今日は連係プレイの練習をすると恭介。
神北 小毬、三枝 葉留佳、来ヶ谷 唯湖、能美 クドリャフカ

これまで好き勝手にやってたのに、いきなり高度な事が出来るのかと真人。
心配ない、既にリトルバスターズの心は1つになっているはずと、例えば目玉焼きに何をかけると恭介。
小毬はケチャップ、美魚は塩コショウ、クドは醤油、葉留佳はマヨネーズ、鈴は醤油とコショウ、唯湖はソースと、全員バラバラ。
棗 恭介

誰1人して違うという事は全員バラバラ、ある意味統一されていると恭介。
ついでに、真人は何もかけないそうですが、ありえないという声が上がり…
英語の授業を受けるクドですが、英語は駄目駄目なようですね。
能美 クドリャフカ1

可愛いとか、外国人なのに面白英語なんて教室では笑い声が上がりますが、ハーフやクォーターが、必ずしも英語ペラペラという訳ではないぞ…
能美 クドリャフカ、モブ1

能美 クドリャフカ2

クドは各国を転々としていたゆえに、キチンと勉強する機会がなく、学校に行けなかった故に通信制度で単位を取ったようですが、取り過ぎたゆえに本当は1学年下。
そんな所に美魚が教師からと、実力テストの参加申し込み用紙を持ってきます。
西園 美魚

そういうのって、強制参加だったような気もしますが、学校によって違うのですね。
クドにとっては初めての事。
美魚は既に申し込んだようで、小毬も受けて見ようかと言い、理樹も1年の時も受けたと、受ける方向。
唯湖は面倒だからパスと言いますが、去年は全国で1桁と、良い意味で必要なさそうですしね。
頭脳明晰だし、胸も大きくて羨ましいとクド。
神北 小毬、来ヶ谷 唯湖

自身と比較してしまう事に…
能美 クドリャフカ3

謙吾は剣道の県大会が近付いているからそんな暇はないようですが、私立のスポーツ推薦枠なら取れそうな腕前ですし、こちらも問題はないのか…
鈴は受けるかどうか悩んでいるのを見られるのが恥かしいよう。
理樹、鈴、小毬、クドリャフカ、美魚、謙吾

鈴に話を振られたクドは、自信ないし、どうしようかと。
能美 クドリャフカ4

そんなクドに、小毬がそれぞれ得意科目を教えたらと提案しますが、全科目で唯湖が1番優秀そうですね。
そして、小毬が英語、数学と物理が美魚を担当する事に。
理樹は得意科目はない代わり、不得意科目もないタイプのようで、理樹もクドのコーチに参加する事に。
直枝 理樹、神北 小毬、来ヶ谷 唯湖

クドの呼び方もいつの間にか直枝さんから理樹になっているよう。
鈴も教えてもらいたいと、鈴も参加決定。
棗 鈴

さっそく小毬の英語が始まりますが、頭を使う前に甘い物の補給がオススメと…
神北 小毬1

案の定、おやつを食べて満足という雰囲気に…
棗 鈴、神北 小毬、能美 クドリャフカ

小毬も理樹に指摘され、まずは構文の訳となりますが、リスニングも酷過ぎるクド。
神北 小毬2

直枝 理樹、能美 クドリャフカ1

聞き間違えもあり、とんでもない訳に。
直枝 理樹、棗 鈴、神北 小毬、能美 クドリャフカ1

直枝 理樹、棗 鈴

単語を1個1個覚えていった方が良さそうと、単語帳を作るという事に。
能美 クドリャフカ5

次に、常にどの教科もまんべんなく点を取り、学年上位をキープしている美魚の数学と物理。
何かコツはあるかと聞くクドですが、特にない、授業を普通に聞いていれば十分と美魚。
あとは復讐を欠かさない事と。
それが出来ていなかった場合どうすればいいのかと凹まされる事に。
直枝 理樹、棗 鈴、神北 小毬、能美 クドリャフカ2

直枝 理樹、棗 鈴、神北 小毬、能美 クドリャフカ3

そんな所に真打ちと葉留佳登場。
自分で泥船とか言ってるし…
短期決戦なら山を張るべきと、勉強出来ない学生らしい発言。
三枝 葉留佳、西園 美魚

その山も美魚に教えてと…
美魚は全て受け流し、スルー。
直枝 理樹、神北 小毬、三枝 葉留佳、能美 クドリャフカ

夜はクドが夜食に作ったという和食の弁当を食べつつ、勉強。
直枝 理樹、能美 クドリャフカ2

クドに俺もこれをやると、日本史の教科書を渡す真人。
1番重要な所にマーク付けておいたと言いますが、全部にラインと、勉強出来ないのも当然と思う教科書ですね…
それに関心するクドも駄目過ぎです。
能美 クドリャフカ6

