FX投資〜成功の秘訣&リスク管理

2008年11月19日

さわかみファンドの澤上さんは、今このタイミングで割安株をがんがん買っていますよ。(長期投資と短期投資をごちゃまぜにしている経済記事や、データの日付などを正確に記載せずでたらめを言っているジャンク情報は絶対読まない方がいいと思います。)

リナです。

今日たまたま見つけた、さわかみ投信の澤上さんの記事

このコラム内に書いてあることって本当にすごくまっとうなことですよね。

長期投資で、ホールドして、確実に将来儲かる優良株を、今のどう考えても割安局面でどんどん買いすすめている。

すごく当たり前のことなのですが、これをどうしても、いつの下落局面でも理解できず、無茶苦茶なことを言う人がメディアでわんさかいますよね。今回こそは世界の崩壊だ!とか今回の下落局面はいつもと違う!とか。そういう人っていつの下落局面でも同じこと言っているんでしょうけど、結局長期で考えれば、下がったものって必ず上がっていますよね。(ジャンク投資でなければ)

短期投資と長期投資ってそもそも違いますよね。

短期投資のケースだと、ちょっとした値動きで大慌てしたりしなきゃいけないケースが出てきますが、長期投資なら、長期スパンで考えた割安価格ってとっても判断しやすいし、長期で考えた場合の割安な値段で優良なものを買っておけば、目先、どれだけ悪い材料が出てこようと、自分が買った値段よりもうひと段落下がろうと、一向に問題ないわけです。

この短期と長期のポイントをごちゃごちゃにしている、誰かの記事等があったらもうそれは読むに値しないと思います。

もう一点。

為替にしても株にしても、ずーっと固定して値段が変わらないっていうことありえませんよね。
日々値段は変動していて、だからこそ、あるポイントでは、数的にあることが言えたとしても、また全然違ったポイント(日付年数)では、当てはまる話が全く変わってきますよね。


このことを、ごちゃごちゃにしている記事も非常に多いです。

リナが思うことは、

まず、きちんと、**である。という発言の裏づけの、数的根拠を示していない誰かの発言は信じるに値しないと思います。それと、短期長期をごちゃごちゃにしているのはもう論外ですが(意外と多いです)その数的根拠になる、データの日付等も、きちんと正確に示されていないような記事も(それが一体いつの時点の話なのかということ)ジャンクな情報なので見ないほうがいいとリナは思います。


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 15:00 

2008年11月02日

長期FX投資をスタートするに当たって、この前から米ドルを買おうかどうしようかずっと悩んでいる方へ。ネットで、米ドルの行方の記事を読み漁るよりずーっと資産を増やすために重要なことがあります!

リナです。

米ドルが1ドル100円割れてから、リナのブログに、本当に毎日、たくさんの方が、米ドル 今後、とか、米ドル、今が買い とか米ドル、今後の予想 とかの検索でたどりついてくださっていて、”今米ドルを買おうかどうしようかずーっと真剣に悩んでいる人多いんだなあ”といつも思っています。

でも、ネット上で、いろんな人が書いている、米ドルの今後の予想記事を読んだり、果てには誰かにネットの掲示板で米ドルの予想について聞いてしまったりすると、いろんな個々の意見に翻弄されて何がなんだか余計にわからなくなってしまうとリナは思います。



大事な資産を誰かがこう言っていたから買うとか、やめるとか、そんないい加減なことをするよりも、米ドル投資をする場合は、何度も繰り返しになりますが、時間が許す限り、過去の米ドルの値動きをご自身で、チャートなり、数字のデータなりを並べて、じっくり見てみることをお薦めします。

で、過去最大の円高レートはこのくらいだったんだ。とか、その後どのくらいの期間で、また円安基調に戻っていったんだ。とか、丁寧に追ってみるのがいいと思います。FX長期米ドル投資をされるのであれば、この作業で十分で別にテクニカル分析など必要ないと思います。

為替が円高になって大変だ!とか、ドルが暴落して、どうしよう!一ドル1円になってしまう!とか、(これ本当に言っている人がメディアにいて真に受けて恐ろしがっている人も本当にいました。両方びっくりですよね?)

