2009年02月

2009年02月27日

リナが東京一おいしいと思っている坦々麺があります。

リナです。

今日もランチで食べてきたのですが、リナが東京一おいしいのは、ここの坦々麺!と思っているのは、

白金、都ホテル内の四川の坦々麺です。

ここの坦々麺は、本当にぴりっと辛くて、とってもおいしいです。レストラン内も広くてとても雰囲気がよく落ち着きます。定期的に、ここの坦々麺が食べたくなって四川に通っています。

お友達の間でも、ここの坦々麺は本当においしい!と評判です。
お薦めです!

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 20:15世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月26日

台湾の徴兵制。一番みんなが嫌がる兵種はどれだと思いますか?

リナです。

韓国と異なり、台湾の徴兵制は、著しく健康上の問題等がない限り、絶対に免れることのできないものとなっているそうです。

そして、全員が平等に、くじ引きでどの兵種に属さなければならないかが決定されます。

選択肢は、army, navy、 marine, airforceの4つで、学歴や家柄等、一切関係なしに、全員が集まっている場所で、順々にみんながくじを引いていき、誰がどこに決まったか、その都度、発表されていくそうです。


この4択の中でみんなが絶対にいやだ!と思っているはずれくじは、

MARINEだそうです。

なぜかというと、まず、ちょっと名前は忘れてしまったのですが、限りなく中国大陸に近い小さな島で厳しいトレーニングをするか、もしくはずっと何ヶ月も陸地に足を踏み入れられず、船の上で生活するか、どちらかの生活が繰り返されるそうなのですが、この島、一年中、風が強くて、とんでもなく寒いそうです。そして外には何もないそうです。

よって、くじで、誰かがMARINEを引いたことがわかると、うれしくて(自分が引く確率が低下するため)拍手喝采するそうですよ。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 18:40世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月25日

高級オストリッチかばんのちょっとびっくりな話。

リナです。

これは、アメリカのボッテガの店員さんに教えてもらったのですが、オストリッチ(ダチョウ)柄の高級カバンがありますが、その、オストリッチ素材のだめのダチョウの捕獲作業で、ちょっとびっくりなお話をこの前教えてもらいました。(かわいそうなお話ではあるのですが。。)

ちなみに、オストリッチ柄は、このリンク内の、上から2段目、右から3番目のクラッチの素材です。


この、オストリッチ独特の柄をきれいに出すために、ダチョウを捕獲する際、2人がペアになって作業するそうです。ダチョウの目の前に、一人の人が、さっと急に現れて、上手に、ダチョウをびっくりさせた瞬間に、この柄が(上手にびっくりさせると)さーっときれいに出るようで、その瞬間を、もう一人がし止めるという作業だそうです。

高級ブランドは、この柄が相当きれいに出ていないと、素材として買取をしないようで、
柄の出具合によってオストリッチ素材のプライスが相当に異なるそうです。


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 19:34世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月24日

アメリカの遺伝子操作による完全な赤ちゃんの産み分けについて

リナです。


これは、かなり前に聞いた話なのですが、アメリカでは、お金さえかければ、希望通りの男女の産み分けがずいぶん前から可能になっているそうです。それはちょっと。。。と躊躇する人の方が多いようなので、実際経験したという話は身の回りで一度も聞いたことがないのですが、遺伝子操作により、絶対に男の子しか(もしくは女の子しか)産まれてこないようにすることは100%可能なんだそうです。

よって、双子を妊娠した場合、片方男の子で片方女の子、と希望しそのように遺伝子操作する例などは結構今まで多くあったようです。


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 19:56世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月23日

アメリカ人のお友達が気持ち悪がって絶対食べたがらないちょっと意外なもの。

リナです。

今日お友達と話していて思い出したのですが、アメリカ人の人が、不気味がってあまり食べたがらないものがあります。

それは、お好み焼きです

関西に住んでいて何回も食べたことがあり、平気な人も中にはいるんですが、お好み焼きの上に載っている、鰹節がゆらゆらゆれているのが、気持ち悪くて(生き物みたいで)食べたがらない人、とっても多いんですよ。

いろいろな外国人の人に会っていて思うのは、他国の文化に素早く順応し、受け入れる能力が高いのは、どこの国の人でも、平均して圧倒的に男性だと思います。見たこともないような国のお料理でも、結構抵抗なくどんどんチャレンジする人は、男性の方が多いような気がします。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 20:17世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月22日

カシウェアの商品、日本だとアメリカの2倍以上します!びっくり。

リナです。

以前も少し、カシウェアのことを書きましたが、今日、美容院で雑誌を読んでいて、カシウェアジャパンの商品のお値段にびっくりしてしまいました。日本のカシウェアのお値段、すごく高いような気がします。

この、フード付きのガウン。リナも色違いで、深い緑色と白のボーダーのをアメリカで買ったんですが、お値段、148ドルでした。

対して、日本のお値段、31,550円もしています!

