元々はほぼ互角の技量のオルドリンとオルフェウスですが、長く戦いから離れ、ようやく戦いの勘所を取り戻しつつあるオルドリンと、筆頭騎士(ナイト・オブ・ナイツ)として戦い続けてきたオルフェウスでは現在の力関係は明らか。
劣勢になり、追い詰められていくオルドリン。
止めという所まで追い込まれるも、ゼロの演説放送によって中断。
P4240976

マリーベルのオルフェウスへの帰投命令で命拾いするオルドリン。
ゼロが本物であれ、偽者であれ、再び世界規模の戦いが始まると、気を引き締めるナイトオブラウンズ。
P4240977

P4240978

V.V.は幼少時のトラウマを大グリンダ騎士団という武力を纏った位では克服出来ないマリーベルにギアスを与えます。
P4240979

P4240980

大きな戦いを予感させる休息の一幕。
オルドリンとマリルローザの入浴シーンは、乳首まで解禁と、これまでにない大盤振る舞い。
P4240981

P4240982

大グリンダ騎士団は、主力となるグリンダ天空騎士団、グリンダ重装騎士団を団長であるレオン、ティンクを視察という名目でエリア11に派遣。
エリア24の戦力は通常の半分以下と、マリーベルの考えが理解出来ないと漏らすレオンハルト。
カノンは現在の大グリンダ騎士団の戦力は、一総督一皇族が持つには過剰な力と危惧。
シュナイゼルはそれについては手を打ってある、いまだあの子は私の手の平の上と。
シュナイゼルがカノンに語るのは、かつていた異母弟のルルーシュと打ったチェスの話。
容姿端麗で聡明なルルーシュ相手に、シュナイゼルの心に火こそ灯りはしないものの、面白かった、愛おしくてたまらなかったと、物事への執着のない、虚無なシュナイゼルもルルーシュの事は相応に気にはかけていたよう。
そして、そのシュナイゼルがルルーシュが神聖ブリタニア帝国を出て行った時と被って見えたと語るのは、かつてシャルルに剣を向けたマリーベル。
また、あの時のようなチェスがしたいものだと。
P4240983

シュナイゼルは弱い獣程よく吠えると、端からマリーベルの敵と思っていないようですが、エリア24の戦力が低下した現状を好機と動き出すマドリードの星。
政庁まで攻め込むも、待ち受けるはオルフェウス。
オルドリンが引き受け、一騎打ちをする間、マリーベル拘束へ。
投降を要求するも余裕を崩さないマリーベルは、逆に投降を要求。
当然、マドリードの星が受け入れるはずもなく、マリーベルの殲滅命令。
新型機を前にするも、フェルナンドが数の上ではこちらが上と思うのも一瞬。
圧倒的な力で蹂躙されていき、恐慌状態となるマリルローザ、フェルナンドも滅多刺しで惨殺される事に。
マリーベルに宿ったギアスは、絶対服従のギアス。
受けた者は自我を喪失し、マリーベルの指揮に従い、敵を撃滅する殺人人形(キリングマシーン)に。
88名の殺人人形とされた騎士であるリードルナイツが騎乗するヴィンセント・グリンダは、オルドリン、レオンハルト、ティンク、ソキアの実戦データで最適化されたバトルプログラムが搭載されており、並以下のパイロットの操縦でエース以上の戦いが可能と。
P4240984

ルルーシュの絶対遵守のギアスと似た、他者に何かを強要する系統なのは、比較的似たタイプだからでしょうか。
ただ、命令次第では同じ事が出来るとはいえ、基本は一過性のものである絶対遵守のギアスよりもエグイですね…
味方を全て殺され、囲まれるオルドリンは絶体絶命の上、怒りで平常心まで失い…
危うい所でオイアグロに救われる事に。
オルドリンの平穏を願ったオイアグロとしては、何故、オルドリンが再び剣を握る事になっていると、苦悩せざるを得ない現実。
P4240985

優しかったオイアグロが、何故、母を手にかけたのかという疑念を抱きながらも剣を向けるオルドリンですが、無抵抗に斬られようとするオイアグロが援助し続けてくれた白羽根帽子のおじさまと気付き、矛を収める事に。
今ならペンデルトン学園へ戻れると、普通の女学生として暮らす道もあると示しつつ、真実を知りたいならこのまま旅に出ようとオイアグロ。
オルドリンとその半身の記憶を巡る旅の果てにあるのは残酷な真実と言われるも、オイアグロに同行する道を選び、その果てで誰の剣となるか見定めると。
オルフェウスもまた、ジェレミアと剣を交える機会を得、仮面に遮断されて不完全ではあるものの、ギアスキャンセラーによって失われた記憶の手がかりを得る事に。
P4240986

皇族を敬愛するジェレミアすら、力に溺れた人間細工魔女と嫌悪するマリーベルの行く末は明るくはないでしょうね。
大グリンダ騎士団には、カノンに送迎され、ノネットが…
P4240987

シュナイゼルの打った手とは恐らくノネットの事なのでしょうが、その目的は。
アニメ本編では台詞すらなかったナイトオブナインは、自分の艦隊すら持とうとしない自由人のようですが、こうやって見せ場が作られ、人となりを知れるのは面白いですね。
出来れば未登場のラウンズ専用機も見てみたいですし、いまだ未登場のナイトオブファイブ、ナイトオブエイト、ナイトオブイレブンにも期待したいですが…
「コードギアス」という作品の正史扱いではあるものの、色々とぶち壊しな「コードギアス 漆黒の蓮夜」の話が少し出ている事以外は楽しめました。

コードギアス 双貌のオズO2 (2) (カドカワコミックス・エース)コードギアス 双貌のオズO2 (2) (カドカワコミックス・エース)
東條 チカ サンライズ

KADOKAWA/角川書店 2015-04-25
売り上げランキング : 706

Amazonで詳しく見る
by G-Tools