2017年12月11日

HOKUSAI

4f614616.jpg『北斎とジャポニスム』/国立西洋美術館/〜2018.1/28

日本が誇る世界の“HOKUSAI”が西洋画壇に与えた影響を考察した展覧会。

モネ、ドガ、カサット、ゴーギャン、ゴッホ…数多のビッグネームが北斎を真似たり、模写したり。

展覧会では完全なるコピペの数々をはじめ、彼らの作品と元ネタ(と思われる)北斎作品を並べて展示。
日本人が誇れる北斎礼讚展覧会でした。


ring_staff at 07:23|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月10日

DIFFER

e176aaa9.jpg今日の現場はパンクラス・有明大会(プラ柵レンタル)

パンクラスが常打ちにしていたディファ有明での最後の大会。
ディファ有明は来年閉館する。

ウチとしても今のところ今日以降はディファでの仕事が入っていないため、今日がこの会場とのお別れになる可能性が高い。

ディファ有明には歴代スタッフとして、元全女、元FMW、元WARの人たちが在籍していたため、開館準備の時期から手伝った。

雛壇客席の設置に大日本の関本選手を借りた時、彼が鉄板で膝をざっくり切って大流血したことがあった。

新日本の信じられないほどの不入り大会を手伝ったこともあるし、伝説のバトラーツ・ウォリアーズツアー最終戦とか。(これも不入り)T2Pもやったな。
健介オフィスの旗揚げもディファじゃなかったかな?
リング横幕の中嶋選手の名前が思いっきり間違っていた。


近年はプロレスより、深夜のクラブイベント、パンクラスやDEEP、キックの大会で来ることが多かった。

テレビやCMの撮影も結構あった。紳士服のCMで小川直也選手と上戸彩が共演したのもここで、リングをレンタルした。

AtoZの会場費未払いをディファが訴えて、ディファからリングの差し押さえを依頼され、江戸川の道場から運び出したのは私だった。(と卍丸、D東北)

リングはディファの倉庫に納められ、紐で囲われて、裁判所の「差し押さえ物件」のシールが貼られた光景は生々しく記憶にある。

会場にも歴史あり。
使い勝手のいい会場だったので、閉館は残念です。


ring_staff at 17:25|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月09日

青野敬子!?

9c133beb.jpg今日の現場はKRUSH・後楽園ホール大会(プラ柵・パンチカーペットレンタル)

年末のRIZINも女子の試合が一つの目玉になっているが、今日のKRUSHでは女子の2試合がダブルメインイベントになっていた。

メイン前にかなりの数の観客が帰ってしまったのは事実だし、それは主催者にとって屈辱的でもある。

それでも新しい可能性が見えるのは大事なことだ。
というのは客席を見渡した時に若い女性客を呼んでいるのかも知れないと思えたからだ。

ウチの娘しかり。
仕事で後楽園ホールに通ううちにすっかりKRUSH好きになった長女(高校3年)は今日、krush女子-50kg王座に返り咲いたKANA選手がお気に入り。
ちゃっかり試合前に写真を撮ってもらっていた。(青野敬子ではない)

今のKRUSHの会場には全日本キック時代の昔ながらの興行の空気は皆無で、実にクリーンでカタギなイメージが充満している。
宮田社長はじめ運営陣の努力の賜物だろう。


ring_staff at 22:37|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月08日

えほんの書棚・326

dbd2593f.jpg「絵本と私」/中川李枝子/福音館書店/1996年

「ぐりとぐら」で知られる絵本界のレジェンド中川李枝子さんの自伝を読みたくて、題名からこれはと思って買った一冊。

ですが、自伝ではありませんでした。
しかし、戦前戦後、札幌の疎開時代、保育園の保母さんの15年で出会った子どもや親たち、この本の表紙絵を手掛けた画家の旦那様・中川宗弥さんのこと、息子さんのこと。

