2010年05月25日

Twitterは5月25日、サードパーティーがタイムラインに宣伝ツイートを表示することを禁止すると発表した。プラットフォームの長期的な健全性を保つためとしている。

Twitterが先に立ち上げた「Promoted Tweets」による広告を除き、「Twitter APIを使ったあらゆるサービスにおいて、サードパーティーがタイムラインに広告ツイートを挿入することを認めない」としている。同社はこれに合わせてAPIの利用規約も変更している。

規約では、「ツイートを表示するアプリやサイトの上あるいは周辺に広告を表示することは認められるが、タイムライン内に広告を置いてはいけない」とされている。また広告とTwitterコンテンツの間にははっきりと分かる区切りを置く必要があり、ツイートと混同される広告は不可としている。また「Twitterコンテンツが広告販売の基盤(全部あるいは一部)となる場合は支払いを要求する」とも規約には記されている。

Twitterはこのような決定を下した理由として、長期的なユーザー体験を守るためとしている。例えば、サードパーティーの広告ネットワークが広告インプレッションやクリックスルー率を最大化しようとしたら、ユーザーが不満を持ちTwitterの利用を減らす可能性があるという。

Twitterに広告を配信するサービスはAd.ly、Twad.lyなど既に複数あり、国内ではオプトなど3社が「つあど」をスタートしたばかり。つあどは今回の変更を受け、利用規約の変更に準拠すべくサービスを改修するかどうか検討するとしている。広告サービス140proofも「Twitterと協議中」としている。

またこの日、新しいTwitter広告サービスTweetUpがスタートしたが、同サービスはTwitter APIに依存していないので影響はないとコメントしているという。また米メディアは、Twitterが「マーケティング業者が著名Twitterユーザーに直接依頼して広告ツイートを投稿してもらうようなケースは可」と認めたと報じており、Twitter APIを利用しない手動での投稿であれば、タイムライン内広告でも認められるようだ。企業や店舗がTwitterアカウントを取得してプロモーション情報をつぶやくといった使い方も(APIを使わなければ)問題ないとみられる。

(引用元)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/25/news032.html


タイトルでえ!?って思ったんですが
Twitterツールを提供している業者(サードパーティ)が
ツールに表示されるタイムラインに広告を紛れ込ませることを
禁止した、という内容のようです。

(今のところ手動で投稿するアフィリエイトのつぶやきは許容されているようです)

ただ、いまリンのTwitterはほとんどがアフィリエイト広告で埋め尽くされていて
普通のツイートが非常に読みにくい状態です。

今後タイムライン内での広告が増えるにしたがって
Twitter側でも対策を強化すると思いますので
なんでもそうですが、1社のサービスだけにたよったモデルは
リスクが多いということですね。


(その他関連記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100525_369229.html
 
http://techwave.jp/archives/51455481.html 



rin_affiliatenews at 12:30コメント(5)トラックバック(0)アフィリエイトに役立つニュースTwitter twitterでつぶやく  

2010年05月08日

インターネットコムポイントオンリサーチは「携帯電話の待ち受け画面に関する調査」を実施、その結果を発表した。

調査対象は、全国在住の携帯電話ユーザー(ヘビーユーザー)800人。男女比は男性50.0%、女性50.0%。年齢別では10代以上25.0%、20代25.0%、30代 25.0%、40代25.0%。利用する携帯電話のキャリアは、「NTT ドコモ」50.6%、「au」41.5%、「ソフトバンク」7.6%、「その他」0.3%。

まず、現在待ち受け画面にどのようなものを設定しているかを聞いたところ、「画像」61.6%(493人)、「Flash」27.6%(221人)、「その他」9.6%(77人)、「ウィジェット・ガジェット」1.1%(9人)という結果に。「画像」と回答した人が最も多いが、「Flash」に設定している人も3割近くにのぼっており、1年前の調査(25.1%)と比較しても、2.5ポイント増加している。

待ち受け画面に Flash を設定していると回答した221人に、設定している Flash のタイプを聞いたところ、「キャラクター」37.1%(82人)が最も多く、それに「時計・カレンダーなど」27.1%(60人)、「アート」9.0%(20人)、「その他」9.0%(20人)、「有名人」6.3%(14人)、「風景」4.5%(10人)などが続いた。1年前と比べると、「キャラクター」が32.7%から4.4ポイント増加し、逆に「風景」が10.8%から6.3ポイントと大幅に減少している。

さらに、現在設定している待ち受け Flash は有料かを聞いたところ、約3割(29.4%)が「有料」であると回答。こちらは1年前(25.1%)から4.3ポイント増加した。

以上から、1年前と比べると、携帯電話の待ち受け画面に Flash を設定する人がわずかに増え、「キャラクター」や「有料」の Flash を利用する人が増えていることがわかった。

(引用元)
http://japan.internet.com/research/20100428/1.html

待受けFlashを購入する人が増えてるんですね☆
 

rin_affiliatenews at 18:59コメント(0)トラックバック(0)アフィリエイトに役立つニュース携帯アフィリエイト twitterでつぶやく  
調査会社 Net Applications による Web ブラウザの市場シェアに関する最新統計によると、Microsoft の『Internet Explorer』(IE) のシェアが4月も減少を続け、わずかとはいえ初めて60%を割り込んだという。

