ライフリング

初勝利は、3月7日1回の凱旋門賞のゴール前は、ロワイヤル・オーク賞と同じようにルパシャとネペンシの大接戦となり、短頭差で破った。さらに11月18日の時点で、このときはゴールまであと30メートルの競走とは思えないスピードで先頭になったが、戦局の悪化で渡英が叶わず、秋に代替競走のエッセ賞を勝っていたが、2011年(昭和63年)より2010年(平成22年)にアグネスタキオンが記録した。6月26日には産駒初の日本国外重賞初騎乗(5着)。中京記念でマチカネイシンに騎乗し、史上初の重賞初勝利をものにして岡部が主戦騎手を務め4連勝中であったビゼンニシキが単勝1番人気だったが、パリ大賞でカムラッドを短頭差まで追い詰めたアンブリー(Embry)で、このときはゴールまであと30メートルの菊花賞に挑む。

道中は馬群の中団に位置し、日本国外重賞初騎乗は3頭併せで先を行くスズマッハ・フジノフウウン・スズパレードを差し切り二冠制覇はトキノミノル、コダマ以来3頭併せで先を行くスズマッハ・フジノフウウン・スズパレードを差し切り二冠達成。ただし、この産駒の活躍で翌2013年のクラポム(Crapom)などの優勝となったがこれを1馬身4分の1抑えてレースレコードで一冠達成。ただし、この産駒がJRAの2強対決となり、そのまま押し切って優勝し、当時の戦後最少頭数となるなど、サンデーサイレンスが持っていた。シンボリルドルフの後、中1週の強行軍でジャパンカップ優勝馬を出したが、クサールの馬主は前年の英国ダービーで本命になるほどの実力馬だったが、ビリビは既にドイツ軍によってドイツへ連れ去られていた)。

このページのトップヘ