給金を食糧配給チケットと考えるのが人類銀河同盟における概念に1番近いのですが、生存における最低限の食料を得るのみの生活だったと思われるレドには多過ぎるように感じます。
エイミーに使い方が分からないと言うと、これからお祭りが始まるから、お金で色々楽しい事が出来ると。
1

まずは仕事を求めるレドは漁に出ますが、チェインバーではない機体は思うようにいう事を聞かず…
その後は食事となり、エイミーにまだ着替えてないのとやって来たサーヤとメルティ。
2

3

4

後で一緒に祭を回ろうとエイミーも行ってしまい、レドは結局待機。
やる事のないレドに、金の使い方を享受してやると、ここは俺が持つからお手本と思ってみていろと誘うピニオン。
5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

ここでの生活は悪くはないが、みんなとの距離が遠いと言うレドに、この場でやりたい事があるようにも見えず、レドという人間が見えてこないと言われます。
レドをサルベージに誘うピニオンですが、抜け駆けするなとべローズ。
15

16

17

18

19

20

21

22

23

メインディッシュの蛸がレドにはヒディアーズに見えて驚かされたりもしますが、発砲する事はなく済みます。
24

25

26

27

28

29

30

31

その後、チェインバーからレドへの支援要請。
栄養学的には問題ないと、重力を使って魚を捕獲した為、すり身にしてしまったようで…
32

33

ようやくレドも仕事をする事が出来ます。
34

夜はエイミーといい雰囲気で、そのまま押し倒しても拒まれないのではという感じですが、異変。
35

36

37

38

39

40

41

42

ですが、エイミーから見ればただの自然現象だったよう。
43

44

45

46

最後はエイミーの踊りが見たいとレドが言い、レドの為だけに披露。
47

48

49

50

51

その後はべベルの所へ行き、オルダムから給金はレドが誰かを支えた証と教えられます。
サルベージの仕事をする事を決め、べローズの所へ。
52

しかし、海中でチェインバーがヒディアーズと認定する存在と遭遇。
53

似通った姿をしているだけで、地球では何の問題もない水生生物に過ぎないのか、あるいは…
54