全員でちゃんと歌えてたらと入浴しながら思う来夏。
宮本 来夏1

3度目の正直で、来夏の入浴シーン。
そんな浴室の扉を開き、これまでの仕返しとばかりに誠襲来。
宮本 誠

来夏はお湯を掛けて撃退しますが、浴室の外から誠の合唱部を辞めると宣言。
宮本 来夏2

エロ本の事を母親に言いたければ言え、もうないけどなと、弱みも処分し、友達も辞めるからもっとちゃんとした部員を探せと。
宮本 来夏3

宮本 来夏4

まぁ、脅迫して入部させようというのがそもそもの間違えですしね。
ですが、誠にエロ本の隠し場所を来夏が知っていた理由を明かす反撃。
母親から聞いたと、エロ本を捨てた意味がない事実が明らかに…
和奏は登校中、車のチェーンが外れるトラブル。
そこに豚を散歩させる外国人が通りかかり、何かを言いながら修理。
坂井 和奏1

坂井 和奏2

親切な人だと思ったら、和奏の鞄のキーホルダーを見て何やら反応を示し、和奏に迫ります。
坂井 和奏、ストーカー

いきなり抱きついてこようとし、和奏は避けて逃亡。
坂井 和奏3

しかし、追いかけてくる外国人。
その姿は完全な変質者。
朝から災難ですね。
来夏は誠の宣言通り、誠の友達も合唱部を辞め、部員が5人未満となった事で部として許可出来ないと、教頭か廃部通知書を渡される事に。
宮本 来夏、田中 大智

手段を選ばず、強引に部として成立させた故、崩壊もまた早かったですね。
田中も呼び出され、部員1人のバドミントン部も同じ理由で廃部。
校長は見逃していたようですが、校長が入院していて、学校の管理運営を代理として自分が行うと、規則を盾に突きつけます。
来夏は頭数だけ揃えても意味がないと悟り、まだ部員が3人いると、再度部員を探すよう。
頭数に入っている和奏ですが、その机の中には退部届けが…
来夏は県大会出られないなら部活は終わりと、田中にバドミントン部に入るように言いますが、また身勝手な事を言い出しましたね、この女…
当然、そんな話が成立するはずもなく、教室を去る田中。
ウィーンの姿を見つけ、バドミントン部に誘います。
下校時、踏切の前に停止する和奏ですが、向かい側には朝の外国人。
坂井 和奏4

和奏を見つけて迫って来ますが、電車が丁度通過し、その隙に逃亡。
田中のウィーンへの誘いは成功し、バドミントン部はあと2人に。
そのまま田中家に行き、田中は自転車の鍵を外すのを忘れたから先に上がっていてくれと言い、言われた田中の部屋に。
そこには下着姿で、エアコンを借りているという田中の姉・田中 晴香。
田中 晴香、前田 敦博

前田 敦博

田中 晴香1

これはラッキーでしたね。
田中 晴香2

田中 晴香3

翌日、来夏は田中に負けた方が相手の部に入るという条件でバドミントン勝負を持ち掛けます。
沖田 紗羽、宮本 来夏1

その後、和奏、紗羽、来夏の3人は喫茶店で会話。
和奏はしっかりケーキ3つ食べているようで、来夏も約束は守ったよう。
坂井 和奏、沖田 紗羽、宮本 来夏1

紗羽が田中が歌えるのかとか、頭数だけ揃えてもと言っていた事を来夏に聞きます。
智子の送別会の事を引き合いに出し、その気になれば戦力になると言いますが、紗羽は田中が去年全国大会に行っていたのに、勝てるのかと。
沖田 紗羽1

坂井 和奏、沖田 紗羽

教頭はバドミントン部が1人だから廃部と言っていましたが、全国大会に行く程の選手がいても、何も考慮しないのか…
大丈夫と来夏は楽観的で、3対1ならと紗羽は勿論、和奏も頭数に。
坂井 和奏5

