テロリストを倒す為なら、市民の犠牲すら顧みないマリーベルに不信を募らせていくオルフェウス。
オルドリンはオイアグロと共に、オルフェウスがエウリアを失った、オイアグロがオルフェウスから恋人を奪ってしまった因縁の廃村へ。
エウリアの墓の前で、エウリアと邂逅するオルドリンですが、エウリアのギアスの能力とかでしょうか。
P1250186

聞きしに勝る規模の大グリンダ騎士団に監視として派遣されるノネット。
P1250187

マリーベルは内なる敵にも当然目を向けており、ギアスを得た今となっては、シャルルやシュナイゼルがギアスユーザーではない保証はない、夭折したクロヴィスがギアスを得てゼロとなった可能性もなくはないと、かつての皇族同士の血で血を洗う抗争も視野に入っているよう。
P1250189

実際、シャルルは記憶を書き変えるギアスを持っていますし、ゼロがブリタニア皇族であるという事は正解と、当たらずとも遠からず。
軍事力のヒエラルキーでは現状で有利なマリーベルの当面の敵はギアスで、ギアスの根源であろうV.V.。
P1250190

ジェレミアも偽りの忠誠と、主君ではないV.V.を裏切る気満々。
P1250191

ギネヴィア、カリーヌはそれなりに有能ではあるようで、継承権上位の皇族しか動かせないロイヤルバジェットの4%、完全武装のKMFを持つ騎士団丸ごと1つ運用出来る予算が、ここ数年という単位ではなく、使途不明のまま流れている事を発見。
P1250192

当然、資金凍結となり、V.V.へ流れていた資金がいくつか凍結。
プルートーンを動かせるのも最後になるかもとなりますが、オイアグロを信用していないV.V.は、代わりは用意してある、ジェレミアの調整を急がせようと、失策へ。
弟であるシャルルでさえ自分に嘘をつくと憤るV.V.ですが、シャルルも同じ言葉をそっくりそのまま返したいでしょうね。
P1250193

ゼロ復活の混乱に乗じ、略奪行為を繰り返すブリタニア軍人もいるようで、そんなブリタニア軍人を民衆を守る為に殲滅するオルドリンとオイアグロ。
誰かの為の剣は意志を帯びた暴力に繋がると、力を持たない人々を守る剣になると決意し、本当の自分に戻るとオルドリン。
P1250194

オイアグロと共に龍門石窟へ向かう為に中華連邦へ。
マリーベルの心の奥底にある優しさが万人に向けられる事を期待していたオルフェウスは、慈しみが執着めいた何かであり、優しさは残滓と理解。
ジェレミアのギアスキャンセラーは、バイザーと途中で庇うように間に入ったマリーベルによって不完全なようですが、かつてオルフェウスを庇って亡くなったエウリアと重なる光景は、思い出す切っ掛けには十分。
オルドリンの姿となって、マリーベルをたぶらかした偽りの筆頭騎士を葬ったと宣言。
マリーベルには恩義もあり、感謝と君の闇は必ず払うと言い残し、別れ。
P1250196

ヴィンセント・グラムと輸送機を無断運用し、中華連邦へ。
マリーベルにもまた、ギアスがかかっていたようで、ジェレミアのギアスキャンセラーに加え、またしてもオルドリンを失うという光景を切っ掛けに、もう1つの記憶が…
ようするに、母と妹の死を招いたのはマリーベル自身であり、シャルルによってその記憶が改竄されていたという事でしょうね。
P1250197

動揺し、懺悔が押し寄せて動けないマリーベルを前に、監視のみが役割のノネットは見て見ぬふりは出来ず、大グリンダ騎士団臨時編成部隊を率いてオルフェウスを追う事に。
ソキアと共に辞め、アイドルに戻っていた元オペレーターのエリシア・マルコーアは、丁度、慰問コンサートでエリア24に来ており、グランベリーを見に来ていた所をノネットの勘違いもあって復隊。
P1250198

P1250200

オルフェウスの両目にギアスの紋章と、オルフェウスのギアスは例え暴走しても他人に被害をもたらす類のものではないですが、あまり良くはない兆候。
P1250201

オルドリンは別行動のオイアグロと別れ、オイアグロの手配でミス・エックスと共に龍門石窟へ。
P1250203

オルフェウスもまた、スケアクロウという名で裏の情報屋も営むようになり、エリア24にもその名が届き、ブリタニア諜報機関のブラックリストにまで載るようになったソキアに案内役として接触し、龍門石窟へ。
P1250206

オルフェウスとオルドリンの交戦もありますが、互いのKMFのコクピットを斬り飛ばし、互いの素性を確認。
P1250207

ソキアもミス・エックスも生存を信じていた探し人をようやく発見。
そんな場を襲撃するのはプルートーン。
ノネットの描写として、ライアーが銀髪どうかと気にするシーンは、「コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS」の主人公(デフォルト名:ライ)を思わせますし、「わたしのクラブ」というのは恐らくこの時点のノネットの専用機で、ランスロット・クラブの事でしょうから、「コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS」の要素が強まった印象がしますが、今後の展開は…
P1250211

別行動のオイアグロは、V.V.が自分を通さずにプルートーンを動かしていた事に感付いていたからであり、背後関係を断つ為。
P1250213

オルドリン、オルフェウス共にかつての仲間との合流、中破した機体を乗り捨て、本来の専用機へ。
ソキアも目的を達して復隊。
P1250221

オルドリンとオルフェウスは兄妹の絆を取り戻し、互いに今の自分を失わずに元に戻る事になり、今度は敵としてではなく会えると約束して別れますが…
P1250222

コードギアス 双貌のオズO2 (3) (カドカワコミックス・エース)コードギアス 双貌のオズO2 (3) (カドカワコミックス・エース)
東條 チカ サンライズ

KADOKAWA/角川書店 2016-01-23
売り上げランキング : 674

Amazonで詳しく見る
by G-Tools