4年の時を経て、ヴォバンの忌まわしい再会を果たす祐理。
リリアナともこの時に出会ったようですが…
万里谷 祐理、モブ

万里谷 祐理1

万里谷 祐理2

リリアナ・クラニチャール1

リリアナ・クラニチャール2

万里谷 祐理3

万里谷 祐理、リリアナ・クラニチャール1

一方、護堂もエリカと共に甘粕から祐理がヴォバンに拉致されたと知らされる事に。
エリカは疑うも、ドニからの連絡もあって迷いなく動く護堂。
草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ1

祐理は神の招来の儀を拒み、自らの命をも厭わない覚悟を見せますが、ヴォバンの持つ権能の1つ『死せる従僕の檻』はヴォバンに殺された者に死後永遠の忠誠を誓わされるもので、果たして死後も祐理の持つ貴重な資質が残されるのかと脅します。
祐理の霊視によると、それは死者の国を統治するエジプトの神・オシリスから奪いし権能。
万里谷 祐理4

万里谷 祐理5

万里谷 祐理6

戦う者にとっては最悪と言える権能ですが…
護堂はエリカと共に祐理の捕らわれた場へ。
エリカが『死せる従僕の檻』の死者達を斬り倒し、先へ進みます。
エリカ・ブランデッリ1

祐理もリリアナから護堂が侵入した事を聞く事に。
万里谷 祐理、リリアナ・クラニチャール2

万里谷 祐理7

リリアナは護堂もヴォバン同様に闘争を好むからこそここに来たと、ヴォバンと同じと吐き捨て、祐理は護堂は他の王とは違うと…
万里谷 祐理8

先へ進む護堂はエリカに頼りっぱなしな状態ですが、エリカとしても護堂の権能はヴォバンとの直接対決まで温存させたいよう。
草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ2

エリカ・ブランデッリ2

現存する最古のカンピオーネにして、エリカ曰く最悪の相手のようで、それでも行く護堂。
草薙 護堂、エリカ・ブランデッリ3

エリカ・ブランデッリ3

ヴォバンの前に辿り着き、祐理を取り戻そうとしますが、ヴォバンはこれは王同士の会合で、王に何かを願うならしかるべき代償を用意すべきと、神の招来を成し得る巫女か、自身の獲物となりえる神を要求。
当然のように話し合いの余地はなく、エリカはヴォバンが4年前に招来した神を奪った因縁あるドニの名前を護堂と引き分け、力を認め合った盟友と名前を出して、決闘の流れに持ち込みます。
エリカ・ブランデッリ4

サーシャ・デヤンスタール・ヴォバン1

ヴォバンは王と王とのゲームと称し、チャンスをやると提案。
祐理を連れ、夜明けまで逃げおおせれば護堂の勝ちで、どこに隠れてもかまわないと、自身がそれを追うまで30分の猶予を与えます。
万里谷 祐理、リリアナ・クラニチャール3

護堂達はアリアンナの車で逃走。
護堂、エリカ、祐理、アリアンナ

車中でエリカにヴォバンの権能を聞くも、カンピオーネの権能を調べるグリニッジの賢人議会が設立される以前にカンピオーネとなったヴォバンに関しては大した情報はないよう。
祐理は自身が目的なのだから逃げてくれと言いますが、エリカによると4年前は30人程の巫女が犠牲になったようで、集められた者のほとんどは精神に重大な障害を被ったと。
万里谷 祐理9

祐理が無事だったのは資質が優れていた事と、運が良かったから。
祐理もリリアナも幸運に恵まれた側に過ぎず、次も無事な保証はないよう。
万里谷 祐理10

万里谷 祐理11

リリアナ・クラニチャール3

草薙 護堂、万里谷 祐理1

祐理は自分が犠牲になるしか方法がないと諦めているようで、建設的な話もないまま無情にも30分が経過。
エリカ・ブランデッリ、アリアンナ・ハヤマ・アリアルディ1

ヴォバンの権能で動かされる狼の群れに追われ、早く自身をヴォバンに差し出せという祐理ですが、護堂は却下。
ヴォバンは自分が倒すと。
それを留める祐理ですが、エリカはこれは王の決定で覆す術はないと言い、護堂は目の前に困っている友達がいるなら放ってはおけないと。
祐理もその言葉を聞き、どこか嬉しそうに納得。
万里谷 祐理12

車での逃走も危うくなり、アリアンナとは別れます。
エリカ・ブランデッリ、アリアンナ・ハヤマ・アリアルディ2

狼達はエリカが蹴散らしますが、ヴォバンも追いつき、いよいよ直接対決。
死後も人の命を『死せる従僕の檻』で弄ぶヴォバンは当然のように民衆の敵。
『白馬』の力で焔を呼びますが、人狼の姿と化したヴォバンはそれを飲み込んでしまいます。
サーシャ・デヤンスタール・ヴォバン2

エリカ・ブランデッリ5

万里谷 祐理13

アテナさえ追いつめた『白馬』でしたが、相性の問題ゆえか、ヴォバンには通じないよう。
『駱駝』は今の状態では使えない、『猪』も相手の力が分からない内は『白馬』の二の舞と、次なる動きを考える護堂。
そんな護堂の手を取る祐理。
草薙 護堂、万里谷 祐理2

まずは祐理の身の安全を確保するため、『鳳』の権能で神速で離脱。
草薙 護堂、万里谷 祐理3

草薙 護堂、万里谷 祐理4

草薙 護堂、万里谷 祐理5

カンピオーネとしての経験、権能の数、そしてウルスラグナの権能の使い勝手から圧倒的に不利と言わざるを得ない現状をどう覆すのか…
欧州・アフリカ・オリエントの三界で最強のまつろわぬアテナを葬って権能を奪っていれば、もっと状況はマシだったでしょうに…