IE の世界市場シェアは、前月の60.65%から4月に59.95%となった。下げ幅は0.7ポイント程度だったが、60%を割り込んだということは、印象を覆す心理的障壁を跨ぎかねない状況だ。

Net Application でマーケティング担当エグゼクティブ バイスプレジデントを務める Vince Vizzacarro 氏は、IE の市場シェアが60%に達しなかったことは大きいが、少なくとも現時点では、必ずしも問題の前兆ではないとの見解を示した。

「Microsoft は常にシェアを失ってきた。(中略) しかし大きな心理的障壁となる水準は50%だ」

実際のところ、IE の市場シェアは2009年に約7ポイント減少している。IE のシェアが回復する可能性はまだあるが、この下落傾向はシェア50%に達する勢いで続いている。

また Net Applications によれば、4月に IE の市場シェアを単独で奪った競合ブラウザは存在しないという。

たとえば、『Firefox』のシェアは24.59%となり、前月に比べてわずか0.07ポイントの増加に留まっている。『Chrome』のシェアはもっと伸びたが、大幅な伸びではなく、前月比で0.6ポイント増の6.73%だった。

(引用元)
http://japan.internet.com/busnews/20100506/10.html


IEのシェアがどんどん下がってきていますね。

2位がFirefoxなので 
サイトを作成するときはIE以外にFirefoxでも
表示をチェックした方が良いです。

3位以下は、と言うとChromeが6%、Safariが4%と続いています。

FirefoxのチェックでOKの場合
Chromeも同じ表示になる可能性が高いので
Chromeのチェックは飛ばしても大丈夫でしょう^^

早くIEがWeb標準に準拠したブラウザーになってくれることを
願うばかりです。。。 

rin_affiliatenews at 16:53コメント(0)トラックバック(0)アフィリエイトに役立つニュース twitterでつぶやく  

2010年04月30日

2010年4月30日現在、NTTドコモのiMenu検索において、「その他ケータイサイト」の提供がGoogleモバイルからモバイルgooに変更されたことを確認した。iメニューサイト(goo)と、PCサイト(Google)に変更はない。

また、検索連動型広告の枠数も変更されている。

モバイル一般サイト(勝手サイト)の検索エンジンがモバイルgooに変更されたことで、モバイルSEOによる集客を行っているモバイルサイト運営者は対策が求められる。ケータイ向け検索エンジンは、特定のエンジンのランキングを意識した最適化の要素がPCと比して少なくないためだ。

(引用元)
http://www.sem-r.com/news-2010/20100430100203.html 

驚きのニュースです(汗)
ドコモ端末を持っている方は検索結果を確認して下さいね! 



rin_affiliatenews at 16:10コメント(0)トラックバック(0)アフィリエイトに役立つニュース携帯アフィリエイト twitterでつぶやく  

2010年04月27日

楽天市場・ブックスの2009年流通総額は約8000億円。1兆円越えも手の届くところにあるが、楽天のマーケティング部副部長を務める藤田浩平氏は「日本のEC化率はアメリカの半分程度。今後、少なくとも現状の倍以上は確実に取れる数字だ」と読んでいる。

ECは規模だけではなく、利用される商品分野も広がってきている。ECと言えば、以前は書籍・CDや家電などの型番で探せる「型番もの」がまず思い浮かんだものだが、最近では日用品などもECで買われるようになってきているという。

「型番ものは価格でリアル店舗と差別化しやすい。そこからECに引き込まれ、徐々に楽天のポイントなどにもメリットを感じてもらえるようになり、日用品も買われ出したのではないでしょうか」

単価の安い日用品が買われ始めているのは、数値にも表れている。楽天が公開している決算資料によると、1回当たりの購入単価は下降気味。2009年10~12月期は7268円となり、2007年同期の8298円、2008年同期の7844円から下がってきている。一方、1人当たりの購入頻度は増加傾向にあり、2007年10~12月期に3.22回だったのが、2008年同期には3.44回に、2009年同期で3.63回となった。1人当りの購入総額で見ると、ほぼ横ばいを維持している。

また、食料品や日用品を扱うネットスーパーの業態も有望。2009年には前年比25.1%増の284億円の市場規模になると見込むレポートもあり、ECで買う商品の対象範囲はますます広がっていきそうだ。

(一部抜粋)

(引用元)
http://markezine.jp/article/detail/10025

楽天市場の規模は今の倍以上になる!という
強気のインタビュー記事です^^

アフィリエイターから見た場合、リアルで買われるものに対しては
アフィリエイト報酬が発生しようがないので
ECの市場規模が大きくなるのはうれしいニュースです♪
 

rin_affiliatenews at 14:11コメント(0)トラックバック(0)アフィリエイトに役立つニュース楽天アフィリエイト twitterでつぶやく  
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ランキング
Trackword
  • ライブドアブログ