がーっと一気にいったんレートが動くと、真剣にこういう無茶苦茶な情報に翻弄されて恐怖でいてもたってもいられなくなる人がいますが、煽っている方は何かの意図があるのかもしれませんが、過去のデーターを見て数字で、米ドルそのものを、理解しておいたら、1ドル90円台になったからといって、アメリカ経済は崩壊する!とか、1ドル40円になるとか、そういう情報が、ばかばかしいくだらないジャンクな話だと判断できるようになると思います。

リナは、米ドルを自分で買うときも、この前、株を買うときも、(日経平均の過去の動向を今一度追ったりしたため、)(必ず投資をする前リナが行う作業です)為替王さんのカレンダーを使っています。過去の重要なチャートが全部きちんと載っているからです。(ちなみにオセアニア通貨が暴落したときも、過去データーを見返してみました。オセアニア通貨の現在の暴落も、過去に全く同じことが起きています。)

誰かの意見に翻弄されていると本来絶好の投資チャンスの機会を逸してしまうことになってしまうと思います。

米ドル買いでFX投資をスタートしよう。。。でも米ドルいつ買おう??と迷っている方は、ご自身で過去データーをまずはきちんと見直してみることをお薦めします。

リナは、長期低レバレッジFX投資だったらもう、100円割れている段階でさっさとスタートしてほったらかしておいたほうがいいと思います。

更なる円高が不安だったら、レバレッジを極端に低くしておけばいいだけです。

リナはレバレッジ3倍弱に抑えて、ロスカットは70円割れに設定していますがどうしても怖い人は、レバレッジをかけなかったらいいと思います。そうしたら、為替がどうなろうと絶対にロスカットされませんからね!

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 12:27 

2008年10月21日

今からちょうど10年前。豪ドルやNZドルの高金利目的に投資をし、両通貨が暴落し、オセアニア通貨を売り払い米ドルを買いなおした人がものすごくたくさんいました。主要通貨のアップダウンは必ず長期スパンで見ると循環し繰り返します。

リナです。


最近100円台から一気に70円割れくらいまで短期間で急落した豪ドルやNZドルは、両方とも高金利通貨なので、長期スワップ目的のために投資されていた方がとっても多かったと思います。

過去チャートを見るとわかるのですが、(年数は長ければ長いほどいいと思います)豪ドルとNZドルは過去において同様な形で上昇下落を繰り返しています。FX投資をする際は、きちんと、最低限この過去の動きをつかんで、過去には最大どのくらいまで下落したことがあるのか?を抑えておくことは必須だと思います。

豪ドルやNZドルを、金融機関がお客さんに強力にお薦めする際は、いつの時代も宣伝文句は同じで、”日本に比べてこんなにびっくりな金利がもらえちゃう!”というPRをしますよね。豪ドルやNZドルを買っておけば、一日にこれだけスワップがもらえて、金利生活も夢ではない!みたいな言い方。


確かにたくさんの金利、スワップはもちろん魅力的ですが、それだけに着目して、投資対象自体の動きをを正しく把握しておかなければ、資産を大幅にすり減らす&ロスカットされて資産がなくなるリスクを思い切り背負うことになってしまいます。

FX投資、新興国ではなく、主要通貨の長期投資をしていくのであれば、リナはテクニカル分析は別に絶対必要なものではないと思います。

でも、絶対しなくっちゃならないことは、投資対象を正しく数字で理解すること。=長期間の過去チャートを入手し、どういった動きを過去にしていたのか?を見ること。+その通貨の変動率を抑えること。この2個は絶対しなくてはならないことだと思います。
(上記の最低限絶対に必要なデータは、きちんと全て為替王さんのカレンダーに揃っています。)

そうしないと自分が何に投資をしているのかが正確にわかっていないままお金を投資対象につっこんでしまうことになるからです。

主要通貨のアップダウンは必ず繰り返します。(株式もですが)10年前も豪ドルとNZドルの暴落に耐え切れず、金利目的で両通貨に投資をしていた多くの人が、全てオセアニア通貨を売り払い米ドルを買いなおしていたときの、現象が今も全く同じように起きているようです。

