イッセー、小猫、木場、匙は悪魔なのに神父の格好をし、イリナとゼノヴィアと動き出します。
1

2

効率の為に2手に分かれる事になり、イッセー、木場、匙は街の東側、イリナとゼノヴィアは街の西側へ。
その前に言い忘れていた事がある、多少は世話になった礼に教えておくとゼノヴィアが言うのは、白い龍は目覚めているという事。
3

以前はぐれ悪魔を倒した所へ行くと、襲いかかって来るフリード。
木場との交戦に。
4

フリードが持つのは、『天閃の聖剣(エクスカリバー・ラピッドリィ)』。
その能力は神速のようで、木場と対等の速度にスピードを封じられたも同然。
何とか足を止められれば木場に力を譲渡してやれると言うイッセーに、動く匙。
匙も神器(セイクリッドギア)の使い手で、『黒い龍脈(アブソーブション・ライン)』でフリードを足止めし、イッセーが力を譲渡。
5

6

一気に形勢逆転となりますが、フリードの味方の登場。
それは、木場の仇であるバルパー。
7

8

9

バルパーのアドバイスで聖剣の力を引き出し、匙の拘束を切断。
10

11

木場に襲いかかりますが、ここでイリナとゼノヴィアも登場。
12

13

14

15

バルパーはフリードの任務は潜入してきた教会の者を消す事と、聖剣の使い手が2人という分が悪い状況に撤退を指示。
閃光弾で目くらましをして逃げるフリードとバルパー。
当然、木場、イリナ、ゼノヴィアはそれを追い、イッセー、小猫、匙は取り残される事に。
そこに、リアス、朱乃、ソーナ、椿姫。
16

17

18

19

リアスは幾ら不干渉とはいえ、事態の把握だけはしたいから、イリナとゼノヴィアの動きを朱乃に見張らせていたよう。
リアスは過ぎた事をあれこれ言うのもという感じですが、ソーナは眷族の勝手な行動を快く思わないようで、匙は大変そうですね…
20

21

22

23

24

リアスとしてもイッセーと小猫の気持ちは分かるようですが、悪魔の世界に大きな影響を与えるかもしれない行動ゆえに肯定も出来ず。
25

26

27

28

匙はソーナから魔力を込めた尻叩き1000回のお仕置き。
29

心配ばかりかけてとイッセーと小猫を抱きしめるリアスとは対極的…、と思いきや、イッセーにも尻叩き1000回。
30

31

32

家に帰ると、裸エプロンで出迎えるアーシア。
33

34

35

アーシアの友人のエロクラスメイト・桐生 藍華の入れ知恵のようで、褒めるべきか咎めるべきか…
36

37

38

39

リアスは当然の如く受け入れて自分もとなり、母親も…
40

41

42

アーシアは信仰は捨てられずとも、リアスやオカルト研究部の部員、学校の友達、イッセーの両親、そしてイッセーと、今はそれよりも大切なものがあるから、悪魔になった事への後悔はないよう。
43

44

45

46

47

リアスとアーシア、2人で裸エプロンで夕食の準備。
48

49

50

51

52

結局、木場からは何の連絡もないまま翌日。
学園では変態3人組でただ1人、勝ち組と化したイッセー。
53

放課後、オカルト研究会では木場の事で話し合い。
木場からの連絡は今だなく、リアスも手練の2人と一緒だし、はぐれ神父の1人位ならと思っていたようですが…
54

55

56

ただ待っている訳にもいかず、使い魔を放って探索した所、幸いにも命に別条はありませんが、敗北したらしいイリナを発見。
57

58

59

どうやら、強大な力を持つ相手と戦ったようで、木場とゼノヴィアも敗走したよう。
60

61

62

イリナは警告だけ残して意識を手放します。
アーシアの『聖母の微笑(トワイライト・ヒーリング)』でも体力の回復までは出来ない為、消耗の大きいイリナは救援に現れたソーナの命で、椿姫がシトリー家へ運びます。
63

64

65

そんな所に現れるはフリード、そしてそのボスである10枚もの翼を持つ幹部クラスの堕天使・コカビエル。
66

67

68

69

駒王学園を中心に暴れるつもりのようで、そうすれば嫌でもサーゼクスが出て来ざるを得ないと。
70

71

エクスカリバーでも奪えばミカエルでも仕掛けてくるかと思ったが、雑魚のエクソシストと聖剣使いがたった2人でつまらないと言います。
目的は最初から神と悪魔と堕天使の戦いを再び勃発させる事。
72

戦闘狂のコカビエルは戦争が終わって退屈でしかたがなかったようですが、総督のアザゼルも副総督のシェムハザも戦争には消極的で、アザゼルは神器(セイクリッド・ギア)とかいう訳の分らん物を集め出し、研究し始める始末と扱き下ろします。
73

聖剣だけでなく神器まで御所望なのかとイッセーが言うと、イッセーの持つ神滅具(ロンギヌス)である『赤龍帝の籠手(ブーステット・ギア)』クラスなら武器にもなろうが、あいにく俺には興味がない、アザゼルなら欲しがるかもしれないがと。
神と悪魔と堕天使の均衡はギリギリで保たれており、それを崩す為に今度は悪魔に仕掛ける腹づもり。
74

75

このイカレ具合はフリードには好ましいもののようで、褒美に貰ったというエクスカリバーが、イリナから奪った物も含めて4本。
76

コカビエルが駒王学園へと飛び去り、いよいよ動き出しますが、その力はこの地方都市を滅ぼす位は容易いもので…
77

78

79

80

81

82

83