2005年06月10日

らしさ本

 今週は「らしさ」に関する本をいくつかご紹介しましょう。



----------------------------------------------------------


●『ビジョナリーカンパニー』『ビジョナリーカンパニー◆組躍の法則
 (ジェームス・C・コリンズ)

 まあなんといっても、この本ははずせないですね。読まれた方も多いと 思います。95年に『ビジョナリー』が出てからもう何刷りになりますか、 今も売れ続けています。

 設立後50年以上生きながらえていて、成功したといえる企業の共通点を 研究した成果をまとめた本です。そのキーワードが「ビジョナリー」。


●『なぜこの会社が強い―ビジョナリーカンパニーへの道
 (日経ビジネス編集)

 上記『ビジョナリーカンパニー』の日経ビジネス版? 日経ビジネスで取 り上げた記事をもとに強い会社の分析をしている。


●『企業生命力〜ザ・リビング・カンパニー』  (アリー・デ・グース)

 企業を人が集まった生き物として捉え、人間の寿命に比べるとあまりにも 生命力の差がありすぎる(10年以内に多くの企業が消え、30年生きるのも大 変な一方、数百年生きている企業もある)ことに注目しています。

 ただちょっと調査研究色が強すぎて読んでいて面白くないところもあります。


●『ブランディング・カンパニー』(竹生孝夫)

 「らしさ」をブランドの観点から捉え、成功する法則を9点にまとめている。 日本人が書いているのもあって読みやすいのと、事例も豊富です。


 「らしさ」を考えるに当たって、ブランド関連の本は何か1冊読まれておく といいと思います。

rinenshintou at 12:00│Comments(2)TrackBack(0) 【企業理念・事業戦略】 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by こまちゃん   2006年06月28日 09:17
取りあえずブックサービスで「ビジョナリーカンパニー」注文しました。
読めるかな?www
2. Posted by たけぞう   2006年06月28日 17:06
ぜひぜひチャレンジしてください。
(2)もあります。(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