カミトを欠いたまま、ヴェルサリアのチームと戦う事になるチーム・スカーレット。
1

2

ヴェルサリアのチームは実力者揃いではあるようですが、人数合わせに集められた連中に過ぎず、そこに勝機があると見るカミト。
3

ヴェルサリアは想定以上に大胆不敵で、足手まといなど不要、貴様らなど私1人で十分と、単騎で真正面から仕掛けてきます。
4

5

6

しかし、クレアの読み通り、ヴェルサリアの城塞精霊〈ドレット・ノート〉は物理防御は高くとも、対呪抵抗はそれ程でもなく、リンスレットの矢弾でヴェルサリアの精霊魔装(エレメンタルヴァッフェ)・静寂の要塞(サイレント・フォートレス)は氷漬け。
7

8

9

地上に落とす事に成功しますが、城塞精霊は地属性の眷属で、地上でこそ本領が発揮される物。
苛烈に攻めてくるヴェルサリアを連携で畳み掛けますが、これだけの精霊魔装なら維持しているだけでも大変なはずなのに、神威の底が見えてこないヴェルサリア。
10

11

12

13

14

善戦はしているがヴェルサリアにはまだ余裕が見えるというのがカミトの見立て。
15

16

17

徐々に不利になっていきます。
18

19

20

21

22

それを覆すのは、クレアの炎とリンスレットの氷による急激な温度差による静寂の要塞を劣化させる策で、エリスの止めの攻撃によってついに崩壊。
23

24

25

26

27

28

29

30

驕り高ぶったヴェルサリアを撃破しますが、負けを認める訳にはいかないと呪装刻印を暴走させてしまいます。
31

32

そこまで追い詰められていたのかと、仲間の危機と過去の清算の為、怪我を押して参戦するカミト。
33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

60

その強さはとても大怪我を負っているとは思えず、本人だから当然ですが、レン・アッシュベルを髣髴とさせるもの。
61

62

63

64

65

66

ヴェルサリアを撃破し、あらゆる呪いを討ち滅ぼす、強大な解呪の力を持つエストの特性により、呪装刻印も砕け散ります。
67

68

69

70

71

72

73

74

75

76

77

78

79

80

81

82

83

84

様子を伺っていて、カミトに興味を抱くヴィヴィアンですが、悪事を清算する時が訪れます。
85

グレイワースが取るに足らない学生如きの為に動くはずはないと高を括っていたヴィヴィアンでしたが、完全なる思い違い。
86

恐怖で顔が引きつったヴィヴィアンは逃走を図りますが、グレイワース相手に逃げられるはずもなく…
87

88

89

90

91

92

93

チーム・スカーレットは学院ランキング1位のヴェルサリアのチームを破った事で、無事に精霊剣舞祭(ブレイドダンス)の出場枠3つの内の1つを射止め、祝勝会となり、リンスレットがプロのパティシエ並みの腕を振るった大量のケーキが振舞われる事に…
94

95

96

97

98

99

100

レン・アッシュベルに心を捕らわれていたヴェルサリアも、レン・アッシュベルから再びの敗北を得て、元のヴェルサリアに戻ったよう。
101

102

103

104

105

106

107

108

最後は精霊剣舞祭開催の地に向けて学院を発つ所で終了し、仕方がないとはいえ、色々と投げっぱなしに…
109

110

111

112

113

114

115