世界のいろんなお話(お買い物&恋愛ネタなど)

2009年09月03日

イギリス人経営者とアメリカ人経営者の違い

リナです。

最近お友達に聞いた話に基づいて、
アメリカ人経営者とイギリス人経営者の違いについて書いてみたいと思います。

リナは、アメリカに長い間住んでいたことと、アメリカの学校に通っていたこと、
今も仕事の絡みでお付き合いがあるのはアメリカ人が多いため、
アメリカ人の良い面も悪い面も直にたくさん見てきたのですが、

イギリス人のお友達は、数えるくらいしかいないですし、
一緒に仕事をしたこともありません。

が、リナのお友達数人は、イギリス人がCEOで、彼が全ての意思決定権を
持っているソフトウェアのベンチャーで数年間働いており、
会社は徐々に徐々に年を経るごとにぐらぐらになっていって
今まさに倒壊寸前のところに立たされています。

そのイギリス人CEO及び
複数のアメリカで活躍してきた&していると
言われているイギリス人トップマネジメントの人たちが参加するパーティーに
出席させてもらったことがあり、

そこで彼らと会話をしたり、お友達の話を聞いたりして(愚痴ですが)
思ったことは、

イギリス人とアメリカ人、本当に全然違う!ということです。

結論から書くと、
いかにお金を儲けて会社の利益を一心に追求し、
一切の無駄なく合理的に、会社の営利を目指すことに関しては
どう考えてもアメリカ人の能力の方が遥かに長けていると思います。
(もちろん個人差はあると思いますが総合的に見てということです)

イギリス人はとても優しくおっとりしていて、
それらが経営面にも非常に大きく(悪い意味で)影響を与えがちなようです。

何の根拠もなく、妙に人を信頼しきって、
自分の目できちんといちいち確認したり、という
いやらしさや抜け目のなさが非常に少ないため、
組織がだんだんと経営者の知らないところでがたがたしていく
傾向にあるようです。もしくは、収益チャンスを逃したり。

だからこそ、
イギリスのトップ企業のレベニューはアメリカの会社に比べて
遥かに少ないのだと私は思います。

アメリカ人経営者である場合、
どちらかというと、機会人間のような経営をする方が多いと思います。
”何かがおかしい”ということに、とにかく
敏感に察知し(自分の利益に関わることですから)
徹底的にそれを一早く調べ上げ、問題は即デリートするという
姿勢をとります。

が、イギリス人経営者は
こういう行動を全く取らない方が極めて多いようです。

人間的にどちらが好きかといったらまた話は変わってきますが、
リナは、イギリス人の方が経営している会社より
アメリカ人の経営している会社で働く方が
絶対に合っていると思っています。


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ


rinarinakawase at 07:32 

2009年08月28日

アメリカの公共事業拡大政策ははんぱなくすごい勢いで進行中です

リナです。

昨年の秋くらいからずっと感じていたことなのですが、
アメリカの、公共事業拡大政策は、すごい勢いで進行中です。

過去、どれだけ道路がでこぼこでも、一切何のお手入れもなく、
”アメリカって日本みたいに
道路工事とか全然しないんだなあ”とずっと思っていた概念が一気に覆されました。

今、アメリカで運転していると、ものすごーく頻繁に道路工事現場を目にします。
”なんでこんなところが渋滞してるの?”と思うと、必ず道路工事中。

大掛かりな道路工事をしているところも、もちろんたくさんあるのですが、
どちらかというと、1週間くらいの道路工事が終わった後、
何が変わったのかな?と思って
よーく見てみると、どうでもいいくらい、とてもちっちゃな縁石が
しょんぼりと作られていただけだった、というようなものが結構多いんです。


アメリカのごり押し景気回復政策はまだまだ、すごい勢いで続きそうな感じです。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 07:48 

2009年08月26日

ユナイテッドビジネスのシートがとってもよくなっていました

リナです。

昨日は移動日でした。リナは以前も書いたことがあるんですが、
可能な場合はいつも、ユナイテッド航空を使っています。

他のエアラインを普段使っている人が
ユナイテッドに乗ると、
”すごいなんか、全てがものすごく古い感じだね。。。。”と
絶句することが多くて、
”そんなにユナイテッドぼろいのかなあ。。。”と疑問に思いつつ
マイレージを長い間ずーっと貯めてしまっている関係上、
ユナイテッド以外ほとんど乗ったことがないんです。