その際、投資家の人たちが全員言っていたことは、
”もうオセアニア通貨はこりごり。長期でほったらして保有していくならやっぱり米ドルだ。安定性が違う”ということだったそうです。

でも、逆に、過去の動きさえ把握できていれば主要通貨FX長期投資で手痛い思いをすることはないはずです。どうせするなら上手に手堅く着実に資産運用していきたいですよね。


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 14:51 

2008年10月16日

どう考えても常識的に考えて長期スタンスの低レバレッジFX投資(米ドル)は今がスタートのチャンスです。100円割れのドルはどう考えても激安であり買い時です。

リナです。

今日はリナのブログに、”米ドル、買い時”や”米ドル 狙い時”の検索でとってもたくさんの方が入ってきてくれています。

今朝などは米ドル1ドル99円になっていましたよね。何度も繰り返しになりますが、100円割れの米ドルって長期的に見ればどう考えても割安です。米ドル円の過去チャートをどれだけさかのぼっても、100円割れの米ドルは割安であり、今のこのレートで買っておけばいずれ100%現行のレートよりも円安になり、為替差益を大きく稼ぐことができます。

いろいろな勝手な情報に惑わされず、きちんと過去データー、数的根拠に基づいて考えれば、米ドルは今どう考えても買いだとリナは思います。

更に、今後円高にふれて万が一ドルが大暴落しようとも、レバレッジを3倍弱に収めておけば、ロスカットレートは70円割れになりますので、ほぼありえません。

それにさっさと始めてしまった方が、その分こつこつとスワップを稼いでいくことができます。
今1円とか2円とかの差に異様にこだわるよりも、低レバレッジ長期スタンスFX投資であれば、さっさと米ドルを買ってしまってほったらかしておくほうがいいと思います。

ちなみにリナが仕事上お会いする日米の富裕層はとっくに米ドル買い(円売り)を大量にしていますし、お買い得銘柄がごろごろしている株式も優良銘柄の買い付けをどんどん地道にすすめていますよ。

為替も株式も基本的に、富裕層の方々は長期投資&優良なもののみを買う。というスタンスをとっています。あと、もうひとつ、他人の意見をあまり鵜呑みにしたり、批判したり、他人をあれこれ気にしまくっている人で、その人が富裕層というパターンは今まで一度も見たことがありません。

皆さん、自分自信できちんと判断し、数的根拠を持って、納得して投資をしていますので、ちょっとした相場の変動で大慌てしたり絶対しません。更に、他人がどう動こうと動じることもなく、例えば、このレートになったら買おう。という自分なりの納得した買いレートなどをあらかじめきちんと持っているので、あせって買ったり、相場が反転して例えその日買えなかったりしても、全然気にしません。無理に買ったり売ったりしない。ごくごく普通に割安で買って長期投資で増やす。ということをしている人が結局資産を増やしてお金持ちになれる人なのではないかとリナはいつもいろいろな方にお会いして思っています。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 13:37 

2008年10月08日

長期的なスパンで考えればどう考えても今の米ドルは割安でお買い得。長期スタンスのFX投資は本当に今スタートする絶好のチャンスですよ!ただしシティバンクなどの外貨預金は本当にFXに比べ不利だからやめたほうがいいですよー!

リナです。

ここ数日米ドルに対し円高が続いていますが、リナのブログへ、

”シティバンク、外貨預金、””米ドル、買うべきか?”の検索で入ってきてくれる人がとっても多いんです。

まず米ドル、買うべきか。の方ですが。

リナいつも思うのですが、投資で着実にもうけるために一番重要なことって、

割安で買って割高で売ること。

だと思うんですね。


で、なおかつこの割安で買う、ときに、自分が投資する対象を理解できていない場合、本当にそれが割安なのかどうなのか、わからないですよね?リナは、自分の大事なお金を投資して着実にもうけるために、その投資対象がきちんと完璧に理解できていない限り、投資するべきではないといつも思っています。そうしないと、予期せぬリスクにさらされて、しんどい思いをすることになりかねませんからね。


