地球ではクジライカと呼ばれ、レドがヒディアーズと呼ぶ海洋生物との交戦。
1

撃破に成功するレドですが、地球では大昔から人々に神聖視されてきたという事で、ガルガンティア船団に広がる動揺。
2

3

4

ピニオンだけは他の人間と違う反応を示しますが…
5

レドは撃破したクジライカをチェインバーに生体サンプルの解析させます。
6

レドは現在の地球の文明が低いから無視されているに過ぎないと、あくまで排除すると譲らず。
7

8

生体サンプルの解析の結果も、外骨格の組成が環境に適応変化しているものの、遺伝子構造上はヒディアーズとの差異は認められないと出て、同一種と認定されます。
ガルガンティア船団には大量のクジライカの群れがやって来ます。
ガルガンティア船団の方針はあくまで共存で、電源や動力を落として刺激しないようにやり過ごすという事に。
9

レドは出撃しようとしますが、エイミーに止められ、振り払って出撃しようとするも、リジット達に銃口を向けられ、もしガルガンティア船団が攻撃されたら好きにすればいいと。
10

11

12

13

しかし、クジライカは何かする事もなく、ガルガンティア船団の下を通過。
14

それでもレドに現状を受け入れられず、ガルガンティア船団を出る決意。
ピニオンはレドとチェインバーを貰い受けたいとフェアロックに申し出て、サインしろと迫ります。
15

クジライカを排除出来れば、縄張りや巣などのある海中を探索出来るという理由ですが、兄の仇でもあるようですし、そちらの方が本命なのでしょうね。
ピニオンは賛同者も既に集め、大船主のフランジまで抱き込んだよう。
16

かつての偉大なる時代の遺産を少しでも取り戻せるならと賛同したフランジ。
フェアロックはフランジのような大船主に抜けられては、ガルガンティア船団の防衛力が大きく下がると許可しませんが、病の発作が起こり…
17

18