昼休憩に10分だけと頼まれ、翌日に紗羽の頼み方が上手い事もあり、3対1の勝負が成立。
沖田 紗羽2

…と思いきや、ウィーンもやって来て、3対2に。
紗羽は気軽に遊びのつもりでいいと和奏に声を掛けますが、意外と和奏は勝負にこだわるタイプのようで、「やるなら勝ちたい。」と。
勝負は3本勝負で、先に2点取った方が勝ち。
ですが、和奏、紗羽、来夏が3人とも構え、シャトルを打つというズルい事に
坂井 和奏、沖田 紗羽、宮本 来夏2

田中はウィーンがまともにルールも知らず、足を引っ張った事で敗北。
しかし、田中の意志も汲み、部活申請書には合唱時々バドミントン部と…
部活動申請書

負けても合唱を辞める気はなく、その時はバドミントン時々合唱部とする気だったよう。
和奏は辞め時を見失ってしまった感じですが…
ドラ

坂井 和奏6

校長に引き続き顧問を頼んだようですが、全員で挨拶に来なさいと言われたようで、病室へ。
校長の許可も得て、白浜坂高校の合唱部は全国大会で優勝した事もある名門との事で、昔存在していた事も校長の口から発覚。
和奏の母は校長の教え子だったそうで、昔話が始まりますが、教頭が突如乱入。
教頭に新しい部の承認をお願いしますと来夏が書類を渡しますが、握り潰してゴミ箱に放り込みます。
校長、教頭

沖田 紗羽、宮本 来夏2

音楽を馬鹿にするのも大概にしろとか言いますが、お前こそ生徒を馬鹿にするのも大概にしろ…
大体、この教頭は私情を挟み過ぎでは。
確かに部活動にしたって問題はある気はしますが、杓子定規過ぎる教頭のせいなのですし、却下するにしても目の前で丸めてゴミ箱にとか、教師として如何なものでしょうね。
田中がバドミントンのラケットでそれを阻止し、拾う和奏。
坂井 和奏、沖田 紗羽、宮本 来夏、教頭

この場は校長が判子がまだだったねと判子を押し、そんな校長に口を挟む教頭ですが、君こそ拘っているのではと言い返される事に。
教頭もかつて合唱部に関わった人間のようですが…
夏休みになり、紗羽は海の家でアルバイト。
沖田 紗羽、宮本 来夏、モブ1

沖田 紗羽、宮本 来夏、モブ2

やはり脱ぐとスタイルの良さが際立ちます。
そんな海の家の客として来夏。
来夏はスタイルをカバーする水着ではありますが…
ここで商店街を中心としたステージで、歌をやる事を知ります。
沖田 紗羽、宮本 来夏、沖田 志保、モブ

各店舗が歌い手を用意するようで、来夏が海の家で店主に頼みますが、目玉になるような人を求めているようで、眼鏡に適うのか…
宮本 来夏5

和奏は補習後の帰宅途中、自転車の前に立ちはだかる外国人。
坂井 和奏7

坂井 和奏8

まだいたのか、こいつ。
恐らくは和奏の母親と面識があって和奏にその面影を感じるとか、幼い頃の和奏を知っているとかなのでしょうが、言葉も通じませんし、怖すぎ…
完全にストーカーですし、交番に駆け込めば間違えなく逮捕ですよね…
一方、紗羽、来夏、田中は早速歌ってみる事にしますが、合唱部で歌った心の旋律は田中が知らないという事で、歌うのは校歌…
沖田 紗羽、宮本 来夏、田中 大智

客も去っていきますが、店先にいた老人2人が歌に合わせて楽器を演奏すると、周囲の衆目を集める事に。
沖田 紗羽、宮本 来夏3

完全敗北ですね。
次回予告でも和奏がストーカーに追いかけられて大変な事に…
水着は次回もあるようですね。
沖田 紗羽、宮本 来夏4

そして、紗羽は来夏と喧嘩ですかね。
「私もう合唱部辞めるからね!馬鹿っ!」と叫ぶ紗羽の姿が…
沖田 紗羽3

まぁ、来夏は好き勝手人を振り回し過ぎですし、怒る要素は幾らでもありそうですし、むしろこれまでが付き合い良過ぎ。