アテナの動きで東京各所では停電が起こり、予言通りの星なき夜に…
祐理もアテナの近づく気配を感じているよう。
万里谷 祐理、甘粕 冬馬

万里谷 祐理1

アテナ1

アテナ2

護堂はエリカと共にアリアンナの運転する車で、緊急事態と歩道を爆走中。
エリカ・ブランデッリ1

エリカはアテナの知識を与えるため、先程の続きをとキスを迫ります。
草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ1

護堂、エリカ、アリアンナ

そこに祐理からの連絡。
既にアテナの気配は近く、ゴルゴネイオンの封印はまだ。
いざとなったらゴルゴネイオンを捨てて逃げろと言う護堂ですが、おめおめと逃げ出せないと祐理。
そんな祐理に、危なくなったら自分の事を強く念じ、呼んでくれと護堂。
そうすれば祐理の元に行けるはずとの事で、それもウルスラグナから奪った10の権能の1つではあるようですが、使用条件がはっきりしないと、曖昧な言葉。
万里谷 祐理2

しかし、祐理はやってみると、その表情も緩みます。
万里谷 祐理3

護堂とエリカは案の定というか、無茶な車の運転で車が使い物にならなくなり、自らの足で駆けます。
護堂は結局巻き込んでしまった祐理を守る覚悟。
エリカは祐理の能力を買っているようで、2号までは大目に見てあげるから、親しくしておけと、意外と寛容。
エリカ・ブランデッリ2

その祐理の元にはついにアテナが到達。
アテナ3

ゴルゴネイオンを渡すように要求し、拒否するなら強奪すると。
当然、祐理は拒絶の意を示し、結界を張りますが、あっさりと破壊されます。
その衝撃で吹き飛んだ祐理を受けとめるのは、リリアナ。
万里谷 祐理、リリアナ・クラニチャール1

リリアナは諦めて渡すようにと言いますが、拒む祐理。
アテナの攻撃にリリアナが防ごうとしますが、あっさり破れ、祐理諸共吹き飛びます。
万里谷 祐理、リリアナ・クラニチャール2

祐理の手から離れてしまったゴルゴネイオンはアテナの手に。
万里谷 祐理4

万里谷 祐理5

アテナは力を取り戻し、本来の姿になってしまいます。
アテナ4

回避したリリアナと違い、祐理はアテナの放った死の風を浴びてしまい、ピンチ。
倒れる間際の祐理の強い願いによって、ウルスラグナの化身の1つ、風が発動。
万里谷 祐理6

護堂は祐理を抱きとめ、アテナと対峙。
万里谷 祐理7

草薙 護堂、万里谷 祐理1

草薙 護堂、万里谷 祐理2

草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ、万里谷 祐理1

祐理の危うい状態を救うのは、黄金の剣。
草薙 護堂、万里谷 祐理3

神本体だけでなく、神の権能まで切り裂く黄金の剣の力により、アテナの死の風は無効化され、癒される祐理。
護堂はアテナと戦う気はないと、何もしないで帰ってほしいと、最後にその意志を確認しますが、力を取り戻したばかりのアテナは遊んでみたいとそれを拒みます。
護堂はアテナをぶっ飛ばすと決め、エリカにはその誇りに賭けて祐理を守るようにと。
エリカはそれを了承し、勝利の前祝いと、残るアテナの知識を与えるためにキス。
草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ2

草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ3

草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ4

草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ5

草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ6

祐理は赤面して絶句。
万里谷 祐理8

護堂とアテナは交戦に入りますが、黄金の剣の権能でアテナの出自を暴き立て、神格を貶めて切り裂いていきますが、正直うんちくが多くて動きが少なく、その戦いは微妙。
アテナ5

草薙 護堂1

アテナ6

アテナ7

草薙 護堂、アテナ1

草薙 護堂、アテナ2

アテナを追いつめていきますが、やがて黄金の剣を使い果たし、形勢逆転。
ウルスラグナから奪った権能という事もアテナは気付いており、厄介。
ウルスラグナの権能は強力で多様性がある反面、1日に1つの権能は1度しか使えず、それぞれに使用条件もあると、使い勝手の悪さが弱点ですね。
アテナの闇を切り裂く切り札となる白馬の事も見切られており、劣勢。
ですが、護堂はエリカの「私はあなたの願う時、必ず傍にいるから。」という言葉を信じ、白馬を使います。
これを防ぎきれば勝ちと、防御に力を注ぎ込むアテナに対し、人間を舐めるなと護堂。
アテナ8

ベストなタイミングでエリカがロンギヌスの槍の呪詛が宿った槍を投げ渡します。
エリカ・ブランデッリ3

護堂がそれでアテナを刺し貫き、勝利。
アテナ9

草薙 護堂2

アテナ10

アテナ11

アテナはまだ生きていますが、ゴルゴネイオンで得た力を失い、幼女の姿に。
そして、全裸。
アテナ12

アテナ13

草薙 護堂、アテナ3

勝者の権利と、トドメを刺すように言うアテナですが、護堂はアテナを倒してこの国から追い出す事を目的としており、それをアテナに望みます。
アテナは護堂を不思議な男と評し、その名を胸に刻みつけておくと言い、姿を消します。
アテナ14

アテナにトドメを刺せば新たな権能が手に入ったはずですし、アテナの神としての格の高さと権能の強力さ、ウルスラグナの権能の使い勝手を考えると、かなり勿体ない気も…
アテナはヒロイン要員という感じでもないですし、仮に再戦したら権能がバレている以上は相当不利。
エリカの目論みも日本で護堂とアテナを戦わせ、他のカンピオーネの邪魔が入らない状態でアテナの権能を手に入れる事だったようですが、それは護堂自身によって失敗。
エリカ・ブランデッリ4

まぁ、一応は一件落着となりますが、祐理の指摘で周囲の地形が変わっている事に気付き…
万里谷 祐理9

草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ、万里谷 祐理2