アバンは結衣の素敵な部活風景を描いてみたと言うちなつの恐怖絵によって浸食。
これは怖すぎる…
呼ばれたあかりも白目剥いて固まってしまったようですし…
赤座 あかり1

あかり、ちなつ、向日葵、櫻子の4人はあかりの部屋で期末テスト対策の勉強会。
赤座 あかり、吉川 ちなつ、古谷 向日葵、大室 櫻子

しかし、お菓子一杯持ってきたとそれを見せ、他にもトランプやら色々持って来た櫻子に何をしに来たのだと向日葵。
大室 櫻子1

息抜きも無しと渋る櫻子ですが、勉強する気ないだろ…
分からない所は教え合おうと言うあかりですが、ダントツの馬鹿の櫻子に教えてもらう事なんか何もないですよね…
お互いにどの教科が得意か確認しておいた方がいいのかと向日葵が言い、あかりは国語と理科。
ちなつは地理と社会以外ならと。
赤座 あかり2

向日葵は英語と数学が得意で、社会も苦手ではないのでカバー出来ると。
櫻子は図画工作とか言い出し、全く役に立たないと向日葵。
古谷 向日葵、大室 櫻子

案の定というか、櫻子だけは勉強もせずにベッドに寝そべり、ペン立てのペンを見てあかりのお団子にペンを刺し出したり、邪魔でしかない状態。
大室 櫻子2

そんな様子に気付いた向日葵がサボったらダメと言うも、後でちゃんとやると、やらない人間の定番のようなセリフでお菓子を食べ出し…
赤座 あかり、古谷 向日葵、大室 櫻子1

さらに、あかりが買ったけど使っていないというリボンを見つけ、お団子に刺したペンに結びます。
赤座 あかり、大室 櫻子

その後、頬に垂れるリボンにあかりはようやく悪戯に気付き、笑い転げる櫻子…
赤座 あかり3

そんな櫻子に対し、櫻子がちょっと京子に似てるとちなつ。
それを聞き、知的な所とかかなぁと言う櫻子ですが、京子はともかく、お前のどこが知的だ…
むしろ、その対極。
ちなつは何かそういう事を言う所とかと、呆れた様子。
吉川 ちなつ、大室 櫻子

櫻子は京子が毎回一夜漬けで学年1位なのでしょと、似てるなら私もいけるんじゃないかと言い出し、向日葵は何を馬鹿な事をと言いますが、あかりは本当に出来たら凄いよねと言い、本人に聞いてみる事に。
電話で一夜漬けの方法を聞いてみるも、教科書を床に置き、教科書に頭を突いて三点倒立し、念じると出鱈目。
赤座 あかり、歳納 京子

大室 櫻子3

電話が切れた後、京子に何だったのかと声を掛ける結衣。
京子は結衣の家にお邪魔しており、結衣は丁度手作りのパンを焼き上げた所。
それを御馳走になり、帰りにあかり達に持って行ってあげてと言う結衣に了承する京子ですが、差し入れにまで道中手をつけてしまい、あかりの家に辿り着いた時には袋は空。
歳納 京子、船見 結衣

歳納 京子1

赤座 あかり、古谷 向日葵、大室 櫻子2

歳納 京子2

当然、結衣からの差し入れを全て食べてしまった京子に怒り狂うちなつと、落ち着いてと留めるあかりと向日葵。
吉川 ちなつ1

赤座 あかり、歳納 京子、吉川 ちなつ、古谷 向日葵、大室 櫻子

そして、何て事をと泣き出すちなつ。
何で食べたかと言われ、おなか減ったから、そこにパンがあったからと京子。
そんな京子に櫻子だけは分かると同意し、手を取り合って理解し合います。
大室 櫻子4

歳納 京子、大室 櫻子

そんな様子に分かり合わないでとあかりと、あなた方だけは仲良くならないでと向日葵。
ちなつはともこに貰ったパウンドケーキを持ってごらく部に行きますが、そこにはまだ誰もおらず。
今日は緑茶の日だから合わないからお預けかな、でもその辺に置いておくと京子が食べちゃいそうと隠し場所を考え、押し入れにそれを入れますが、そこで聞こえてくる京子の声。
吉川 ちなつ2

思わず押し入れに隠れてしまい、どうしようとちなつ。
吉川 ちなつ3

何事もなくお茶目に登場する事を考えますが、結衣に引かれる妄想をしてしまい、断念。
吉川 ちなつ4

吉川 ちなつ5

来るのが遅いちなつの話に一喜一憂したりしつつ、みんなが帰るのを待ちますが、暑くなってきたちなつ。
何事もなく自然に会話に混じったり、訳ありっぽく出て行ったり、あかりのように存在感なしで始めからいたと言ったりと、妙な妄想を色々と繰り広げます。
赤座 あかり、歳納 京子、船見 結衣、吉川 ちなつ1

赤座 あかり、歳納 京子、船見 結衣、吉川 ちなつ2

吉川 ちなつ6

当然、却下となりますが、どれだけ知恵を絞っても、いいアイディアなど何もなく。
さらに、結衣に今日のおやつが何かとあかりが聞き、結衣がパウンドケーキを焼いて来たけど緑茶には合わないかと言います。
京子は大丈夫と言い、おやつに。
完全に出るタイミングもおやつを出す機会も見失い、自分が持って来たパウンドケーキは食べる事に。
吉川 ちなつ7

