2016年07月01日

23人目

544d2fac.jpg23人目

ことり
(我闘雲舞)

我闘雲舞の生え抜き第一号は身長146cm!


ring_staff at 06:23|PermalinkComments(0)clip!

ザッキングへの道・115

581ef862.jpg朝、テレビを見ながら新聞も読む事が多い。となると、メガネを下方にずり下げた状態で上目遣いにテレビを見て、視線を下げて新聞を読むという状況になる。

そんな時にこのルーペは活躍する。
文字は2.5倍になる。あまり使わないが、レンズの一部に5倍になる部分もある。

レンズが捉える範囲がだいたい新聞の一段に合っているのもいい。

スゴいのはLEDライトが付いていて、光量が足りない時に威力を発揮するのだ。
夜のバス移動や、消灯後の合宿所での読書が可能になる。


ring_staff at 06:18|PermalinkComments(1)clip!

2016年06月30日

22人目

d180eb16.jpg22人目
帯広さやか
(我闘雲舞)

能面みたいな顔がちょっとコワい帯広選手。
サインをもらった日にタッグパートナーだった希月あおい選手が勝手に自分のサインを先に書いてしまった…

この日、(6/22)二人はアジアドリームタッグを奪取した。
因みに希月選手はこの名鑑に出ていない。


ring_staff at 06:37|PermalinkComments(0)clip!

21人目

7895564c.jpg伊良町男
(プロレス実験団GUYZ)


ring_staff at 06:36|PermalinkComments(0)clip!

20人目

b4037cd7.jpg20人目です。
先日の後楽園ホール大会は彼女のデビュー10周年大会でした。
なんと10代での10周年達成の快挙!13才デビューのテリー・ゴディ越えだ。

里歩
(我闘雲舞)


ring_staff at 06:35|PermalinkComments(0)clip!

つんどく野郎・487

d59bc85b.jpg【「ぴあ」の時代】/掛尾良夫/小学館文庫

携帯電話もインターネットもシネコンもない時代。

映画好きな父親がたまに連れて行ってくれた映画。東京都町田市のウチの場合、ロードショーを見るには新宿歌舞伎町に行っていた。

やがて、友達同士で行ける年になると「ぴあ」が頼りだった。
上映時間と小さな地図をチェックして、ハシゴをする。

映画は今のようにお手軽ではなかったが、映画チラシをコレクションしていた。そういう仲間もいたし、なんと地元に映画チラシ店が存在した。

この本は「ぴあ」や後に「チケットぴあ」を立ち上げた矢内廣と仲間たちの評伝。

コンピューターチケットシステムが出来ていく過程も興味深い。
あれはやはり興行そのものを変えた。
私はまだプレイガイド世代だったし、全日本にいた時もプレイガイド回りが仕事だった。あの頃が過渡期だったのだろう。

いまだに行ったイベントの半券は全てコレクションしているが、やっぱり昔のデザインチケットは楽しかった。

いい時代だったと懐かしむのは簡単だし、楽しいが、いつの時代も新しい扉を開くのは、とにかく若く、熱い奴らだ。そして、それを後押しする、かつて熱かった大人たちだ。
「ぴあ」の成長ストーリーはその関係が素晴らしい。

「ぴあ」は2011年に休刊した。


ring_staff at 06:33|PermalinkComments(0)clip!

2016年06月29日

19人目

05aa798f.jpg沖縄には最近行ってないんですが、先日東京でばったり会いまして…(笑)

キャプテン・イーグル
(琉球ドラゴンプロレスリング)


ring_staff at 06:16|PermalinkComments(0)clip!

18人目

6b315c7b.jpg各団体に引っ張りだこの人気レスラー、あちこちでよく会うが、所属は九州プロレスなんですね。

がばいじいちゃん
(九州プロレス)


ring_staff at 06:14|PermalinkComments(0)clip!

つんどく野郎・486

71e8ef81.jpg【1964年のジャイアント馬場】/柳澤健/双葉社

猪木本を書いた柳澤健さんはきっちり馬場本も書いてくれた。

サインに添えてくれた「シューティングを超えたものがプロレスである。」や「みんなが格闘技に走るので、私、プロレスを独占させていただきます。」という、馬場さん及び全日本の所信表明に当時の私などは完全にノックアウトされた。


私が全日本の事務所にいた時は、一番の下っ端ですから、いち早く電話を取る役目でした。
毎朝、同じ時間にかかってくる電話がありました。

「馬場、いつ辞めんの?」
「早く辞めろよ!!」
…当然名乗りません。毎日同じ男性でした。
これがほとんど毎朝です。
今なら出るところに出られるかも知れません。
営業部の他の先輩はわかっているから電話を取りませんでした。
あれは気が重かった。皆、馬場さんが好きで全日本にいたから。

選手はわかりませんが、営業部の中では新日本がいくら話題を振りまこうが、いつも「あっちはみんな体が小さい」と言ってましたね。
馬場さんの思想ですよね。よくも悪くも浸透していた。

古い資料をバッチリ掘り起こして、全盛期の馬場さんのアスリートっぷりを書いてくれたこの本。凄くすっきりしました。

また、ジャイアント馬場が「馬場さん」となって地上に降りてきた過程が実に私の心にスッと入ってきた。
「馬場さんの全日本」が私を全日本プロレスに導いたのですから。


ring_staff at 06:13|PermalinkComments(0)clip!

2016年06月28日

17人目

4f16d8e1.jpgゼヴィウス星人α
(スポルティーバエンターテイメント)


ring_staff at 07:00|PermalinkComments(0)clip!