小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

桜咲彩花

明日海さんのアドリブ

絶賛上演中の『シャルム!』では
初日が開けて しばらくしてから アドリブ が入るようになりました
その初回、私は観劇しておりませんでしたが

みり「ここで、アドリブが入るようになりました」

キチンと、報告があったようですね
珍しい、アドリブ宣言
なんて、可愛いらしいんだろう

プロローグが終わり
クジャクの羽根を ピュッピュッと背負った みりおくん(明日海りお) が
SS席の辺りにだけ プチ客席降りをする時です
本舞台には、カタフィル君たちがおり
別に やかましくしていないけど

みり「うるさいな(*`ω´*)」

と、おこモードから アドリブはスタートするようだ

私は、3回目の観劇にして
この宣言アドリブ場面に初めて立ち会ったのです

みりおくんのアドリブは
観劇に来てくれた人に絡むことが多いようだ
私の日は、小池修一郎先生でした
この日の11時公演は、キキちゃん(芹香斗亜) だったようで
小池先生には 申し訳ないけど
キキちゃん回の方に 出くわしたかったな~

だいもん(望海風斗)や、べーちゃん(桜咲彩花)
様々な方々に絡んでいるようですね

みりおくんは、あまり アドリブの人 という印象はありません
、、というか
アドリブが苦手な人 という印象さえある

男役として、タカラジェンヌとして最後となる公演だから
今まで しなかった事をしてみよう!って思ったのかな
ショーの途中では、絶対に羽根を背負わなかったのに
今回は背負ってきたし

『Gato Bonito!!』の 黒猫のタンゴの場面の だいもん や
『オーシャンズ11』の ジョンソン先生の キキちゃん が
毎公演、違ったアドリブを入れて 大好評だったことで
「私も、やってみたい((o(。>ω<。)o))」と感化されたのかな~

この サヨナラ公演では
なんとなく、これまで 観てきたのとは違う みりおくん な気がするのだけど
やっぱり、これまで張り詰めていたものが解けたのかな、と
連日のアドリブを頑張っちゃうことからも感じます

色々、思うことは あるけれど

みりおくんが楽しいならば
私も幸せ (*ˊ꒳ˋ*)

最後の公演に駆けつけてくれる
宝塚の仲間たちと
アドリブというカタチで
もうひとつの 思い出をつくっている みりおくん

うん
みりおくんが楽しいならば
私も幸せ (*ˊ꒳ˋ*)







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

青い薔薇の花言葉

『A Fairy Tale ー青い薔薇の精』の先行画像を拝見してから
ふとした茂みの中や、私の肩の上に
あの、美しい妖精さんがいるのではないか、、、と 感じてしまいます

1枚の写真で
すっかり、青い薔薇の妖精さんの虜 (,,꒪꒫꒪,,)

ミステリアスな青い薔薇について
少し、調べてみました٭•。❁。.*・゚


長い間、薔薇は青い色素を持たないため
青い薔薇を作ることはできないとされていました
そのため
青い薔薇の花言葉は『不可能』でした

しかし、2004年
サントリーさんが14年の歳月をかけて、世界初の 青い薔薇 の開発に成功します
その 青い薔薇は
『サントリー ブルーローズ アプローズ』と名付けられました
2009年からは、この 青い薔薇の花言葉が
『夢 なかう』『奇跡』『神の祝福』と変化します

なるほど (๑˙꒳​˙๑)
みりおくんが将来確実に美人さんになる!と確信した頃
日本のサントリーさんが、青い薔薇の開発を始め
みりおくんの初舞台から しばらくして開発に成功
『二人の貴公子』で W主演を果たした頃に、花言葉が『夢 かなう』となったのですね
(こじつけ( ̄▽ ̄;))

『アプローズ』は
『喝采』『拍手』と言う意味を持ち
タカラジェンヌさんにとても相応しいネーミングだな
(こじつけ( ̄▽ ̄;))


薔薇全般の花言葉は『愛』『美』
愛と美の世界・宝塚には 薔薇がよく似合います
宝塚と薔薇は、切っても切れない深い縁がありますよね
宝塚と言えば『ベルサイユのばら』ですし
特に みりおくんと薔薇は、縁が深いと感じずにはいられませんよね

