入浴しながら、この平行世界の示現エンジンさえ破壊すれば、自分のいた世界が再生出来る、躊躇う事などないと自分に言い聞かせるれい。
黒騎 れい1

黒騎 れい2

この世界にとっても良い事などと抜かしてますが、消滅が良い事な訳ないだろ…
そんなれいに再びカラスは接触し、最近のれいには以前の素直さが感じられなくなったと懲罰となり、2度と反抗しないと誓え、さもないとこのまま死んでしまうと。
カラス

黒騎 れい3

黒騎 れい4

黒騎 れい5

しかし、身体の痛みなんて何でもないと、出来るのならやればいいとれい。
黒騎 れい6

黒騎 れい7

そして、れいの考え通り、カラスはれいに罰を与える事は出来ても、殺す事までは不可能なよう。
カラスは所詮はアローンのお使いでしかなく、いつ、どんなアローンが出現するかも分からないと挑発するれい。
黒騎 れい8

もし、出現場所や時間が分かったとして、どうするのかというカラスに、確実に先手を取れるなら、次のアローンに全てを賭けるとれい。
最後の矢を使う事は、れいの存在の消滅に繋がっている事が分かっているのかと言うカラスですが、示現エンジンを破壊出来なくても結果は同じ、次で最後にすると。
ひまわりはアローン強化のカラクリを見つけ、健次郎のアローン強化には外部からの干渉があるかもしれないという説を裏付ける事に。
四宮 ひまわり1

四宮 ひまわり2

その干渉元が分かると、れいのやっている事も、望む、望まないに関わらず、そろそろ潮時という状況。
れいは再び一色家へ行き、先日の事をあかねに謝罪。
黒騎 れい9

殺そうとしている相手に、そんな些細な事を謝罪してどうすると思いますが、そうしないと心残りが出来そうという自己満足の為のよう。
そして帰ろうとするれいに、代わりに晩御飯を食べていってとあかね。
その頃、防衛軍も動かし、アローンへの干渉元の包囲網は着実と形成されていきます。
7年前、アローン出現の預言を何故出来たのかという話を悠里に聞かれ、健次郎が語るのは、7年前の事故の後の遭遇。
アローン

それは健次郎の思考に語りかけてきたそうで、そこにあったのは明確過ぎる知性。
恐らくは自分達より遥かに高い次元、時間や空間すら超越する驚異的な知性と。
そして、人類が示現エンジンという使い方によっては宇宙のバランスすら壊しかねない、強大な力を持つかどうか知りたがっていたと。
健次郎の予測では、その知性体がアローンを差し向けており、試されているとの事ですが…
れいとしては、健次郎を目撃した冷蔵庫が気になるようですが、ももが普通に開けたりしている辺り、別の場所に移されたようですね。
黒騎 れい、一色 もも

普通に考えると、とっくに腐っている気がしますが…
夕食の席では、ももの料理にもマヨネーズをかけるあかね。
ハッキリ言って、作りがいのない奴だ…
しかし、れいもあかねと似たような味覚の持ち主のようで…
健次郎の発明品の暴走で、マヨネーズまみれに。
一色 あかね、黒騎 れい1

黒騎 れい10

笑いがこぼれるあかねとれいに、しょうがないなあと、お風呂に入るように言うもも。
一色 もも

そして、入浴。
躊躇うれいを脱がせ、一緒に入浴となります。
一色 あかね、黒騎 れい2

黒騎 れい11

黒騎 れい12

一色 あかね、黒騎 れい3

当然、あかねはれいの首筋の羽の模様が気になりますが、私が私である証とれい。
一色 あかね、黒騎 れい4

黒騎 れい13

あかねもお尻に痣があると見せますが、全てが丸見えですよね…
一色 あかね、黒騎 れい5

一色 あかね、黒騎 れい6

れいに今日はもう遅いし、もっとお喋りしたいし、泊まっていってと誘うあかね。
黒騎 れい14

一色 あかね、黒騎 れい7

れいも了承し、お泊まりに。
一色 あかね、黒騎 れい8

一色 あかね、黒騎 れい9

ここぞとばかりに示現エンジンを守る4色の光についてあなたも知っているわよねと聞こうとしますが、当然、話せるはずもなく…
誰だろうと関係ない、私は私の使命を果たすだけとれいも考え、その話は終了。
黒騎 れい15

れいもみんなを遠ざけはしてきたものの、友達になりたいと言われ、本当は凄く嬉しかったと本音を語り、また遊びに来ると約束しますが、眠ったあかねにその約束は守れないと謝罪。
黒騎 れい16

一色 あかね、黒騎 れい10

明日の夕方、次のアローンがやって来るそうで、そこで全てをかけるゆえにもう会えないと。
翌朝、あかねが新聞配達のアルバイトから戻ると姿を消しており、登校もせず。
あかね達は放課後、新しい作戦の為、ブルーアイランドにある管理局へ。
健次郎の解析の結果、示現エンジン固有の波動にれいの矢が干渉する事まで分かったと、次に矢が撃たれた時、即座に撃たれたポイントが特定出来るそう。
そんな時、アローンが出現。
海兵隊とドロイド部隊が出動し、干渉者の生け取りの手配。
あかね達もアローン迎撃に出動。
そんな事とは知らないれいによって最初の矢が放たれ、アローン強化。
黒騎 れい17

アローンはあかねとわかばが受け持つ事になり、あおいとひまわりは矢の発射地点へ。
第二射を放とうとするれいですが、ドロイド部隊に捕捉され、逃走。
黒騎 れい18

黒騎 れい19

以前のブルーアイランドへの侵入時から、付けられていたとか見当違いの予想を立てるれい。
どうにか振り切って第二射をとなりますが、ビビッドグリーンに瞬殺され、それも叶わず。
ビビッドグリーン1

ビビッドグリーン2

ビビッドグリーン3

ビビッドグリーン4

(わかばと合体していたから、わかばも同じ位置にいるはずなのに、何故か)1番位置が近いあかねが現場に向かうと、そこにはれい。
黒騎 れい20

一色 あかね

最初から自分の正体を知っていたと勝手に納得し、嘘つき呼ばわりして逆切れするれいですが、何でお前がキレるんだ…
黒騎 れい21

仮にあかねが嘘つきだとしても、嘘つきはお互い様の上、お前は数十億人の大量殺人の未遂犯だろうが…
海兵隊に捕縛され、れいは詰んだと言えますが、どうせ警備不備とかで脱走されるんでしょうね。
一色 あかね、一色 もも