昨日、飛行機に乗り込むと、
ビジネスのシートがとってもよくなっていて、
フルフラットシートになっていたんです!(他のエアラインだと当たり前からもしれません)

今まで、フルフラットシートは、ファーストクラスだけの
特典だと思っていたので、とってもうれしかったです。

シート以外にも、
機内エンタテイメントが改良されていて
ゲーム、テレビ番組、映画のオプションが
莫大に増えていて、
リナはフライト中、眠っているかぼーっとしているか
どちからなので見ませんでしたが、隣のアメリカ人のおじさんは
フル活用して楽しんでいました。

今までフライトアテンダントが、通路に立って
緊急脱出の方法を説明していたのも、ビデオスクリーンでの説明に変わっていました。
ちなみに、ファーストクラスとビジネスクラスの違いの一つで、
シートベルトが、違うんです。
(緊急脱出の方法のビデオで知ったんですけど)
ビジネスだと、腰のベルトしかないんですが、
ファーストだと、車のシートベルトと同じ形で、肩から腰につなぐ
ベルトがついてるんです。安全度がどれくらい違うんでしょうね??

フルフラットだとぐっすり眠れるため、
疲れも引きずることなく、今日はもう、すっかり元気です!

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ


rinarinakawase at 06:40 

2009年08月06日

ボッテガべネタの経営戦略の大幅変更

リナです。

以前も書いたことがあるんですが、リナはボッテガの商品が大好きです。

アメリカに行くたびに、必ずお店に寄って、ほしい物は全てアメリカで購入するように
しているのですが、少し前、ボッテガのトップの人が変更になって
今年の秋物から大幅にいろいろな点が変わりました。

今年の春先、カバン類の在庫一斉処分をするべく、
カバンぜーんぶ半額セールを大々的に(アメリカでは)
実施したんです。リナは、運良く、前から買おうかな?と迷いながらずるずる
していた、クラッチを2個ゲットしたのですが、
半額セールの3日間、お店はパンク状態になってしまって、
入店制限まで設けたそうです。

そうして、在庫がはけた後、
今後一切、カバンのセールはしないポリシーに変わったそうです。

これからセール対象になるのは、お洋服と、靴だけ。

加えて、秋物から、以前に比べて、商品数がぐっと少なくなり、
以前よりお値段の安いものがたくさん商品として揃っているようになりました。

新しくトップになった男性は、イタリア人で、
とっても厳しい人なんだそうですよ。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ


rinarinakawase at 10:05 

2009年02月27日

リナが東京一おいしいと思っている坦々麺があります。

リナです。

今日もランチで食べてきたのですが、リナが東京一おいしいのは、ここの坦々麺!と思っているのは、

白金、都ホテル内の四川の坦々麺です。

ここの坦々麺は、本当にぴりっと辛くて、とってもおいしいです。レストラン内も広くてとても雰囲気がよく落ち着きます。定期的に、ここの坦々麺が食べたくなって四川に通っています。

お友達の間でも、ここの坦々麺は本当においしい!と評判です。
お薦めです!

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 20:15 

2009年02月26日

台湾の徴兵制。一番みんなが嫌がる兵種はどれだと思いますか?

リナです。

韓国と異なり、台湾の徴兵制は、著しく健康上の問題等がない限り、絶対に免れることのできないものとなっているそうです。

そして、全員が平等に、くじ引きでどの兵種に属さなければならないかが決定されます。

選択肢は、army, navy、 marine, airforceの4つで、学歴や家柄等、一切関係なしに、全員が集まっている場所で、順々にみんながくじを引いていき、誰がどこに決まったか、その都度、発表されていくそうです。