組配属になってから、初の本公演 (初舞台公演の東京は除き) は
小池修一郎先生演出の『薔薇の封印』
この作品は、『ポーの一族』からインスピレーションを受けた作品ですので
後に『エドガー』を演じることになるのも、不思議な縁、、
準トップ時代
『ロミオとジュリエット』で 薔薇に愛をのせて歌い
『ベルサイユのばら』で アンドレと白薔薇オスカル 役替わり
花組生として初の公演『戦国BASARA』では
薔薇に包まれ、カスガ(桜咲彩花) と、ゲームのラブシーンを再現
トップお披露目公演は『ベルサイユのばら』のフェルゼンでは、紅薔薇のアントワネットを愛し
『ポーの一族』では、薔薇の咲き乱れる園に生き
『CASANOVA』では、世界中の女たちに薔薇の花びらを振らせた

そして、宝塚最後の舞台で
『青い薔薇の精』になる、、、

まさに、薔薇のような 宝塚人生ですね


❁.*・゚


『青い薔薇』というと
濃い青色をした『BEAUTIFUL GARDEN』の 青薔薇の マイティ(水美舞斗) を思い出してしまいそうだけど
『サントリー ブルーローズ アプローズ』は
青 と言うより 薄紫に近く
ずっと、みりおくんっぽい

西洋での 青い薔薇の花言葉には
『mystery 神秘的』
『attaining the impossible 不可能なことを成し遂げる』
も、あるのだそうです

今月、スカステで放送されている 初舞台特集で拝見した みりおくんは
とても可愛らしいお嬢さんで
下級生時代に、子役や娘役ばかりが回ってきたのも頷ける
娘役に転向、、もしかしたら そうアドバイスされたかもしれない
しかし、男役への熱い情熱を捨てず
宝塚で一番 熱い男役が集まる花組のトップスターとなり一時代を築き
宝塚初の横浜アリーナでのコンサートを開くほどの大スターになった

神秘的な魅力で、不可能なことを成し遂げたスター


そして、薔薇は贈る本数によっても意味が変わるそうなのです
私は、みりおくんに 5本の青い薔薇を贈りたいです

5本の意味は、、

『あなたに出会えてよかった』










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

1本の薔薇は『一目惚れ』





 

ちょっと今日は呆然としていたい、、花組『CASANOVA』千秋楽の翌日

さよ~なら さよ~なら...♪*゚
ベアトリーチェが夢をパンパンに膨らませてヴェネツィアにやってきて
望まぬ結婚をすすめられ落胆して歌う、、
この時、ベアトリーチェ役の ゆきちゃんは
本当に絶望的な表情をしていましたね

花組『CASANOVA』千秋楽
昨日のライブ中継での観劇から一夜明け
私も、あの ベアトリーチェのように呆然とした気持ちでおります

6858E787-C39F-4279-9F8E-7C32392F7416


ライブ中継の良いところは、オペラで覗くより数段アップでジェンヌさんのお顔が観られること
そして、視線はカメラマンさん任せなので
個人的な趣味に走らず、新たな発見も多いことでしょうか

話している人、歌っている人を映してくれるので
何を言っているのか、どんな歌詞なのかが より明確になって
今更ながら、、台詞や歌詞の美しさに気づいたり出来ました

スクリーンに映し出される 花組のみなさん
どなたの表情も生き生きとしていて
花組の成熟度が伝わります

みりおくん(明日海りお) という トップさんが長く組を牽引していて
娘役トップの ゆきちゃん(仙名彩世) の熟練された花娘感
2番手の れいちゃん(柚香光) も、何度も主演作を経験していますし
ピックアップの男役さんに
安定の あきら(瀬戸かずや)、ちなつ(鳳月杏)
そして マイティ(水美舞斗) も板についてきて
その下の
あかちゃん(綺城ひか理)、つかさ(飛龍つかさ) にも、もう下級生っぽさは なくなってきていて
ほのちゃん(聖乃あすか) も、凄く自信をつけた表情をみせています
下級生の花娘たちも
トップさんに絡むという特殊な演出にも慣れてきたのか
実にイキイキとカサノヴァに迫っていくのが可愛かった

