緊張しつつ、ラブライブ予備予選の結果待ちをするAqours。
1

2

3

4

5

6

7

8

9

いくら何でも、こんな所で躓きはしないだろうとは思っていましたが、無事に予備予選は突破。
10

11

12

13

14

15

16

PVの再生回数も凄い事になっているよう。
17

18

梨子もピアノコンクールでいい結果を出せ、次は9人でラブライブという事に。
19

20

21

22

23

24

25

26

27

しかし、期待した学校存続の方は、学校説明会の申し込み者は0人と、全く成果なし。
28

29

30

31

32

33

34

それなりに名前は売れ、予備予選の帰りも声をかけられたりする位に。
35

36

37

38

ダイヤの人気の無さは(笑)。
39

40

41

憧れの絵里は、女性人気高かったのに、哀れ…
μ'sはこの時期には廃校を阻止していたという事もあり、プレッシャーに。
42

43

44

45

最も、こればかりは東京の秋葉原という、人口や立地的には恵まれた音ノ木坂学院と、静岡の片田舎の浦の星女学院では、条件がそもそも違い過ぎる訳ですが…
それをいい訳には出来ないと、千歌はμ'sとの違いをあれこれ考え、考えていても答えは出ないと、上京する事に。
46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

62

63

梨子にとっては、滞在を1日延ばせばいいだけですが、オタクバレしないようにしなくてはならない事に(笑)。
64

65

そして、上京。
ダイヤは子供の頃、東京で迷子になった事があり、東京を敵対視。
66

67

68

東京駅のコインロッカーに大量の同人誌を詰める梨子は、危うく千歌にオタバレする所でした…
69

70

71

72

73

最初の目的地は神社。
ある人に話を聞きたくて凄い調べた、そしたら会ってくれるってと千歌。
74

75

誰かは会ってのお楽しみ、凄い人と言われ、ダイヤとルビィは色紙を手に期待に胸を膨らませますが…
76

勿論、期待したμ'sではなく、会ってガッカリ、Saint Snow。
77

78

79

80

予備予選のPVの再生数では、Aqoursが上を行ったようですね。
81

82

とは言え、当然のように決勝では勝つつもりのSaint Snow。
83

Saint SnowはA-RISEを見てスクールアイドルを始めたようで、それ故に、千歌と同じように、A-RISEとμ'sの何が凄いのか、何が違うのか考えた事はあるようですが、答えが出る事はなく、勝って同じ景色を見るしかないという結論。
84

85

86

千歌には釈然としないものがありますが…
87

88

89

90

ラブライブの決勝の発表もされ、実感も湧かない巨大なステージに飲まれかけますが、ピアノの事が片が付いた梨子の提案で、音ノ木坂学院へ行ってみる事に。
91

92

93

94

95

96

97

98

99

100

101

102

103

104

105

106

107

108

109

110

111

μ'sの母校に思いを馳せるAqoursに声をかける、ことりと凛を足して割ったような容姿の音ノ木坂学院の学生。
112

113

114

115

116

117

Aqoursのように、μ'sを知りたくて訪れるスクールアイドルは多いようですが、残念ながら、ここには何も残っていないと。
118

119

120

物なんかなくても心は繋がっていると、μ'sは自分達の物も、優勝の記念品も、記録も何も残してはいかず。
唐突に穂乃果っぽい幼女が登場しますが、穂乃果に憧れる幼女とかでしょうか…
121

122

123

124

125

126

127

128

129

130

音ノ木坂学院を訪れ、答えを出す切っ掛けを貰う事に。
131

132

133

134

135

136

137

138

139

140

141

そして、帰路につきます。
142

143

144

145

146

147

148

149

150

151

152

途中で千歌の提案で降りて海を見ながら、千歌が出すμ'sの何が凄かったのかという答えは、1番になりたいとか、誰かに勝ちたいとかではなく、何もない所をみんなの夢を叶えるために、自由に、真っ直ぐに走った事。
153

154

155

156

157

158

159

160

161

162

163

164

165

166

167

168

169

μ'sのように輝きたいというのは、その背中を追いかける事ではなく、自由に走る事と、比べたら駄目、μ'sもラブライブも追いかけちゃ駄目という結論。
ようやく、本当の意味で、スタートラインなのでしょうね。
170

171

172

173

174

175

176

177

178

「Dear穂乃果さん。
私はμ'sが大好きです。 
普通の子が精一杯輝いていたμ'sを見て、どうしたらそうなれるのか…
穂乃果さんみたいにリーダーになれるのか…
ずっと考えて来ました。
やっと分かりました。
私で良いんですよね?
仲間だけを見て、目の前の景色を見て、真っ直ぐに走る、それがμ'sなんですよね?
それが、輝く事なんですよね?
だから私は、私の景色を見つけます。
あなたの背中ではなく、自分だけの景色を探して走ります。
みんなと一緒に!
いつか、いつか…」
179

180

181

182

183

184

185

186

187

188

189

190

191

192

193

194

195

196

【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 7 (特装限定版) (全巻購入特典:「録り下ろしドラマCD」引換シリアルコード付)【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 7 (特装限定版) (全巻購入特典:「録り下ろしドラマCD」引換シリアルコード付)

バンダイビジュアル 2017-03-24
売り上げランキング : 619

Amazonで詳しく見る
by G-Tools