だからリナは自分が100%理解できていると思っている米ドルしか買っていません。

で、これがリナの今持っているポジション全部なんですが、リナは短期売買するつもりが一切なくこの1500万円は今後全然必要のない余裕資金なので、長期的にほったらかしておいて、着実に増やすつもりでFX投資にまわしています。

過去の推移等をきちんと研究し米ドルが110円を割っていたら割安だとリナは思っていますので、躊躇なくドル買いをどんどん進めました。で、さらに、100円割れのドルをたくさん買っていますが、これは誰が何をどういおうと、長期的に見ればものすごく割安なドルですので、がんがんと今年の3月米ドルを買い進めました。



誰かがこういっているとかああいっているということで決めるのではなく、自分できちんと投資対象を過去の推移などを見て、きちんと把握し、どう考えても割安レートで買っておいて、ほったらかしにしておけば、米ドルに投資をして、資産をすり減らしたりしんどい思いをして資産運用に失敗しようがないとリナは思います。

で、今の米ドルのレートは、長期的に見ればリナは絶対的に割安でFX投資を始める絶好のチャンスだと思います。

一番重要な、リスクテイクですが、リナはぜーったいにどんなに今後ドルが暴落しようとも絶対にそこまではいかないと自信がある、70円割れをロスカットレートに設定しています。

だから別にこの先一時的に円高になろうと、ほったらかしてその間スワップをこつこつと稼いでいくだけです。

いろんな投資のテクニックがありますが、一番重要なことは、普通に割安で買って割高で売るということを念頭に、ごくごく普通に投資をすることではないかと思います。

リナはお仕事で、よくアメリカ、日本両国の富裕層の方とお会いする機会があるのですが、皆さん本当に、ごーくごく普通に投資をしていますよ。安く買って高く売る。知らないものには絶対投資をしない。鼻息荒く、”大もうけしてやる!”なんて意気込んでいる人もいません。そして基本的に長期投資を考えている方がほとんどです。

リナはこの円高のチャンスに長期低レバレッジFX投資をスタートすることを皆さんにつよーくお勧めしますが、シティバンクなどの外貨預金は金利面から手数料面まで何一つFX投資に比べて有利なことが一個もないので絶対にお勧めできません。詳しくはこちらのリンクを見てみてくださいね!


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 13:49 

2008年09月06日

ちょうど10年前の1998年頃、豪ドルやNZドルを大量保有し含み損にほとほと困っていた個人投資家に流行っていたこと知っていますか?

リナです。

リナ以前にも何度か豪ドルやNZドルなどのオセアニア通貨を今後も絶対買うつもりがない理由についてブログに書いてみましたが、リナがオセアニア通貨を選択する気持ちが起きない理由としてもう一つ、某外資系銀行の人に聞いたお話があります。それを今日は書いてみますね。

豪ドルやNZドルの高金利だけにつられて、リスクをきちんと正確に把握せず投資をしてしまうケースは別に今に始まったことではないそうです。

しかし!金利だけに心を奪われ、豪ドルMMFやNZドルMMF,豪ドル預金やNZD預金を全財産つっこむくらいの勢いで、投資していた個人投資家さんが、とんでもない含み損を抱え、およそ今から10年前、ほとほと困っていたそうです。

で、結局大多数の個人投資家が選択したことは

”NZD、AUDを売り払い、全てUSD預金もしくはUSDMMFに買い直しをしたそうです。”

理由は

〃覿品謄疋襪豪ドルやNZドルより遥かに安定しているから。

∧謄疋襪先行きを見通しやすいから。長期保有で安心感があるから。


だったそうです。

今日為替王さんもおっしゃっていますが、単に金利にだけ心を奪われてきちんとレバレッジ計算もしないで豪ドルやNZドルを買うのは本当に危険です。

大事なお金を、何となく、の感覚で投資に回してしまうのは本当に危険ですので絶対にやめたほうがいいと思います。きちんとした過去データや数的根拠を持って、安心して投資をすることをリナはお薦めします!