花組の組子が
それぞれのポジションでの 余裕をみせ
今の花組のパワーが存分に発揮された作品だったと思います

しかし『流れる水は腐らず』です
こんな素敵な組の状態も、このままではダメなのですよね
流れ続けることで、水は新鮮さを保つもの
宝塚歌劇も、変化し続け、新たな才能や魅力が現れては消えることで
輝きを失わずに歴史を刻んでいます


『今を生きよう!』
劇中の歌詞にもあったように
永遠ではない『今』を
私たちファンも 充分に楽しもう

頬を伝う涙は、ネガティブな涙ではなく
心が震え、幸せを感じているからこその涙です
こんな素敵な涙を流せることに感謝したいです

みりおくんを、あんなに楽しそうな表情にしてくれる ゆきちゃんの笑顔も
べーちゃん(桜咲彩花) の癒しボイス、、開演前のお願いアナウンスも聞き納め
じゅりあさん(花野じゅりあ) の抜群な綺麗なお姉さん も
キュートな たまごちゃん(茉玲さや那) も
るかちゃん(碧宮るか)、もねちゃん(凜香もね) の 一生懸命 舞台を作る姿も
もう、見ることが出来ないのは辛いですが
みんな、みんな 本当にありがとう♡


カサノヴァ様も仰っている
『ここで 朽ちてなどいられない』
さみしいけど、次に進もう!
『自分の背に翼があると信じて』







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

花組『CASANOVA』千秋楽おめでとうございます~ライビュー行ってきます!

無情にもトキは流れ、、
本日は 東京花組公演『CASANOVA』の千秋楽です
宝塚歌劇団を卒業される みなさんにとって
晴れやかな門出となりますよう、祈っています

私は、遠く離れた 名古屋のライブ中継会場にて
同じ時間を分かち合いたいと思います


卒業される
ゆきちゃん(仙名彩世) 
じゅりあさん(花野じゅりあ) 
べーちゃん(桜咲彩花) 
るかくん(碧宮るか)
たまごちゃん(茉玲さや那) 
もねちゃん(凜香百音) 

そして、今日が花組生として最後となる
ちなつ(鳳月杏) 
ひっとん(舞空瞳) 

カメラマンさん、どうか
みなさんの姿をとらえてくださいね
特に ひっとんは、パレードでは花道ですよ(ムラでは そうだったけど、、)
さらわれていく 花娘 を
ちゃんと映してくださいね (。´•ㅅ•。)


BB3D9234-B52F-49B0-A273-BE49517C86B2


昨日は『A Fairy Tale ー青い薔薇の精ー 』の出演者決定のお知らせがありました
当然、、8名の お名前はなくて、、( ; _ ; )

みりおくん(明日海りお) の名前は
さおた組長(高翔みず希) の すぐ下の、上から2番目になっていました
長くトップさんを務められ
たくさんの仲間を見送ってきたんだな、、と改めて 思いました













ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



明日海りお
宝塚クリエイティブアーツ
2019-04-26


仲間のことだけをしたためた4月のVISAメッセージ~明日海りお

みりおくん(明日海りお) が退団を発表してから初めてのVISAメッセージ
『このメッセージは、3月10日(日) に届いたものです』 と記されていました
同じ 3月10日の終演後、組子に退団を告げ
3月11日(月) 『CASANOVA』宝塚大劇場千秋楽
3月12日(火) 退団発表
3月13日(水) 退団発表記者会見

メッセージは、大劇場『CASANOVA』上演中に書かれたものでしょうね
内容は『CASANOVA』で卒業・組替えしていく仲間のことがビッシリと書かれていて
ご自身の卒業については、全く触れていませんでした
時系列を追ってみて
宝塚らしい、律儀さ に感心するとともに
既に『退団発表』を決意していた中で
この文章を書かれたのだな、、、と
言葉の ひとつひとつに込められた 想いを感じながら読み進めました