みんな去り、ようやく出られたちなつは哀れ…
あかりの家にお泊まりに来たちなつ。
あかねがレンタルして来たというホラーのDVDを流れで見る事になります。
赤座 あかり4

吉川 ちなつ8

怖がってちなつに抱きつくあかりですが、ちなつはその程度ではなかったようで、完全に固まっており、あかりもドン引きするレベル。
赤座 あかり、吉川 ちなつ1

その後はトランプをしますが、眠ってしまったあかりをベッドに寝かせるちなつ。
吉川 ちなつ9

自分もそろそろ寝ようとするちなつですが、DVDを思い出して眠れず、恐怖の幕開け。
吉川 ちなつ10

あかりに声をかけようとしますが、薄眼を空けて眠るあかりは恐怖以外の何物でもない状態で、風の音やあかりの怖過ぎる寝言での不気味な笑い声に恐怖を煽られます。
赤座 あかり、吉川 ちなつ2

赤座 あかり、吉川 ちなつ3

赤座 あかり5

怖い妄想をしてしまい、結衣の妄想で紛らわそうとしますが、眼前に迫る顔。
船見 結衣、吉川 ちなつ

赤座 あかね

DVDを取りに来ただけと言うあかねに悲鳴を上げようとした口は塞がれ、あかねが去った後も怖すぎる体験に怯え続けるちなつ。
赤座 あかり、吉川 ちなつ、赤座 あかね

吉川 ちなつ11

トイレに行きたくなって目覚めたあかりも、ちなつを見て恐怖。
あかりは買い物帰り、ボランティアで清掃をする千歳と出会います。
一緒に食べようとアイスを差し出すあかりですが、自分のアイスは開けようとして真っ二つに…
赤座 あかり6

ちなつと綾乃は服を買いに行って偶然出会ったようで、互いの服を見立て合います。
吉川 ちなつ、杉浦 綾乃1

綾乃は京子が今日はいないのか気になる様子ですが、ちなつが一緒でないのか聞かれて頭に浮かべるのは結衣。
吉川 ちなつ、杉浦 綾乃2

杉浦 綾乃1

綾乃は話の方向を修正し、京子の服の好みを聞いてみたりしますが、知らないと全くその意図に気付かないちなつ。
杉浦 綾乃2

ちなつはそれよりと、結衣の好みの服を尋ね返します。
綾乃も心当たりないと。
向日葵は書店で本を探しますが、背後からその胸に伸びる手。
古谷 向日葵1

古谷 向日葵2

その犯人は京子。
歳納 京子、古谷 向日葵1

歳納 京子、古谷 向日葵2

おっぱいちゃんは何を買いに来たのと聞く京子と、おっぱいちゃんはちょっとと言う向日葵。
京子はじゃあ、ひまっちゃんとあっさり呼び方を変え、徒名付けられてしまいましたわと思いつつ、レシピの本と参考書と向日葵は答えます。
歳納 京子3

京子にも聞き返すと、好きな漫画の新刊が出ていないか見に来たと。
そこで、向日葵が気付くのは、京子のリボンがリボンと思いきや猫耳…でもなく、気になって突っ込みたいけどお洒落で付けているつもりだとしたら言い辛いと悩む向日葵。
歳納 京子、古谷 向日葵3

ボケはこの辺にしておいてと京子はそれを外し、向日葵の内心は突っ込み所に困ると…
歳納 京子4

古谷 向日葵3

しかし、参考書選びを手伝ってくれ、分かりやすい参考書を薦めてくれる京子に対し、不思議な所もあるけどしっかりしている所もあり、ちょっと尊敬してしまうと敬意を感じ、櫻子とは大違いと向日葵。
歳納 京子、古谷 向日葵4

まぁ、こう見えて、京子は学年トップの成績ですしね。
その櫻子は今まさに結衣と一緒にいて、相方交換のような状態。
麻婆豆腐を一般家庭で作れるのかとか櫻子は言い、家で出たのもレトルトだと思っていたと。
船見 結衣、大室 櫻子1

冗談ではない様子に、ボケではないのかと思う結衣。
船見 結衣、大室 櫻子2

櫻子にとってはハンバーグも既に焼くだけの状態にこねて丸められた物を指し、うどんはカップ麺。
船見 結衣、大室 櫻子3

木耳はキノコではなくクラゲだと思っているようで、京子とは違う正真正銘の本物の馬鹿をまざまざと見せつけられる結衣。
大室 櫻子5

船見 結衣

ようするに、京子−才能=櫻子な訳で、向日葵は大変だな…
あかりはアイスを何とかくっつけますが、子供がぶつかって来たせいで結局落とします。
赤座 あかり7

慰める千歳ですが、あかりは集まって来る蟻をみてお腹いっぱいになってくれるよねと。
赤座 あかり8

千歳は貰ったアイスを半分こしようと差し出し、はいと笑顔のあかり。
池田 千歳

赤座 あかり9

赤座 あかり10

いい子なのですが、やはり存在感が薄い可哀相な子…
赤座 あかり、池田 千歳