莉々奈からの返事もなく、美咲にも心配をかけ、悶々とした日々を送る由佳吏。
そんな中、仕事で学校に来た矢嶋とバッタリ。
流石に不味い事をした、バレたら左遷かもと思いつつ、いっそ、それも悪くないと思う矢嶋ですが、由佳吏としても政府通知について考えさせられるものはあったようで、責めるつもりもなし。
そんな由佳吏に仕事柄、たくさんの政府通知を見てきたと中でこんな奴がいたと矢嶋が語るのは、1人の男の話。
小学生からお互い好きで、付き合っている彼女がいたようですが、その彼女に政府通知。
結婚してくれるなら政府通知は断ると言われたようですが、その時はそれだけの覚悟もなかったようで、自分にも政府通知が来て、自分にとって彼女がどれだけ特別だったか気付いたけど、後の祭りだったと。
1

今になってみれば何が正しかったのかは1つだけ、自分の気持ち、お前にはまだ足掻ける余地があるとアドバイス。
矢嶋は政府通知に思う所があるようでしたが、ようするに自分自身の話であり、その彼女とは一条。
2

今でも好きな相手が既に自分への気持ちはなく、同じ職場で傍にいるって、キツイですね…
一条は性にあっけらかんとした感じで、セックスの話まで語っていたりしますし…
ようやく、莉々奈からの返事が来て、高揚して何でも出来るような気持ちになる由佳吏。
3

無意識の内に、どんどん莉々奈に惹かれていってますね…
美咲が14歳の頃、友人間で語られる初エッチの話。
4

自らが積極的にリードする妄想をする美咲は、やはりエロいですね。
5

6

とは言え、政府通知を貰う子は、処女じゃないと訴えられるなんて噂もあるようで…
まぁ、16歳で相手が決まるのに、既に経験済みとか、印象最悪ですしね…
美咲もこの頃には、由佳吏が政府通知の相手だったら、運命の相手だったら、などと想像する程は子供じゃないようで、しかし、踏み出す事も出来ず。
7

この時に動いていれば、何か変わったりしたのでしょうか…
男女逆転のロミオとジュリエットは、元々嫌々だった仁坂は我慢の限界となり、クラスを飛び出す事に。
仁坂がクラスで微妙な立ち位置になると、仁坂の意志を尊重すべきか迷う由佳吏ですが、莉々奈からの手紙もあって、踏み込む事に。
食い下がる由佳吏を思わず振り払ってしまう仁坂ですが、そんな所に仁坂の父親。
3巻の番外編のカップルは、仁坂の両親の馴れ初めだったようですね。
親の目から見ても、周囲に壁を作っている仁坂ですが、由佳吏には心を開いて、一緒にいるのを許していると。
8

まぁ、それはそうなる理由があったりするのですが…
ロミオとジュリエットが、自分達と政府通知が似ていないか、たとえ結ばれなくても、誰からも認めてもらえなくても、その恋は無意味じゃないと、意図せずに思わせぶりな事を口にして、仁坂をやる気にさせる由佳吏。
9

そして、帰り道、美咲とその弟・拓海と出会う事に。
好きな相手だからといっても、これまでほとんど接点はなかったのだから、家族構成を知らないのは無理はないですし、似ていない姉弟も普通ですが、わざわざその描写をする辺り、血が繋がっていないとか何かあるのでしょうか…
10

この世界では離婚率は低そうですが、再婚とかどうなっているのでしょうね。
政府通知に思う所がありそうな仁坂に、父親は気付いている感じですが、どこまで気付いているのか…
11

採寸する美咲は、スタイル抜群で、色っぽいです。
12

13

14

美咲に想いを寄せつつ、莉々奈に惹かれつつある印象の由佳吏に対し、どこまで気付いているのか、悲痛な感情が隠せなくなりつつある美咲。
15

16

17

18

19

そして、いよいよ学園祭当日。
美咲の中学時代の友人たちも来ますが、由佳吏に良くない印象を抱いている者(好かれたくもないようなギャルですが)もいる中、フルネームもハッキリ覚えていて、美咲の気持ちにもただ1人気付いている感じの五十嵐。
20

21

矢嶋も仕事で再び学園へ。
矢嶋に美咲の名前が携帯電話に届いた件について調べてもらっていたようですが、相手は莉々奈で間違いない、演算の過程も確認出来ていると。
ただ、由佳吏が登録していた政府通知の携帯通知サービスの方に、何者かが介入した形跡のようなものがあったと…
チケットを貰ったからと、莉々奈は有紗と学園祭へ。
22

由佳吏と莉々奈は、互いにまだ相手に会う気持ちが整理出来る前にバッタリ。
23

莉々奈ってこんなだったっけって、ようするに莉々奈ってこんなに可愛かったっけって事ですよね。
24

別れた後も胸の鼓動が治まらない由佳吏。
由佳吏の場合、莉々奈とくっついても普通に幸せになれそうなんですよね…
一方で、美咲と仁坂の場合は、演じるロミオとジュリエット同様、悲恋の結末しか見えない様な…
25

26

だからこそ、迫真の演技となった感じもしますね。
美咲は莉々奈を気にする優しさがあって踏み込み切れないようですし、仁坂の場合は由佳吏がノーマルである以上はどうにもなりませんし、政府通知が来ても、矢嶋と同じように、幸せになれないレアケースとなりそう。
ロミオとジュリエットが終わり、興奮冷めやらぬ由佳吏に声をかける五十嵐。
君に届いた美咲との政府通知はどうなったと、当事者でないと知り得ない様な事を聞いてきて…
27

恋と嘘(4) (講談社コミックス)恋と嘘(4) (講談社コミックス)
ムサヲ

講談社 2016-05-09
売り上げランキング : 198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

恋と嘘(4) (マンガボックスコミックス)恋と嘘(4) (マンガボックスコミックス)
ムサヲ

講談社 2016-05-09
売り上げランキング : 73

Amazonで詳しく見る
by G-Tools