そんな所に、面白クォーターと、クドを見に来て、何か言ってみてと、非常識な女子生徒の3人組。
直枝 理樹、能美 クドリャフカ、井ノ原 真人、モブ

直枝 理樹、能美 クドリャフカ3

理樹にみんなでクドが赤点取るか賭けているとか、オッズは8対1で赤点とか言って笑い、屑過ぎ…
直枝 理樹、モブ

能美 クドリャフカ7

真人がキレ、唯湖、恭介、謙吾が現れ、唯湖に睨まれて不愉快そうに去っていきますが、自分達の非常識さに思う所はないのか…
井ノ原 真人

能美 クドリャフカ、棗 恭介、宮沢 謙吾

来ヶ谷 唯湖

モブ

クドは落ち込みつつ、誰だって珍しくてトンチンカンなものを見つければ話のネタにしたくなる、悪気はなくそういうものと言いますが、こういった偏見の目で常に見られてきたのでしょうね…
能美 クドリャフカ8

その後も勉強は続き、世界地図を見ながら、祖父がロシア人で、両親が忙しい為、祖父に預けられて育ったと語るクド。
能美 クドリャフカ9

能美 クドリャフカ10

その祖父もグラフコスモス、つまりは旧ソ連宇宙総局で働いていた事もあり、フランス、イギリス、イタリア、ドイツ、スウェーデン、インド、スリランカ、アメリカ、カナダ、ブラジルと、各国を転々としていたよう。
1番長く暮したのは、赤道直下の架空の小さな島国のテヴア共和国。
大抵の地図には載っていない旧ソ連領で、綺麗な空と海を持つものの、19世紀以降の入植者と元の住民達の間でいざこざの絶えない国だとか。
クドの家族はみんな2つ国籍を持っており、テヴア共和国で生まれたクドもテヴア共和国と日本の二重国籍だそう。
そんな所に本を返しに来たと佳奈多。
それは量子力学権威が書いた並行宇宙論の難しい本で、クドの知識は大分偏っているよう。
面白く、読み出すと徹夜してしまうと語るクドに、余白にメモを書くのはやめなさいと、佳奈多が見せるページにはロシア語。
二木 佳奈多

英語は駄目でも、ロシア語は出来るようですね。
資格試験や参考書の流し読みは暇潰しで、知識を増やしていく趣味のようなものと、危険物取扱者試験などの国家資格も持っているよう。
佳奈多も並行宇宙論に比べれば、試験など何でもない事のはずなのに、アンバランス過ぎると。
葉留佳も現れ、佳奈多に勉強を教えてもらう事になっていたそう。
佳奈多をお姉ちゃんと呼び、問題解決後の関係は良好なよう。
待たせたりと、相変わらずな部分もあるようですが…
三枝 葉留佳、二木 佳奈多

最後に、回答欄がずれる癖も何とかする事と、クドに言い残していく佳奈多。
部屋で佳奈多が模擬テストをすると、いつもやらかすようで…
極端に緊張しやすい性格や学校に行けなかった故、時間制限やマークシートが苦手のよう。
興味のある分野の恐ろしい知識量を見るに、頭は悪くなさそうですが…
直枝 理樹、能美 クドリャフカ4

外国育ちなのに和食が得意、難しい事は出来ても簡単な事が出来ない、そういうギャップがあるのがクドなのだと思うと理樹。
それは個性でもあるのですが、クド自身は受け入れられないよう。
能美 クドリャフカ11

明日のテストは落ち付けば大丈夫と言う理樹ですが、やはり駄目っぽいですね。
能美 クドリャフカ12

能美 クドリャフカ、モブ2

能美 クドリャフカ、モブ3

試験終了後、回答欄がズレているミスに気付いたようで…
自己採点し、駄目だった者は放課後に補習に出るように言う教師。
葉留佳はサイコロ鉛筆で奇跡の正解率85%って、佳奈多に勉強教えてもらった意味ないじゃないか…
三枝 葉留佳

クドはみんなに合わせる顔が無くて走り去り、それを気付いて追う理樹。
能美 クドリャフカ13

ですが、涙するクドにそれ以上追えず。
能美 クドリャフカ14

結局、リトルバスターズ全員が補習に参加しますが(真人は本当に補習ですが)、こういう連携は駄目だろ…
理樹、鈴、小毬、葉留佳、唯湖、美魚、恭介、真人、謙吾

能美 クドリャフカ15