A班でもB班と同じ様にアラーム音で起される事態が始まったのは10日目。
南波 六太、新田 零次1

伊東 せりか1

せりかとしては、食糧が足らない事を余計に言い出せない雰囲気で、しかしいつかは気付かれる、そうなったらこの班はもう…、と悩み。
六太は福田に口パクと目配せでカメラを示されます。
新田がまた鳴ったら鬱陶しいと、寝る前に音の出所を捜そうと言い出します。
みんなで音の出所を探りますが、六太が気になるのは右手をポケットに突っこんだままで、本来なら1番に騒ぎ出すであろう古谷の不自然さ。
南波 六太1

古谷が犯人か犯人を知っているか、あるいは痔が痛むからのどれかって…(笑)。
古谷 やすし1

何て予想をしているんだ。
最後がなければいい線をいった推理なのでしょうが…
新田は原因が見当たらない事に落ち付かないよう。
六太はもういいのではと言い、福田も捜している内に管制からモーニングコールがきそうだからと同意。
しかし、新田は気になるからもう少し捜そうと。
六太は寝る前にゴキブリとか見つけたら、殺すまで眠れないタイプと諦め、顔を洗って来ると…
南波 六太、新田 零次2

私の感性では、仮にゴキブリなんか見たとしたら殺すまで眠れないですが、アラーム音なら睡眠欲を優先して耳栓でもして無視するでしょうし、状況を考えれば寝る方がいい気がしますが…
顔を洗いながら、六太は福田の目配せから、カメラで見られている事を意識し、福田の言いたい事が管制が見ている前で自らの夢を壊すような真似をすると思うのかというものと理解。
当然、六太はそうは思わず、福田を信じる事に。
トイレに行く古谷も、ついでに信じようと…
だからこそJAXAの演出と六太は考え、そこでこういうのを誰かに聞いたなと、思い返します。
六太の思考に引っ掛かったのは、NASA職員のジェニファー。
ジェニファー

日々人の訓練中に想定外の出来事が発生しますが、日々人の同僚の宇宙飛行士のダミアン・クウェラーに出たグリーンカードの指示によるもの。
南波 日々人

NASAでは訓練中に極秘指令が書かれた緑の紙が出され、それが通称・グリーンカード。
仲間のミスによるストレスをどうコントロールし、不測の事態をどう切り抜けるか、それを鍛えるためにチーム内で極秘にトラブルを起させるというもの。
茄子田理事長の言っていた緑のアレとは、グリーンカードの事。
ようするに他人が犯したミスに寛大で、冷静にチームワークを優先し、それを維持出来る人間を見極めるためのもので、B班の溝口なんかはまさにそれが自分には欠落しているとさらしている訳ですね。
六太はグリーンカードと確信し、福田は極秘指令だから誰にも話せず、アラーム音のグリーンカードは言動から古谷と判断。
トイレから出て来た古谷に対し、グリーンカードを貰ったかと直球で質問すると、あからさまに顔に出る古谷。
古谷 やすし2

答えられないと言いますが、こいつは本当に分かりやすい(笑)。
六太は疑いは全部晴れたとスッキリし、福田に声を掛けて手を差し出します。
南波 六太2

そんな六太の手を取り、福田も「ありがとう。」と。
南波 六太、福田 直人

福田 直人

指令が出されたのは、古谷が頼んだ眼鏡が手配された時。
個人問診の医師がその前にと星加に代わり、福田も2008年の選抜を思い出すと懐かしさを感じますが、用件は勿論そんな事ではなく、グリーンカード。
福田 直人、星加 正

福田は宇宙飛行士選抜試験を受けた事もあり、その事を知っていました。
眼鏡と一緒にパスボックスで渡されたグリーンカードに書かれた指令が、誰にも気付かれないように、修復出来ない状態まで時計を破壊する事と、誰かが発見出来そうな場所に隠す事。
グリーンカード1

握手する六太と福田を見て古谷はいつものように絡んできますが、新田、せりかも加わっていつの間にか和やかなムード。
南波 六太、福田 直人、古谷 やすし

南波 六太、伊東 せりか、新田 零次、福田 直人、古谷 やすし1

六太はこれだけは言えると、この中に悪い奴は1人もいないと。
南波 六太、伊東 せりか、新田 零次、福田 直人、古谷 やすし2

せりかは応急処置として耳栓を提案し、新田はちょっと聞こえる事を気にしつつも終了。
伊東 せりか2

B班では溝口のせいで大荒れのアラーム音も、A班ではあっさりと収拾。
古谷は出された出されたグリーンカードが心理的負担となっているようですが、耳栓のおかげでそれも軽減されたよう。
グリーンカード2

せりかは耳栓のおかげで腹の音を気にせずに済みますが、新田だけはやっぱり聞こえるとストレスに…
管制では、A班はグリーンカードの試練を超えたと確認し、星加は月での長期滞在や火星までの半年の旅で求められる大きな資質として、チームワークを保つ能力、ストレスに耐える力は重要と、グリーンカードはその辺りを見極めるのに効果的な手段と新人に説明。
やはりそういったものを見て選抜するようですね。
六太はA班、B班の10名の中では1番上手く立ち回れていると思いますが、グリーンカードという単語を口に出した事でそれを知っていた事も管制に知られた訳で、どの程度評価に影響するのか。
茄子田理事長はバスの目隠しも時間を伏せたのも、その他多くの細かな仕掛けもストレスを与えるためのものだと補足。
鶴見の無愛想もと、鶴見の扱いは酷いな…
更に、星加は2人を選べと言った事もと補足。
まぁ、班の中から2人ずつ選抜なんて、真に優秀で資質を持った者を選抜するには不適切ですし、予想通りではありますが…
せりかの食糧不足の悩みは相変わらず続き、自分の食事を抜いて調整してみたりもしたようですが、根本的な解決には繋がらず。
伊東 せりか3

南波 六太、伊東 せりか、新田 零次、福田 直人、古谷 やすし3

最終日までは持たず、今のみんなの雰囲気なら大丈夫、言い出すなら今しかないと考えます。
言ってもあまり怒らなそうな人に言おうと考えますが、古谷は勿論、新田もせりか的には駄目なよう。
新田はエセクールだとバレている訳ですが、「飯がねえぞーーー!」って、流石にこれはないだろう…
新田 零次

という訳で、話すのは六太か福田という事に。
南波 六太、伊東 せりか、新田 零次、福田 直人、古谷 やすし4

丁度そこにタイミングよく六太が通りかかって声をかけ、食糧が足りないと話すせりか。
せりかの自分のせいという謝罪を受け、なんて事だと食料を見て口にする六太に不安げなせりかですが、六太は食糧不足になる指令をJAXAがせりかに出していたと勘違い。
伊東 せりか4

南波 六太3

伊東 せりか5

悪いのはJAXAと言う六太に管制も唖然。
南波 六太、伊東 せりか1

せりかを信じていると六太は手を差し出し、訳も分からないまませりかと握手。
六太の心拍数は増大し、その心は管制にはバレバレですね。
南波 六太、伊東 せりか2

南波 六太、伊東 せりか3

グリーンカードは恐らくは全員に出され、全員が加害者で被害者となるのでしょうが、気になったのはその順番。
1度出された人はその後のトラブルをグリーンカードと判断出来ますし、福田はその知識があるゆえに最初になったのでしょうが、A班、B班を見ると、どういった反応が返ってくるかを見たい人程後になっている気もします。
六太はグリーンカードに気付いた以上、次は回ってきそうですが、そんな指令が出されるのか…