文面からは、相手役の ゆきちゃん(仙名彩世) と舞台を作り上げる経過や
その 作り上げたものを舞台上で表現することが
いかに、楽しく充実していたかが伝わるものでした

コンビの奏でる、様々な空気感は
どんな関係性であっても、相手に対する信頼と尊敬に満ちていて
観ている私たちを、常に幸せな気持ちにさせてくれました

宝塚の娘役として 最後の役となる『ベアトリーチェ』は
本当に ゆきちゃんにピッタリで
120%のパワーで演じる ゆきちゃんのことを
愛しさいっぱいで見守っている みりおくん

永遠ではない時間だからこそ、儚くも眩い光を放つのでしょうね


退団メンバーに対する言葉は
大劇場の千秋楽でお話しされたことと、ほぼ同じでしたが
私が とっても嬉しかったのは
べーちゃん(桜咲彩花) と『戦国BASARA』で相手役として組んだことが書かれていたことです

千秋楽の、べーちゃんへの言葉に『戦国BASARA』のことがなくって
ちょっぴり さみしかったんです

べーちゃん演じる『カスガ』は、みりおくん演じる『上杉謙信』の忠実なる 忍び
カスガは、心から謙信さまを崇拝していて、その感情には〝恋〟の要素も含まれている設定
謙信さまが カスガのことを『私の美しい剣』と色っぽく呼び
『あ~♡ 謙信さま♡♡♡』と カスガが応える
元となったゲームでのキャラ設定もそうなのでしょうけど
この、笑っちゃうような場面が
みりおくんの美しさと、べーちゃんの可愛さで
宝塚っぽい 夢夢しい場面として 完全に‪(`OωK´)‬になっていましたよね

月組時代には、させられることのなかった
2次元キャラに挑戦した みりおくん
キャッツアイのようなピッチリコスチュームに挑んだ べーちゃん
お二人の、舞台人としての 吹っ切れた演技が大好きでした

みりおくんは、この時のことを

べーちゃんは、組替えしたてで誰とどういう風に話せばいいのかわからないとき、『戦国BASARA』で相手役さんのような存在だったので、お稽古中から本番中の袖でも、いつも一緒にいてくれました。
《VISAメッセージより》

と、振り返っていました

べーちゃんの一番印象に残っている役は『新源氏物語』の『紫の上』と千秋楽にも話していらっしゃいましたよね
べーちゃんの醸し出す、暖かな春のような雰囲気、、
本当に素敵でした


組替えする ちなつ(鳳月杏) には
寂しい と率直な気持ちと
ちなつにとっても、そして みりおくんにとっても古巣となる月組に戻ることへの安心感
そして『彼女自身も絶対にプラスになる』と エールを送っていました

ひっとん(舞空瞳) には
『妹や娘を送り出すような複雑な気持ち』と寂しさを表現していて
星組さんでも 皆さんに可愛がられて頑張ってくれると思うので、公演を楽しみに観にいきたい と
お兄ちゃん や お父さんのように
優しく包み込むような言葉を送っていました


٭•。❁。.*・゚ .゚・*.❁。.*・٭•。


来月のVISAメッセージは
おそらく、ご自身の卒業について書かれるのでしょうね
寂しいですが、退団発表から少し時間を置いた心情を みりおくん自身の言葉で聞かせてもらえることは嬉しいですよね

今月のVISAのページに
退団発表記者会見の様子も載せられていて
とっても愛情のある 文章に胸が熱くなりました

会見時の素敵なお写真も
たくさん 載せてくださっています

57A8FCFF-3E93-4013-B932-D533B5F4928D


2012年12月25日から VISAのイメージキャラクターを長い間 務められた みりおくんから
イメキャラを引き継ぐのは どなたになるのでしょうね?

宝塚歌劇にとって、大切なスポンサーであるVISAカードさんのイメキャラに就任するということは
劇団の大きな期待の現れでもありますよね
次世代を担うスターとお墨付きをもらうのは、、
(๑° ꒳ °๑)ドキドキします









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 


 
✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