上げます。
そんな状況下、ユノハ、カイエン、モロイが現れ、モロイがアマタのエレメント能力がなければ対抗出来ないから、自分の代わりに合体しろと。
アマタをヘッドにアクエリオンEVOLに。
アクエリオンEVOL

ミカゲもカグラの意識を奪い、強引に合体。
カグラ・デムリ3

トワノ・ミカゲ2

そして現れた機体は、形状はソーラーアクエリオン、カラーリングはケルビム・ヴェルルゼバに酷似した禍々しい機体・神来天翅(ANCIENT AQUARION)へ。
神来天翅1

神来天翅2

アクエリオンEVOL、神来天翅