今の為替レートだったら、2.5倍のお値段ですよね。
リナ、このフード付きガウン、3万円だったら買わないと思います。1万5,000円くらいが妥当なお値段だと思います。

ブランケットにしても、カシウェアジャパンのプライシングは相当強気です。
可能であれば、ハワイにも店舗があるようですし、アメリカで買ったほうがいいと思います。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 22:19世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月21日

ネイルサロンの女性経営者さんの話。

リナです。

昨日、アメリカにいる間ぼろぼろになってしまっていたネイルのお手入れに、お店が閉まるぎりぎりに駆け込みで行ってきました。

リナが通っているネイルサロンは、元々ご本人もネイリストさんだった方が起業し、経営しておられるサロンなのですが、様々な面で常に新しいよりよいサービスを取り入れようと努力しておられるのが、毎回ひしひしと伝わり、お店に行く度に感心しています。

今回は、
ネイリストのお姉さんが、リナの爪のカーブ等を詳細に計ってくれて、今後、爪のカーブ、爪の伸びる速さ?などいろいろなことを数値で計測していき、一番効率的な、ネイルケアを提供できるよう、全員分カルテを作成することになったそうです。

ネイルサロンも、数が多いし、競争ですもんね。
その、経営者の女性は、とても厳しい方のようですが、働いているネイリストのお姉さん達の技術もカスタマーケアも徹底してしっかりしていて、とても素晴らしいサロンです。

徹底現金主義など、がっつり経営されていてたくましく思います。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 10:42世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月20日

ラスベガスは今がらがらで、何もかもが激安みたいです。

リナです。

気づくと、最近お休みを取って、海外旅行に行くお友達がすごく多いです。

旅行先で人気なのが、韓国、ハワイ、オーストラリアの順。

確かに今通貨安いですもんね。今を逃したらもう次いつ行けるかわからないし!とみんな話していました。韓国なんかは、ホテルもツアーも、既に何ヶ月か先までずっと予約がいっぱいみたいですよ。

アメリカ人の中で(リナの知り合いの間で)
すごーく最近流行っているのが、ベガスに行くことです。なぜかというと、ベガス、世界各国からのお客様が、どかんと減ってしまい、今がらがらなんですって。

で、ホテルもエアーのチケット代も本当に激安なんです。
一人は、べラージオ(オーシャンズのホテルです)に4泊5日で、レンタカーも借りて、西海岸から二人分の飛行機代も含めて、540ドルだったそうです。

もう一人は、家族3人分、ニューヨークニューヨークに2泊3日で飛行機代込みで、230ドルだったそうです。

ベガスも今安くてお薦めですよー。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 23:07世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月19日

アメリカのゲイカップルに多く見られるある法則があります。

リナです。

この前もゲイカップルについて少し書いたのですが、
今日は追加で、リナが結構数多くのゲイカップルを見てきて、途中から気づいたあるポイントについて書いてみます。


それは、
パートナー同士、お互いの年が10歳以上離れていることがとっても多いということです。

だいたい片方の人は、とっても(若い方の人です)キュートな感じで、本当にきれいな顔立ちをしていて、もちろんスタイルもすらっとしていて、かっこいい感じ。そして年上のパートナーさんの方は、とってもマッチョな人が多くて、なぜか、有名なスペシャルドクターさんであることが非常に多いのです。

これ、場所にもよるかもしれないので、一概には言えませんが(アメリカの田舎には絶対当てはまらないことです。都会のみです。)権威あるお医者様には(特に開業しているファミリードクターではなくスペシャルドクターや歯科医さん)なぜかゲイの人が非常に多いです。

フランスもそうみたいですが、アメリカの都会だと、誰かがゲイだと分かっても別に、何も特に思わない人が多いです。でも、田舎の州出身のカトリック教徒のリパブリカンの人はゲイについて、非常にネガティブな意見を持っていることが多く、リナは個人的に苦手です。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 19:55世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 

2009年02月18日

リナ、アメリカから戻ってきました。

リナです。

アメリカの長期出張から戻ってきました。
成田に到着して、一個だけあれ?と思ったことがあったんです。

いつも、アメリカからの便に乗っている欧米人はだいたい成田で乗り継いで、他の国に行ってしまう人が多かったのですが、今回に限っては、乗り継ぎの人がほとんどいなくて、ほぼ全員、成田で入国審査を受けていました。

逆に、日本人はほとんど飛行機に乗っていなくて、外国人用の入国審査の窓口のみが長蛇の列でごった返していました。

円高なのになんでかなあ?と思っていたんですが、今日話したアメリカ人のお友達情報によると、経済が鈍化してから、アメリカ人の日本の現地赴任人者数は一気に減少したようですが、その代わりに、頻繁な出張に切り替わったようで、それだからじゃない?と言っていました。

お隣の席だった、アメリカ人のおじさんも、2日間東京で仕事を済ませたら即、帰らないといけないと残念がっていました。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 14:41世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど) 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