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 14:46 

2008年08月15日

FX投資、スワップを一日いくら稼ぐ!ということだけにむきになり知らない間にレバレッジが危険なくらいつり上がっていること本当によくあります!大損してから気付くのでは遅いです!気をつけてね!

リナです。

今日も米ドル110円台ですね。

リナの累積スワップは今日までで合計、47万9,933円、含み益合計は、280万1,800円になりました。リナのポジション詳細はこちらのリンクをご覧ください

FX投資で一番重要なのは、リスク管理(レバレッジ管理)だ!って何度も何度も聞いたとしても
実際、FX投資をスタートさせてしまうと、ついつい

”もうちょっと一日に稼ぐスワップ合計金額を多くしよう→ポジションを増やそう”

という発想になっていって、どんどんレバレッジが実際につりあがっている方相当多いのではないでしょうか。

もちろんスワップがたくさんもらえるに越したことはないとは思いますが、きちんと自分のとっているリスクを把握しておかないと、いったん為替ががくんと変動したとき、すごく
嫌な思いをして右往左往しなくっちゃいけなくなりかねませんよね。それどころか、大事な資産がふっとぶ可能性だって非常に高くなってしまいます。

リナは、FX投資をスタートする際、一日稼げるスワップの金額うんぬんよりも、100円台とか90円台のドルを買っておけば、将来絶対為替差益を大きく得ることができるという点にまず重きを置いて、米ドルを買いました。


更に、短期間で米ドルが例えば10円とか20円とかがくんと大きく動いたとしても一切何の懸念もなく、ほったかしにできて、自分の資産がなくなったり磨り減るリスクほぼゼロ!と自分が確信を持てるぎりぎりのところまでロスカットレートを低く設定しました。(1ドル70円割れです)
結果、リナのレバレッジは3倍弱になっています。


きちんと自分の投資対象が理解できていて、自分がどのくらいリスクテイクしているかがきちんとわかっていれば、為替ががくんと変動したとしても、対処のしようがありますよね。でも、やみくもに、リターンにだけむきになるあまり、リスク管理がおろそかになっていた場合、為替変動が大きく出たとき、とってもつらい思いをすることになると思います、

リスク管理の正しい知識は、為替王さんのサイトでがっちり身に付けてくださいね!


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 13:22 

2008年08月04日

資産運用を成功させるために一番重要なことはなるべく高い確率で収益を得られるよう戦略を立てること。FX長期投資で成功できるかどうかのキーはレバレッジ管理ができるかどうかにつきます!

リナです。

今日はちょっと基本に立ち返ってレバレッジ管理のことを書いてみようと思います。

リナがFX投資をスタートしよう、と思ったとき、考えたことは、




)萋どきどきはらはらなんて絶対したくない。日々のマーケットを追いまくって指標を気にしてとか絶対したくない。

一旦買ったら数年間ほったらかしているうちに勝手に増えていてほしい。

そんなに爆発的に急激に儲からなくっていい。最終的に儲かればいい。でも、投資した資金がゼロになるとかなくなるようなリスクは絶対とりたくない。最終的に資産が減ってしまうリスクテイクは絶対しない。

づ蠖みたいに手数料がぼったくりでないもの。手数料が安いもの。

というもの。

ハイリスクハイリターンでは決してなく、面倒なことは一切なしで、数年間ほったらかしているうちに、勝手に資産が増えているもの。資産が最終的に磨り減るリスクがほぼゼロなもの。

これにまさに合致するものが、低レバレッジのFX投資だったんです。



リナは長期的に見てFX投資で、資産を増やそうと考えたわけで、そうすると一番重要になってくるのは、”レバレッジ管理”につきると思ったのです。

例えば、1ドル=100円で1万ドル買った場合。

‐攀魘50万円のケース: レバレッジは2倍
⊂攀魘20万円のケース: レバレッジは5倍
証拠金5万円のケース: レバレッジは20倍


このようにレバレッジは証拠金に応じて異なってきますけど、同期間(たとえば1ヶ月間)で得られるスワップポイントは,皚△皚ポジションが1万ドルで同じなのだから、まったく同金額になりますよね。得られるスワップは同じ。

