μ’sが来年3月31日、4月1日の東京ドーム公演をもって解散するようです。
中国の動画サイトで、5日夜にTOKYO MXで放送される「ラブライブ特番 μ’sこれまでとこれから」とみられる映像の一部、東京ドームのファイナルライブについて語る動画がネット上に流出。
動画ではμ’sメンバー本人が東京ドーム公演の開催について「劇場版のストーリーが現実になってしまった」(三森すずこ)、「想像がつかない」(徳井青空)、「夢の場所でライブができるなんて本当にうれしいです」(新田恵海)などと喜びを語っているようです。
東京ドーム公演のタイトルは「μ’s FinalLoveLive!」で、「『μ’s FinalLoveLive!』はμ’sのファイナルのワンマンライブとなります」(新田恵海)との事。
このためライブにかける思いもこれまで以上で「ファンにいっぱいいっぱい感謝を伝えたい」(徳井青空)、「最後の感謝をこめてライブをしたい」(飯田里穂)。
別の流出動画では解散ライブまでのμ’sの予定が示されており、来年1月10日にはアニメーションPVやワンマンライブなどの劇場スペシャル上映が決定。
2月からは随時関連書籍が発売され、ファイナルシングルが来年3月2日に発売。
アニメ関係者は「4月で『ラブライブ!』に関するすべての契約が切れるため、このタイミングはまさに滑り込みだと思います」と語っているとかで、契約の上でも最後のステージとの事。
4日はμ’sは「ミュージックステーション」に出演と、日本を代表する音楽番組への登場も果たし、年末の紅白への出場も決定していますし、映画で完全に終止符を打つ流れではありましたが、何だかんだで続くのかという淡い期待もあっただけに、ショックは大きいです。