2022年12月2日、ゲームが始まって1ヶ月経っても誰も第1層を突破出来ず、キリトもまた第1層・トールバーナに今だいるよう。
βテスターであるキリトもまだボスの部屋にさえ辿り着けず、ようやく第1層ボス攻略会議が行われるよう。
キリト1

それを呼び掛けたのはディアベルという男。
ディアベル
ディアベルのパーティが今日、塔の最上階でボスの部屋を発見したとの事で、それを知らされます。
6人ずつパーティを組むように求められますが、あぶれたキリト。
同じ様にソロプレイヤーで1人のプレイヤーに声をかけ、ボスは1人では攻略出来ないという事で、今回だけの暫定と組む事に。
フードで顔を隠した少女・アスナとのパーティが成立し、他のパーティも成立。
しかし、話に割って入るキバオウという男。
キバオウ

キリト、アスナ1

βテスターに対し、これまで死んでいった2000人はビギナーを見捨てて旨い狩り場やボロいクエストを一人占めにしたと、名乗り出て謝罪し、溜めこんだ金やアイテムを吐き出せと。
そうでなければ信用など出来ないと言いますが、わざわざ名乗り出る必要も皆無ですし、命が賭かった状況で、リアルでの人間関係があるならまだしも、赤の他人など放置していくのは当然では。
仲良しごっこをした所で共倒れですし、大体、このキバオウという男の態度を見るに、自分が同じ立場だったらそんな高尚な事を出来たとは思えないのですよね…
しかも、こういう馬鹿に限って犠牲者が出たらお前のせいと言い出しそうですし…
そんな話を遮り、発言をするのはエギルという大男。
キバオウに対してエギルが語るのは、道具屋で無料配布しているガイドブックの事。
エギル1

配布していたのは元βテスター。
情報は誰にでも手に入れられたという事で、にもかかわらず多くのプレイヤーが死んでいるという事実を公表し、その失敗を踏まえてどうボスに挑むべきかの話し合いが論議されると思っていたと。
キバオウは言い負かされて黙りますが、不満はまだあるよう。
謝罪と賠償などと喚いて、結局の所、上手い事βテスターの恩恵に与り、自分も甘い汁を吸いたいだけだったようにしか見えませんね…
場は静まった所で、ディアベルが話を再開。
ガイドブックの最新版が先程配布されたようで、それはボスの情報。
ボスはイルファング・ザ・コボルトロードで、取り巻きにルイン・コボルト・センチネル。
ボスの武器は斧とバックラーで、4段あるHPバーの最後の1段が赤くなると、曲刀カテゴリのタルワールに武器を持ち替え、攻撃パターンも変わるという事。
金は全員で自動均等割り、経験値はモンスターを倒したパーティのもの、アイテムはゲットした人の物と、経験値やアイテムの分配についても決められ、解散。
翌日、森のフィールドを抜け、塔の最上階でボスと対峙。
イルファング・ザ・コボルトロード

あぶれ組のキリトとアスナの担当はボスの取り巻き。
ルイン・コボルト・センチネル

アスナはパーティを組んだ事もなく、初心者と思いきや凄まじい手錬で、キリトにも剣先が見えないよう。
アスナ1

戦いは順調ですが、パーティ全員で包囲するのがセオリーのはずなのに、パーティを下がらせて自身が前に出るディアベル。
そして、ボスが事前情報と異なりタルワールではなく野太刀を抜き、キリトが全力で後ろに飛ぶように声を上げますが、そのまま突っ込み、斬られるディアベル。
ディアベルはβテスターだったようで、ラストアタックボーナスによるレアアイテム狙いだったようですが、完全に裏目に出て、ボスを倒すように頼んで退場。
キリトは開始時、自分が生き残る事しか考えていなかったが、ディアベルが他のプレイヤー達を見捨てなかったと、その意志を引き継ぎますが、せこい真似して自滅した馬鹿を美化しすぎ…
キリトとアスナの連携でボスを押します。
戦いの最中、アスナのフードが破れ、現れた素顔は美少女。
アスナ2

アスナ3

しかし、キリトはダメージを受け、アスナ共々絶体絶命。
キリト、アスナ2

アスナ4

回復するまで俺達が支えると、エギルの助力で一命を取り留め、最後はキリトとアスナによってボスを撃破。
エギル2

キリト、アスナ3

喜びに場は湧き、キリトを労うアスナと、その剣技を讃えるエギル。
ですが、ディアベルが死んだのはキリトのせいと水を差すキバオウ。
ボスの使う技をキリトは知っていたと、それを伝えていれば死なずに済んだと食ってかかります。
それに同調し、他にもβテスターがいるんだろうと喚く者も現れます。
この場の状況に、キリトは自身が汚名をかぶる選択。
高笑いをし、元βテスターを素人連中と言ってのけ、1000人のほとんどがレべリングのやり方も知らない初心者で、今のあんたらの方がマシと。
しかし、自分は違う、βテスト期間中、他の誰も到達出来なかった層まで登り、ボスのカタナスキルを知っていたのは、ずっと上の層で刀を使うモンスターと散々戦ったから、他にも色々情報屋など問題にならない位知っていると言います。
キリト2

キリト、アスナ、モブ

キバオウはそんなのβテスター所じゃなくチートと、ベータとチーターを合わせてビーターと言われ、ラストアタックボーナスで手に入れたレアアイテムのコートオブミッドナイトを纏って漆黒の衣装になったキリトは自らそれを名乗って背を向けます。
キリト、モブ

アスナには強くなれるから、ギルドに誘われたら断るな、ソロプレイには絶対的に限界があると言い残し、パーティを解散し、1人先へ。
キリト、アスナ4

アスナ5

アスナ6

ヒロインであるアスナとの初邂逅。
しかし、そのアスナとも別れ、多くのプレイヤーから畏怖や妬みを受ける事になり、行く先は困難。
正直、命懸けなのですし、キリトのような存在は有用だと思うのですが、ここまで嫌われる理由が正直分かりませんね…
どうにかしてその恩恵に与ろうとする方が普通なのでは…
キリトの行動の真意を分かってくれる理解者を得るまでは、辛い日々となりそうですね。
キリト、アスナ5