でも、ここからが重要なのですが、

リナは、万が一、極端な円高になった場合でも耐えられるように低レバレッジにしているんです。


,皚△皚も1ヶ月間の期待リターンはまったく同じですが、

その1か月以内に、1ドル=95円まで円高になったら、は、強制ロスカットになります。
つまり期待したリターンを得られずに終了ということになります。
(そしてそうなる確率は結構高いです。)

その1か月以内に1ドル=80円まで円高になったら、△蓮強制ロスカットになります。
これも期待リターンを得られずに終了ということになります。
(そうなる確率は決して小さくありません)

その1か月以内に1ドル=50円になったら、
,蓮強制ロスカットになるなります。
(そうなる確率はほとんどないですよね。)



資産運用とは、なるべく高い確率で収益を得るために戦略を構築するものです。
長期投資を前提とするならば、,發靴は△鯀択するのが常識的だと思います。皆さんも今一度、ポジション量だけに気を取られることなく、レバレッジ管理を見直してみてくださいね。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 10:24 

2008年07月22日

FX投資、110円台で米ドルを買った人はみんな含み損を抱えて酷い目に遭っている!の大嘘。そういうことを言う人は実際自分でFX投資、したことないのでは?と思います。

リナです。

ネット上で、”FX投資、スタートしてみようと思うんですけど。。。”という相談があると必ず

”FX投資、本当に甘くないです。9割以上の人が数年以内に退場または破産しているんですよ。しかもプロのトレーダーと日々戦わないといけないんですよ。”

とか、

”レバレッジの甘い罠にひっかかってみんな自分の資産を失っているんです。やらない方がいいです”

とか、言う人がとってもたくさんいます。でも、それよりも一番多いのが、110円台とか120円台とかで買った人のことを例えに出してきて、スワップのことを一切考慮に入れず、含み損だけに着目して、


”110円台で買った人は今含み損が、10万ドル買っていたとして80万円にもなっているんですよ!こんな大損を抱えるFX投資は本当に危険だ!やめたほうがいい。”

とか、

今年の3月、100円割れを記録していた頃、

”ほら、FX投資なんてするから、120円台でドルを買っている人達なんて、含み損どころか、全員強制決済されて酷い目に遭っているに違いないよ。だからFXなんて危険なんだ。やるもんじゃない”

とか、言う人いっぱいいました&いますよね。

リナいつも、こういうことを言う人って全員、恐らく自分でFX投資をしたことないのではないかなと思うんです。

なぜかというと、リナの周囲にFX投資、110円台でドルを買ってだいぶ前にFX投資スタートした人も、120円台で買った米ドルを持っている人もいるんですが、そういう人たちは、誰一人、困っていないんですよ。損したとか酷い目に遭ったとか。

何でかというと、

.譽丱譽奪犬3倍までにきちんと抑えているから。ロスカットされないレートにきちんとロスカットレートを設定しているから。

例えば、リナのお友達、500万円口座に入金し、120円台で、13万USDを買ったまま長いことほったらかしにしているんです。彼女のレバレッジは、ざっくり計算して、3倍ちょうどくらい。そして、ロスカットレートが、82円だから、別に95円になったから、100円割れしたからと言って、何の心配もしなかったそうです。それに、このロスカットレートはスワップ分を全く考えないレートなので実際はもっとレート違ってきますよね。スワップも、もうがっつり貯まってきているって言っていました。

このセントラルさんの無料レバレッジ計算機で計算したらわかりますが、

115円台で買った人も、レバレッジ3倍前後にしていたら3月の円高騒動などに一切どきどきする必要もなかったわけです。ロスカットなんてありえません。

更に。

▲好錺奪廚脇々どんなに為替が変動しようともこつこつ貯まっていってくれています。一日一日の金額はわずかでも、長期的に見ると、スワップが為替差損を帳消しにします。

よく、前よりドル円のスワップは減った!とか、スワップなんて為替差損の埋め合わせにもならないよ!とかいう人もいますが、これもまた、FX投資をきちんとしたことない人の意見だとリナは思います。


