宙組『神々の土地/クラシカル ビジュー』は
積極的にチケット獲得活動をしていなかったので
パスしようかなーーと思っていたところ
キャトルレーヴのチラシラックの中に
バスツアーの広告を見つけたんです

そのチラシはカラーではなく
普通のコピー用紙に黒で印刷された
私でも作れそうなモノでした (つ∀`*)

バスツアーか、、、
これに参加すれば S席チケットは自然に付いてくる
行き帰りは寝てればいいんだし
1人で車を飛ばし、高速代とガソリン代を使うなら
費用としても そんなに変わらない

どれくらいの席がもらえるのか興味もあったので
今後の参考のためにも、、と 参加を決めました


友の会のチケット抽選は、とうに終わっている時期で
サヨナラ公演でもある、、まだ、申し込めるのだろうか?
まずは、電話問い合わせ
宙組公演では、3日程が設定されていて
どの日もまだ大丈夫!と、少し舌っ足らずな口調の係の人が教えてくれました

平日の方が仕事が休みやすい私は
唯一の平日に申し込みました

すると、舌っ足らず君は
まだバスの出る最少人員に達していないと説明してくれましたが
きっと集まるでしょ!とタカをくくった私は
とりあえず申し込みました

それから数日後
舌っ足らず君から電話が、、、
どうやら、私が申し込んだ日は人数が集まらないらしく
さらに、もう1日 祝日のツアーも人が足りてないので
この二つの日程の参加予定者に日にちを変更できないか
1人ずつ電話で聞いている とのこと
そして、バスが出なかった場合
チケットのみを販売してくれる、、ということも教えてくれた

チケットって
あるところには、あるんだな、、、
チケットだけ買うっていうのもアリかな
なんて思いながらも
なんとか、その祝日に休みが取れそうだったので
日程を変更してバスツアーに参加することにしました


バスツアー当日、名古屋駅の集合場所に近づくと
舌っ足らず君は予想どおり、少しポッチャリした汗かきボーイでした
私は早速、一番気になっていた
〝今日のお席〟について質問 ( ・ω・)∩
「17列です」
おっ、思ったよりいい ♪ .*
すると、その場にいた このツアーの常連さんと思しきオバサマ二人組が

「〇〇さん、だんだん良くなってるじゃない! この前は20列だったもんね!」

席番は80番台、どうやら いつも上手ブロックを振り分けられるっぽい
オバサマは
「この前は 乾杯があったから良かったわね」
ほ~ オバサマ、こりのちゃん や さなぎちゃん とサンテ!したんだな
「〇〇さん!もっと頑張って いい席取ってよ!!」
「16列くらいまでにはしてほしいわ」
「こんな小さなバスではいい席はもらえないわよ」
「大型バスを出さなきゃ!」
と、舌っ足らず君に相当にハッパをかけていました
舌っ足らず君は汗をぬぐいながら
「いつもSS席のすぐ後ろで、、っお願いするんですよ~」
、、え?、、そうなの!?
「でも、『はい、はい』ってあしらわれちゃうんですよね~」
おーい!!そこ、頑張ってよ!!

バスに乗り込むと
舌っ足らず君はマイクを握り

朝夏まなとさんの退団公演です
僕もとても楽しみにしてきました~


おい、お前も観るんかい!?
舌っ足らず君はヅカファンらしい、、、
時間があれば『宝塚の殿堂』にも行きたいって言ってたし
バスの中で『歌劇』を読んでた


途中のサービスエリアで おやつ が配られました
たぶん、SAで買ったもの
、、、なんで カステラ にしたんだろう、、、
トング、ペーパー、おしぼり をわざわざ用意してきたんだね
カステラありき! なんだ (;・∀・)
揺れるバスの通路を
ハチミツ味と抹茶味、どっちがいいですか?
と聞きながら、トングを使い配る 舌っ足らず君
個別包装のお菓子にしたらいいのにね、、、
きっと、みんながそう思っているだろう


宝塚インターに近づいた辺りで
チケットが配られました
17・18列の最上手ブロック
私は新参者だからでしょう、、
中でも一番上手の席でした
あのサンテしたっていう二人組のオバサマは今回も通路席
常連さんだから、そういうこと なんだろう

私の上手隣にはバスツアーでない方が1人座られていて
さらに上手の3席は空席でした
これは、このバスツアーの会社が買っている席なのだろうか?
壁際とはいえ、祝日にこの席を空けておくのはもったいないなぁ~


帰りのバスでは
宝塚大劇場のお弁当が配られました
観劇前ってワクワクして食欲がなくなるタイプなので
観劇後って お腹が空いているんですよね~
いつもなら、まだ晩ごはんの時間ではないのに
パクパクとお弁当を平らげました (*´ч`*)

観劇後にバスの中で夕食を済ませてしまえるのも
なかなか良いかも♪ .*

その後は
行きは おしゃべりに花を咲かせていた方々も
静かにおやすみになっていました
1人いらした男性の参加者のイビキがすごかったですが
ウトウトしながら快適な道中でした
バスも案外悪くない


高速を降りると
舌っ足らず君の最後のご挨拶です

彼は結局、公演を観られなかったようでした
幕間には席のところまで来ていましたので
劇場内にはいたんですよね

そして

花組『ポーの一族』のチケットを頂けました!

と、得意気に報告
3回のバスツアーを予定しているとのこと
席は分からない、、とは言っていたけど
今日くらいの席なら万々歳だ!
1回は参加したいかな~って思っています

バスツアーに参加するデメリットは
入出待ち、マチソワ が出来ないことですね


この会社に限らず
全国の旅行会社が、こうやって劇団と交渉してチケットを確保し
ツアーを組むのですね

往復のバスがパックになっているから
チケットだけを入手するのと違って 転売 は難しいですよね
一長一短あるでしょうけど
こうして、絶対に観たい人にチケットが渡るのは良い事だな、、と思いました

しかし、今回参加した
あまり大きくない旅行会社だと
チケットを確保したものの、参加が集まらないでしょうね

人気の演目になると
今回くらいのお席なら、名古屋からの往復バス代を含めたくらいの値段にして
チケットサイトに出ていることだってあります
片やチケットがない!片やチケットが余る!
なんとか、上手くこの間の橋渡しが出来ないものでしょうか


どんな形になっても
チケット転売を商売にする輩は出てきてしまうのでしょうけど



チケット抽選にハズレまくってしまった時
意外と地元の旅行会社が
宝塚歌劇観劇ツアーを組んでいることはありそうです
まあね、お席は選べませんけど
たまには、ツアーで観劇も気楽で良いものですよ





 

ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