2024年3月6日、第56層・パニで攻略組による攻略会議が開催。
それを取り仕切るのは、現在はギルド・《血盟騎士団》の副団長でもあるアスナ。
アスナはフィールドボスを村の中に誘い込み、ボスがNPCを殺している間にボスを攻撃し、殲滅すると。
キリトは反対しますが、NPCは所詮はデータなのですし、可能な限り安全に攻略する事を考えるなら、単なるオブジェクトと割り切るアスナの方が現実的とは言えるでしょうか。
アスナ1

キリト、アスナ、モブ1

キリト、アスナ、モブ2

NPCは例え殺されようとまたリポップする訳ですし…
アスナはキリトに対し、今回の指揮を執るのは私と言い、従ってもらうと。
アスナ2

会議後、キリトに声をかけるのはエギル。
キリト、エギル

エギルによるとキリトとアスナが言い争うのはいつもの事のようで、キリト曰く気が合わないのだろうとの事ですが…
アスナに第1層攻略時に誰かにギルドに誘われたら断るなと言ったキリトですが、SAOでも最強のギルドで攻略の鬼となるのは想定外だったよう。
2024年4月11日、第59層・ダナクで昼寝するキリトに声をかけるのはアスナ。
アスナ3

攻略組はみんな迷宮区に挑んでいるのに、のんびり昼寝しているキリトに文句を言いに来たよう。
ソロだからといっても勝手との事ですが、キリトは今日はアインクラッドで最高の季節で最高の気象設定と。
キリトにこうして寝転がってみれば分かると言われたアスナ。
キリト1

アスナ4

そして、キリトが目覚めると、キリトと違って何の警戒もなく横で昼寝し、熟睡状態のアスナの姿。
アスナ5

キリト2

キリト、アスナ1

夕方まで寝続け、くしゃみと共に起床。
アスナ6

顔に葉が張り付き、涎まで…
アスナ7

寝顔を見られた恥かしさから剣を抜こうとするアスナですが、何のためにキリトが夕方まで傍にいたのかを察して理性で留め、ご飯1回でチャラと言い、第57層・マーテンへ。
キリト、アスナ2

席に付き、今日はガードしてくれてありがとうとアスナ。
アスナ8

キリト、モブ

アスナ9

街の中は圏内だからPKされる心配はないようですが、睡眠時だけは別。
腕試しのためのデュエルを悪用した睡眠PKというものがあり、眠っている相手にデュエルを申し込み、相手の指を勝手に動かしてOKボタンを押して一方的になんて事件も実際起きているとか。
キリトやアスナクラスでも、高レベルのPKがいないとは限りませんし、そう考えるとキリトの無防備さは…
そんな時、外から悲鳴が上がります。
悲鳴のあった所に向かうと、教会から首を吊られ、剣で串刺しになった男の姿。
カインズ

キリト、アスナ3

そして、アバターの消滅。
圏内で死ぬとしたらデュエルしかなく、ウィナー表示のあるプレイヤーを捜すよう、周囲に呼びかけるキリト。
しかし、それも見当たらず、圏内PKが可能な裏技を誰かが見つけたのだとしたら、街の中も危険と、キリトとアスナは調べる事に。
アスナ10

最初から見ていた人がいたら話を聞かせてくれと、呼びかけます。
そこで名乗りを上げるのはヨルコ。
ヨルコ1

犠牲となった男はカインズという名で、昔同じギルドに所属しており、一緒に食事に来ていたとか。
広場ではぐれ、
周囲を見回したら…、という事で、悲鳴もヨルコのもの。
キリトはカインズが狙われる理由を聞いてみるも、心当たりはないそうで。
キリト、アスナ、ヨルコ1

ヨルコと翌日の約束を取りつけ、キリトとアスナは武器の出所を調べてみる事に。
その前にアスナの呼び方に納得がいかなかったようで、今後はアスナと名前で呼ぶ事が決定。
アスナ11

武器の出所を調べるには鑑定スキルがいるとの事で、アスナには武器屋の友達が持っているけど、今は忙しい時間だからすぐには無理と、キリトの知り合いの雑貨屋へ。
第50層・アルゲードへ向かい、雑貨屋で出迎えるのは、エギル。
エギル1

ソロのキリトがアスナと一緒である事に大きく驚いたようで、エギルの反応にアスナも苦笑い。
アスナ12

エギルに事情説明し、鑑定をしてもらいます。
エギル2

凶器となった武器はプレイヤーが作成した物で、作成者はグリムロックと、聞いた事がない名で、少なくとも一線級の刀匠ではなく、武器自体も変わった事はないと。
固有名はギルティソーン。
キリトはギルティソーンを自分に試してみようとしますが、アスナが制止。
アスナ13

キリト、アスナ4

翌日、ヨルコから話を再度聞きますが、グリムロックという名に聞き覚えがあるようで、ヨルコとカインズが昔所属していたギルドのメンバーだそう。
ギルドの名は《黄金林檎》。
《黄金林檎》

半年前、たまたま倒したレアモンスターが敏捷力を20も上げる指輪をドロップしたようですが、ギルドで使おうという意見と、売ってもうけを分配しようという意見で割れたよう。
最後は多数決で5対3となり、売却に。
リーダーのグリセルダが前線の大きい街で競売屋に委託するため、1泊の予定で出かけ、そのまま帰って来ず。
死んだ事が後になって分かったようで、レアアイテムを持って圏外に出たとも思えず、まだ手口が広まっていなかった睡眠PKが疑われるよう。
《黄金林檎》内部の犯行が窺え、怪しいのは指輪売却に反対した3人。
グリムロックはSAOでのグリセルダの旦那。
グリセルダ

グリセルダ、グリムロック

グリムロックの犯行なら、指輪売却に反対した3人を狙っていると考えられ、1人はカインズで、ヨルコも反対した人間だそう。
残る1人はシュミットという壁戦士(タンク)で、現在は攻略組の《聖竜連合》所属で、ディフェンダー隊のリーダー。
キリト、アスナ、ヨルコ2

キリトやアスナはボス攻略で面識があり、今回の件を知らせるために合わせてほしいとヨルコ。
シュミット1

ヨルコを宿屋に送り、戻るまで絶対に出ないようにと言い含め、キリトとアスナは《聖竜連合》へ。
道中、圏内PKの手口をキリトがどう考えるか聞くアスナ。
キリトの考えは大きく分けて3つ。
1つ目は正当なデュエルによるもの、2つ目は既知の手段の組み合わせによるシステム上の抜け道、3つ目は圏内の保護を無効化する未知のスキルかアイテムの存在ですが、3つ目はないだろうと。
キリト、アスナ5

SAOはフェアを貫いているから、圏内PKを認めているはずがないとの考え。
アスナ14

ヨルコの待つ宿屋でシュミットを交えて話し合いますが、前線に立つ攻略組とは思えない取り乱しようのシュミット。
シュミット2

ヨルコ2

キリト、アスナ、シュミット

そんな中、ヨルコに宿屋の窓から攻撃したのか、ナイフが突き刺さり、窓からヨルコが転落。
そのままアバターが消滅します。
手口と犯人は…
キリト、アスナ6