長良川と他の河川が交わる戦略上の要衝である墨俣に城を築けば美濃攻略は成ったも同然ですが、稲葉山城から僅かな所に位置し、近づけば攻めいられる死地。
墨俣に強引に城を築こうと言う信奈ですが、光秀は不可能と。
そこで注目が集まるは、引き抜いたばかりの天才軍師・半兵衛。
相良 良晴、織田 信奈、前田 犬千代、竹中 半兵衛1

信奈に意見を求められ、ビクビクしていますが、墨俣を制する者は美濃を制す、不可能を成し遂げてこそ天下人の器と。
相良 良晴、織田 信奈、前田 犬千代、竹中 半兵衛2

信奈は我が意を得たりとその答えに満足し、良晴なんかやめて自身に仕えよと命。
半兵衛は恐れながらとそれを拒み、その答えにも信奈は満足。
竹中 半兵衛1

織田 信奈1

良晴が自身を支え、半兵衛が良晴を支えると、天下統一を目指して励むように言われ、半兵衛も信奈に気を許した様子。
相良 良晴、織田 信奈、前田 犬千代、竹中 半兵衛3

竹中 半兵衛2

そして、肝心の一夜城という大きなイベントに燃える良晴ですが、勝家に命じると言う信奈に良晴は思わず突っ込み。
しかし、桶狭間や半兵衛の調略など、大役を任されてばかりの良晴を贔屓していると思われたくない信奈の思惑に、長秀もやっかむ者もおりましょうと同意すると、心当たりがある様子の者も…
ゆえに勝家にこの大役が任される事に。
柴田 勝家

美濃では義龍が兵に対して活を入れますが、半兵衛の寝返りで士気が下がっている様子。
道三のように信奈と手を結ぶという手も家臣から出ますが、プライドだけは高い義龍が了承するはずもなく…
そんな時に墨俣に織田家が築城しようとしているとの報。
飛んで火に入る夏の虫と、攻め込む事に。
攻められた勝家はもはや築城どころではないよう。
柴田 勝家、モブ

勝家は撤退を余儀なくされ、状況を窺う浅井家の話から長秀ら他の家臣達も失敗したと判明。
長政は次は良晴が出てくると、あいつならあるいはと、何かを必ず仕掛けてくると予測。
良晴をこれまでの事で高く買っているようですが、最後に美濃を、信奈を手に入れるのは自分と、不快になる不敵さは相変わらず。
織田家では長政の読み通り、良晴がまともにやっても犠牲が増えるばかりと、自身にやらせるように信奈に願い出て、勝算がある事を確認した信奈もそれを了承。
織田 信奈2

これだけの作戦を指揮するなら良晴も立派な大将と、旗印が必要になると自身の持っていた瓢箪を投げ渡します。
その瓢箪を見て、天下人の秀吉と本能寺の変を連想してしまう良晴ですが、絶対にさせないと改めて決意。
そして、信奈も出陣。
相良 良晴1

良晴は犬千代、五右衛門、半兵衛、光秀と共に川を下り、作戦決行。
相良 良晴、竹中 半兵衛、明智 光秀

信奈がほぼ全軍で動いたという報を受け、義龍はついに墨俣を諦めたかと言いますが、何かを思いついたように稲葉 一鉄、氏家卜全の2名に2000の兵を預けるから信奈の首を取ってまいれと、何やら不審な動き。
義龍軍が動いたと聞き、上手く釣れたと墨俣から引き離そうとする信奈。
良晴はあらかじめ建物の部品を別の場所で作っておき、現地に運び込み、一気に組み立てる策。
その頃、信奈の方には義龍軍に妙な動きがあると知らせ。
使われていない金山跡に誘っているようで、墨俣から引き離せるのは良いが、戻るのに時間がかかったらと、対応を苦慮する信奈ですが、良晴の言葉を信じて敵を誘いだす事に。
しかし、義龍は家臣諸共信奈達を葬り去る算段。
良晴達は一夜城の部品を組み立て、墨俣へ移動を始め、作戦は順調ですが…
相良 良晴、前田 犬千代、蜂須賀 五右衛門、竹中 半兵衛、明智 光秀1

一鉄、卜全率いる別働隊の義龍軍は、本隊を率いて背後から狙い討つとの言われていたようですが、本隊が来る事はなく、焦りが生まれます。
同様に、織田軍でも義龍の姿がない事にようやく気付き、罠だと理解する信奈。
そのタイミングで仕掛けられた爆弾が爆発。
周囲を油で囲まれ、やられたと信奈。
織田 信奈、柴田 勝家

