漫にやたらと厳しい、姫松高校で参謀を務める末原 恭子ですが、その実、1番高く買ってもいて、昨年度はルーキーの漫をレギュラーに推薦したよう。
1

2

3

4

5

6

7

8

9

その理由は、強豪の姫松高校においては決して強くはない選手ながら、相手が強い程に爆発するタイプだから。
10

…が、それもいつでもという訳ではなく、1回戦では不発だったようで、2回戦も不発のままオーラスへ(笑)。
11

12

13

14

優希はトップを維持したままオーラスまで来れ、特訓の成果は確かにあったよう。
15

そのままトドメと勢いづきますが、ここまでその前評判に反して駄目過ぎた小蒔が再び眠りに。
16

17

18

19

20

21

小蒔が変貌し、それに反応を示す衣、咲、淡。
22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

小蒔は優希がリーチをかけた状態から、優希へ三倍満を直撃し、一発で最下位から2位まで浮上。
43

44

45

最後の最後とはいえ、恐ろしい実力の片鱗を見せ、こんな状態で最初から戦われたらと思うと、ゾッとする強さですね。
六女仙を従える霧島神境の姫である小蒔の能力は、寝る事で九面と呼ばれる存在をその身に降ろす事で発揮されるもので、条件に大分問題がある上、九面にも強弱があって、使い勝手のいい能力とはとても言えませんが…
46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

62

63

64

65

そして、次鋒戦へ。
66

67

68

69

70

71

72

73

74

75

76

起家は現在トップの宮守女子高校のニュージーランドからの留学生のエイスリン・ウィッシュアート(Aislinn Wishart)。
77

78

2位につける永水女子高校の狩宿 巴やまこではなく、エイスリンを気にする姫松高校。
79

その理由は牌譜は普通だし、和了りに派手さもないようですが、ほとんどの局を和了り、地区大会の和了率は全国1位だったからで、13巡目までに門前で聴牌出来る事が異常に多いとか。
80

81

宮守女子高校もエイスリンに絶対の信頼を置いているよう。
82

83

84

自分の理想の牌譜を卓上に描き出すというのがエイスリンの能力。
85

86

87

88

89

90

91

92

93

94

95

96

97

…が、まことは非常に相性が悪かったようで、まこの不可解な和了りに対応出来ず、フルボッコ。
98

99

100

101

102

103

104

105

106

107

108

109

110

111

112

113

114

115

116

117

118

119

120

121

122

123

124

次鋒戦を迎えた時には3位につけていた清澄高校ですが、オーラスを迎える時にはトップに。
エイスリンはオーラスでも何もさせてもらえず、まこが和了って終了。
125

126

127

128

129

130

131

132

133

134

135

136

137

138

139

140

141

142

143

144

姫松高校は先鋒に続き、次鋒の真瀬 由子も冴えませんでしたが、堅実に3位との差を詰めてはいたよう。
145

146

そして、姫松高校は中堅にエースを据える高校なので、中堅戦は最も警戒すべき相手となりそうですが、昼休みなのに出陣しようとするアホっぷりも見せ…
147

148

149