この為替王さんの記事に詳しくこのスワップののりしろについて記載されていましたが。

長期で見ると毎日こつこつ貯まってくれるスワップってばかにできないですよね。

リナのお友達、約1年前、400万円入金、10万米ドル買っていますが、(レバレッジ3倍弱)
スワップポイント分で、口座内の資産は、余裕でプラスになっていると、言っていました。
彼女には、口座内容を詳細に教えてもらっていないのですが、ざっくり現在、含み損だけで考えると、約80万円ですから、1年間で、80万円よりずっとたくさんスワップポイントをもらっているっていうことになりますよね。



スワップの甘い罠だの、損するだの、無茶苦茶を言う人がいますが。

別に普通に割安で(今はまだ割安だとリナは思います)ドルを買って、レバレッジを低く抑えて、ほったらかしておいて、円安時を待ってそこで円転すれば、FX投資で失敗なんてしようがないと思いますよ。



FXブログ村へのリンクです



人気ブログランキングへ


rinarinakawase at 17:04 

2008年04月05日

レバレッジ2.5倍と、レバレッジ3.75倍では、遥かにリスクの大きさが違います。レバレッジ4倍くらいが実は一番危険な目に遭う様な気がします。

リナです。

リナもFX投資を実際スタートするまで、はっきり分かっていなかったのですが、レバレッジって少し値が変わるだけで、ロスカットレートも、がくんと変わってくるし、ものすごいリスクの大きさに差が生じますよね。

レバレッジ2倍も、3倍も、4倍も、普通の数字の感覚で言ったら、そんなに違わないんじゃないの?とリナも、リナのお友達も思ってしまったいたのですが。。実際計算してみると、そこにはものすごい差があるんですよね。

例えば、前からずっとFX投資をしているお友達は、前にもブログに書きましたが、500万円口座に入金し、120円台で、13万USDを買ったまま長いことほったらかしにしているんです。が、今回円高になっても、全く何の心配をすることもなく安心してポジションほったらかしにしているみたいです。彼女のレバレッジは、ざっくり計算して、3倍ちょうどくらい。そして、重要な、ロスカットレートが、82円だから、別に95円になったから、100円割れしたからと言って、何の心配もしなかったそうです。それに、このロスカットレートはスワップ分を全く考えないレートなので実際はもっとレート違ってきますよね。スワップも、もうがっつり貯まってきているって言っていました。

彼女のレバレッジは為替王さんが常々仰ってくださっているように、3倍きっちりですが、これを欲張って、16万ドルとか買っていたら?レバレッジは3.84倍。ロスカットレートは、89円に突然跳ね上がります。全然違いますよね。3倍も、3.84倍も変わらないような感じなのに、そこにはものすごくリスクの差がでてきます。

これが125円だった場合もそうですよね。

わかりやすく、
口座への入金額が100万円だったとして、125円で、2万ドル買っていたとします。レバレッジは2.5倍。ロスカットレートは、75円です。全然今回の円高でも余裕ですよね。

でもこれを
125円で、3万ドル買っていたら、レバレッジは3.75倍。ロスカットレートは92円に突然跳ね上がります。こうなると、円高ですごく心配になって怖くなってしまいますよね。


元々、レバレッジを理解の上で、例えば8倍とかにしている方より、なんとなくだいたいでレバレッジ3倍以上4倍くらいにしてしまっている方が、一番危険なのではないかと、いろいろ勉強していて、リナ思ってきました。

3倍と、4倍、そこには大きな違いがあります。リナが上に書いた計算はスワップとか全然計算しないざっくりの計算ですが、ざっくりでも、ご自身のレバレッジと、ロスカットレートは必ず投資される上で把握しておかれたほうがいいと思います。

セントラルさんのレバレッジ計算機は本当に便利なのでぜひ使ってみてくださいね!

レバレッジの認識間違いでFX投資が成功するかどうかは決まってしまうんではないかとリナ思います。きちんと正しい知識を身に付けるべく、為替王さんのブログ必修講座は必ず熟読されることをリナお薦めします。


rinarinakawase at 17:34 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