炎に囲まれながら、信奈は我が身ではなくこのままでは危なくなる良晴を案じます。
この状況に義龍は稲葉山城で大笑い。
そんな状況下で墨俣に城が築かれていると報を受け、確認して驚かされる義龍。
しかし、当然のように叩き潰すために出陣。
攻められた良晴達は半兵衛の指揮下、義龍軍を川に入るまで鉄砲隊、弓隊が迎撃。
竹中 半兵衛3

竹中 半兵衛4

竹中 半兵衛5

信奈達の援軍が来る事を信じてそれまで持ち応えようと奮戦しますが、信奈達は火の中。
義龍に見捨てられた一鉄、卜全はこの地を死に場所と定め、武士としての意地として信奈を道連れにしようとしますが、1人前に出た信奈は何が死に場所だと、そんなものは棺桶に入って考えろと、生き抜くように命じます。
織田 信奈3

織田 信奈4

この状況で生き残れるとと、一鉄、卜全は唖然とした様子を見せますが、信奈は不敵に笑い、金山跡ならまだあるはずと、全員に火薬をかき集める様に指示します。
良晴達は多勢に無勢。
弾も尽き、限界が近いよう。
半兵衛も何も捨てたくない良晴の意は酌みたいようですが、このままでは全滅と、式神で道を開くからと、撤退を進言。
竹中 半兵衛6

犬千代も良晴は欲張り過ぎとそれに同意しますが、諦めないと良晴。
そんな良晴に狙撃があり、気付いて庇う五右衛門が銃弾に倒れます。
相良 良晴、蜂須賀 五右衛門、竹中 半兵

信奈達は火薬で炎を吹き飛ばし、ようやく良晴達への援軍に動きだします。
それを見送った義龍に捨てられた一鉄、卜全は、その信奈の策を見て、道三に初めて会った時のような高揚感を覚えているようで、半兵衛や守就の離反も分かると、当然の如く義龍からの離反フラグが成立。
間に合えと馬を走らせる信奈ですが、良晴達は刻一刻と追いつめられる状況。
竹中 半兵衛7

五右衛門も倒れ、兵達も1人、また1人と…
信奈が辿り着いた時、目にするのはまさに今燃え落ちる一夜城。
崩れ落ちて涙する信奈ですが、煙の中に立つ良晴は存命。
織田 信奈5

相良 良晴2

織田軍の突撃に、信奈の生存に驚く義龍。
織田 信奈6

信奈に当然のように一鉄、卜全率いる兵も与し、叩き潰されるのを待つのみの義龍。
漁夫の利を狙って動く長政ですが、こちらは信奈が差し向けた長秀の軍が立ちはだかります。
丹羽 長秀1

信奈はこの戦いは良晴の戦で、それに割り込もうとする者は長政であっても斬り捨てよと命じたようで…
丹羽 長秀2

何とか勝てた織田軍ですが、五右衛門という尊い犠牲が出てしまったなんて事はなく、起き上がる五右衛門。
相良 良晴、前田 犬千代、蜂須賀 五右衛門、竹中 半兵衛、明智 光秀2

鎖帷子のおかげで無事だったようで、気絶していただけと、主要キャラはこの世界では死なないっぽいですね。
蜂須賀 五右衛門

涙ながらに五右衛門を抱きしめる良晴ですが、ロリコン集団・川並衆にボコられたよう…
相良 良晴、蜂須賀 五右衛門

相良 良晴、前田 犬千代、蜂須賀 五右衛門、竹中 半兵衛、明智 光秀3

義龍は捕え、美濃は織田家のものに。
稲葉山城は岐阜城と改名されます。
捕縛された義龍は生きている限り何度でも信奈と戦うから斬れと言い、道三も義龍を斬れと言いますが、意地を張っていないで一緒に隠居生活でも送ったらと信奈。
道三、義龍ともに拒みますが、結局は義龍を斬らないで縄を犬千代に斬らせる信奈。
斉藤 道三、斉藤 義龍

道三はその甘さは命取りと怒って退出し、義龍も今のは道三が正しいと、やはりお前はうつけだったと。
そして、恩賞の話を長秀が切り出しますが、その前にちょっとと良晴。
丹羽 長秀3

その夜、しょぼくれて酒を飲む道三に声を掛ける良晴。
道三は自分のせいで将来に敵を残してしまったと考えているようで、それを否定して外を見て城の名前を唱えろと良晴は言います。
外には、炎で形作られた蛇。
斉藤 道三

岐阜

岐阜の城、義父の城って、ダジャレか…