仲間を庇い、負傷するカミト。
1

2

3

4

5

トドメを刺そうとジオが出すのは、ジオの精霊の中でも最強の1つであるタナトスで、レスティアに貰ったと。
6

フィアナはカミトの危機に、隠し持っていた高位精霊の力の一部を封じる事が出来る、オルデシア帝国の秘宝でもある、特別な精霊鉱石の精霊王の血(ブラッド・ストーン)。
7

8

9

パッドとして胸に隠し持っていたそれがなくなり、偽乳とバレるフィアナ相手に鬼の首を取ったようなクレアですが、それでもクレアと違って平均以上のサイズはあります。
10

11

12

13

異性の好みは人それぞれと言うカミトに喜ぶクレアですが、個人的には無いよりあった方がいいとも(笑)。
14

15

フィアナはいずれバレると、カミトとクレアには4年前にある事件があり、精霊使いとしての力を失った事を明かし、4年前と聞いて全てを察するクレア。
16

入学試験も袖口に忍ばせた精霊鉱石を使い、精霊を使役しているかのように見せたと明かします。
17

18

19

20

21

精霊剣舞祭(ブレイドダンス)で優勝する事は勿論ですが、男の精霊使いであるカミト、災禍の精霊姫(カラミティ・クイーン)の妹であるクレアのようなはぐれ者なら、喪失の精霊姫(ロスト・クイーン)である自分も受け入れてもらえるかもしれないという思いも…
22

秘密を知ってなお、カミトとクレアは望み通り、受け入れてくれます。
クレアは胸なし同盟の仲間と言いますが、クレアよりはあるって…
23

ヨルムンガンドの封印が解けかかっているようで、エリスもリンスレットも戦闘は不可能な状態なので、カミト、エスト、クレア、フィアナで真祭殿へ進みます。
24

25

26

27

28

29

30

31

フィアナの攻撃で一時撤退したジオは、レスティアと合流。
32

33

当然ですが、レスティアの眼中に自称・魔王のジオなどなく、本物の魔王はカミトであなたでは勝てないと。
34

35

愚かな男と蔑みの視線を向けるレスティア。
36

37

38

39

40

41

真祭殿の扉には五大精霊王(エレメンタル・ロード)の彫像がありますが、そこには後に歴史から抹消された闇の精霊王であるレン・アッシュドールの痕跡。
42

43

44

45

46

47

48

フィアナが儀式神楽の前に禊という事で、カミトは見張り。
49

50

51

52

53

54

55

56

カミトは俺の考えが正しければジオは魔王などではないと、その正体を既に察しているよう。
57

58

59

そのジオも現れ、決着を付ける為の戦いに。
60

61

62

63

64

65

66

67

壁や天井などを利用して立体的な移動をする高次立体移動は、教導院で最初に教えられる技で、ジオはカミトと同じ教導院出身。
そして、男の精霊使いなどというのは当然のように偽りで、精霊王の血に封じ込められた狂王精霊のネブカドネザルの力を使い、封印精霊を強制的に従わせていたに過ぎず、魔王どころか精霊使いでもない、誇大妄想癖のある馬鹿。
68

69

70

71

ジオの身体は数多の精霊を祀った祭殿のようなもので、フィアナの儀式神楽で暴走。
72

73

74

75

76

77

78

倒したジオから情報を引き出そうとしますが、現れるレスティア。
79

80

悪足掻きしようとするジオに、あなたでは今の彼にさえ勝てはしない、諦めなさい、あなたは魔王ではなくただの出来損ないと。
81

俺に力を貸せ、俺がお前を使ってやると喚くジオに、どこまでも愚かな男と嘲りながらも、カミトを目覚めさせる事が出来るのなら、試してみるのも一興と。
82

83

84

ジオがこれまで使っていた有象無象の精霊とは違う、凶悪な魔剣・真実を貫く剣(ヴォーパル・ソード)を手に襲い掛かってくる事に。
85

86

フィアナを狙う卑劣なやり口でピンチとなるカミトですが、身を挺して自分を守るカミトに、今度は私が守らなくてはと、失った精霊使いとしての力を取り戻すフィアナ。
87

88

89

90

91

92

93

94

95

96

97

雑魚相手にえらく手間取りましたが、最後はカミトがジオを斬って勝利。
98

99

精霊使いとしての力を取り戻したフィアナですが、今更神儀院に戻る事は出来ず、もう1つの叶えたい願いもあるので、アレイシア精霊学院に残る事に。
100

101

102

103

104

105

106