この4択の中でみんなが絶対にいやだ!と思っているはずれくじは、

MARINEだそうです。

なぜかというと、まず、ちょっと名前は忘れてしまったのですが、限りなく中国大陸に近い小さな島で厳しいトレーニングをするか、もしくはずっと何ヶ月も陸地に足を踏み入れられず、船の上で生活するか、どちらかの生活が繰り返されるそうなのですが、この島、一年中、風が強くて、とんでもなく寒いそうです。そして外には何もないそうです。

よって、くじで、誰かがMARINEを引いたことがわかると、うれしくて(自分が引く確率が低下するため)拍手喝采するそうですよ。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 18:40 

2009年02月25日

高級オストリッチかばんのちょっとびっくりな話。

リナです。

これは、アメリカのボッテガの店員さんに教えてもらったのですが、オストリッチ(ダチョウ)柄の高級カバンがありますが、その、オストリッチ素材のだめのダチョウの捕獲作業で、ちょっとびっくりなお話をこの前教えてもらいました。(かわいそうなお話ではあるのですが。。)

ちなみに、オストリッチ柄は、このリンク内の、上から2段目、右から3番目のクラッチの素材です。


この、オストリッチ独特の柄をきれいに出すために、ダチョウを捕獲する際、2人がペアになって作業するそうです。ダチョウの目の前に、一人の人が、さっと急に現れて、上手に、ダチョウをびっくりさせた瞬間に、この柄が(上手にびっくりさせると)さーっときれいに出るようで、その瞬間を、もう一人がし止めるという作業だそうです。

高級ブランドは、この柄が相当きれいに出ていないと、素材として買取をしないようで、
柄の出具合によってオストリッチ素材のプライスが相当に異なるそうです。


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 19:34 

2009年02月24日

アメリカの遺伝子操作による完全な赤ちゃんの産み分けについて

リナです。


これは、かなり前に聞いた話なのですが、アメリカでは、お金さえかければ、希望通りの男女の産み分けがずいぶん前から可能になっているそうです。それはちょっと。。。と躊躇する人の方が多いようなので、実際経験したという話は身の回りで一度も聞いたことがないのですが、遺伝子操作により、絶対に男の子しか(もしくは女の子しか)産まれてこないようにすることは100%可能なんだそうです。

よって、双子を妊娠した場合、片方男の子で片方女の子、と希望しそのように遺伝子操作する例などは結構今まで多くあったようです。


FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 19:56 

2009年02月23日

アメリカ人のお友達が気持ち悪がって絶対食べたがらないちょっと意外なもの。

リナです。

今日お友達と話していて思い出したのですが、アメリカ人の人が、不気味がってあまり食べたがらないものがあります。

それは、お好み焼きです

関西に住んでいて何回も食べたことがあり、平気な人も中にはいるんですが、お好み焼きの上に載っている、鰹節がゆらゆらゆれているのが、気持ち悪くて(生き物みたいで)食べたがらない人、とっても多いんですよ。

いろいろな外国人の人に会っていて思うのは、他国の文化に素早く順応し、受け入れる能力が高いのは、どこの国の人でも、平均して圧倒的に男性だと思います。見たこともないような国のお料理でも、結構抵抗なくどんどんチャレンジする人は、男性の方が多いような気がします。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 20:17 

2009年02月22日

カシウェアの商品、日本だとアメリカの2倍以上します!びっくり。

リナです。

以前も少し、カシウェアのことを書きましたが、今日、美容院で雑誌を読んでいて、カシウェアジャパンの商品のお値段にびっくりしてしまいました。日本のカシウェアのお値段、すごく高いような気がします。

この、フード付きのガウン。リナも色違いで、深い緑色と白のボーダーのをアメリカで買ったんですが、お値段、148ドルでした。

対して、日本のお値段、31,550円もしています!

今の為替レートだったら、2.5倍のお値段ですよね。
リナ、このフード付きガウン、3万円だったら買わないと思います。1万5,000円くらいが妥当なお値段だと思います。

ブランケットにしても、カシウェアジャパンのプライシングは相当強気です。
可能であれば、ハワイにも店舗があるようですし、アメリカで買ったほうがいいと思います。

FXブログ村へのリンクです

人気ブログランキングへ

rinarinakawase at 22:19 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