2008年10月16日

どう考えても常識的に考えて長期スタンスの低レバレッジFX投資(米ドル)は今がスタートのチャンスです。100円割れのドルはどう考えても激安であり買い時です。

リナです。

今日はリナのブログに、”米ドル、買い時”や”米ドル 狙い時”の検索でとってもたくさんの方が入ってきてくれています。

今朝などは米ドル1ドル99円になっていましたよね。何度も繰り返しになりますが、100円割れの米ドルって長期的に見ればどう考えても割安です。米ドル円の過去チャートをどれだけさかのぼっても、100円割れの米ドルは割安であり、今のこのレートで買っておけばいずれ100%現行のレートよりも円安になり、為替差益を大きく稼ぐことができます。

いろいろな勝手な情報に惑わされず、きちんと過去データー、数的根拠に基づいて考えれば、米ドルは今どう考えても買いだとリナは思います。

更に、今後円高にふれて万が一ドルが大暴落しようとも、レバレッジを3倍弱に収めておけば、ロスカットレートは70円割れになりますので、ほぼありえません。

それにさっさと始めてしまった方が、その分こつこつとスワップを稼いでいくことができます。
今1円とか2円とかの差に異様にこだわるよりも、低レバレッジ長期スタンスFX投資であれば、さっさと米ドルを買ってしまってほったらかしておくほうがいいと思います。

ちなみにリナが仕事上お会いする日米の富裕層はとっくに米ドル買い(円売り)を大量にしていますし、お買い得銘柄がごろごろしている株式も優良銘柄の買い付けをどんどん地道にすすめていますよ。

為替も株式も基本的に、富裕層の方々は長期投資&優良なもののみを買う。というスタンスをとっています。あと、もうひとつ、他人の意見をあまり鵜呑みにしたり、批判したり、他人をあれこれ気にしまくっている人で、その人が富裕層というパターンは今まで一度も見たことがありません。

皆さん、自分自信できちんと判断し、数的根拠を持って、納得して投資をしていますので、ちょっとした相場の変動で大慌てしたり絶対しません。更に、他人がどう動こうと動じることもなく、例えば、このレートになったら買おう。という自分なりの納得した買いレートなどをあらかじめきちんと持っているので、あせって買ったり、相場が反転して例えその日買えなかったりしても、全然気にしません。無理に買ったり売ったりしない。ごくごく普通に割安で買って長期投資で増やす。ということをしている人が結局資産を増やしてお金持ちになれる人なのではないかとリナはいつもいろいろな方にお会いして思っています。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 13:37FX投資〜成功の秘訣&リスク管理  
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