エッセイには思い出やエピソードがちりばめられているので、断片的自伝の趣です。

101篇のエッセイは、まんま101冊の名作絵本のガイドとなっていて、全ての頁にその絵本の一ページが掲載されています。

古今東西、名作絵本を掲載したのは、やっぱり福音館書店。
凄いのは掲載されているのは福音館だけでなく、他の出版社もあるところ。

日本の絵本の歴史に欠かせない出版社である福音館、さすが。

中川先生、いつか自伝を書いてくださいね。


ring_staff at 07:54|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月06日

つんどく野郎・542

7a0c3fbb.jpg『覚悟〔天空の逸女〕紫雷イオ自伝』/紫雷イオ/彩図社

『「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々』/里村明衣子/インプレス


話題の女子レスラー自伝2冊を続けざまに読む。
本を出している知人は無条件に尊敬するが、この二人はそれがなくても尊敬できる凄いレスラーだ。

仙女大阪大会でタッグを組んだ両選手にサインをしてもらった。

旗揚げ当時の仙女に出ていた紫雷姉妹をいつも仙台に連れていっていた。
あの頃は高校生だったのか。

あれから10年? 団体所属の甘えなのか昨日はテーマ曲を忘れてきたイオさんだったが、当時の感じは全くなく、トップの風格を備えている。

里村とは旗揚げ前からの付き合いになる。仙台への引っ越しから手伝った。
真夏で、トラックに荷物を積むだけで水を浴びたように汗をかいた覚えがある。

北鎌倉に住んでいた里村。その時点で普通じゃない感性を確信したのだった。

読んでくれたらわかるが、里村は仙女旗揚げから変わった。
イオもここからの10年でどう変わるかわからないが、自伝対決は贔屓目なしにしても里村に軍配。キャリア10年と22年では経験値に差があって当たり前だ。

どちらも警察に厄介になった経験を書いている。里村のそれと同じ経験は私も10回近くある。(前科はありません!)


ring_staff at 09:24|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月05日

ヒュゲ

bd463ed1.jpg
63c0ff1b.jpg
新宿に行く時の定番は金券ショップ(展覧会チケットをゲット)、ゴッホの「ひまわり」がいつでも見られる損保ジャパン美術館、それに最近はシズラーで極上のサラダバーを楽しむのが加わった。

デンマーク椅子の名作たちを見て来ました。日本・デンマーク国交樹立150周年記念『デンマーク・デザイン』/損保ジャパン日本興亜美術館/〜12/27

アンデルセン? レゴ?それともフライングタイガー? それもありますが、デンマークはデザイン大国です。

特にミッドセンチュリーの椅子デザインは今も残るマスターピース揃い。巨匠が何人もいる。

ウェグナー、フィン・ユール、パントン、ナナ・ディッツェル。

本展にも出ている「バレットチェア」(従者の椅子)は背広、ズボン、財布や小物まで一気に収納できるという椅子はウェグナーにあって、またあの時代にあって異色すぎる椅子。

いいなとはいつも思うのだが、正規品が100万円超え!!

何やらものすごい技術が必要だとかいうのだが、原価や技術料をどう考えてもその価格が私には説明できない。ウェグナーは偉大だ。


ring_staff at 07:24|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月04日

重文アールデコ

2ce64515.jpg
7379c41b.jpg
68981935.jpg
【装飾は流転する 「今」と向き合う7つの方法 ハンドアウト】/東京都庭園美術館

披露宴が普段まず用事のない白金だったので、庭園美術館に初めて行ってみた。
いつもアバンギャルドな展覧会をやっているイメージがあり、気にはなっていた美術館だ。

旧朝香宮邸であるこの洋館は当時最先端の流行だったアールデコ様式でデザインが統一されている。

私が気に入ったのはアールデコではないけれど、大広間の天井照明。升目にキレイに収まった40個の電球!!


ring_staff at 07:26|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月03日

龍の涙は見られたか!?

f53582ef.jpg天龍プロジェクト紋奈代表(天龍源一郎愛娘)の披露宴に出席。

グルクン、リッキー、土方、佐々木貴、TARU、謙吾、里村という選手卓になぜか混ぜられた。
隣に座った越谷市出身、謙吾さんと越谷話で盛り上がる。

普通じゃない披露宴に慣れてしまった私には誰も脱がない、暴れない宴が平和すぎる。

あぁ、今日は新日本が試合入ってる。
赤い靴を履いた披露宴クラッシャーさんがいないのか(笑)
酒乱のピットブル141もいない。良かったね紋奈ちゃん。


天龍WARとの付き合いのきっかけが思い出せない。
中村リングアナが呼んでくれたのか、LLPWの絡みで出るようになったのか…

あの頃、WARの売店には女将さんと中学生の紋奈ちゃんがいた。懐かしい。

スカート姿さえ見た覚えがない紋奈ちゃんの晴れ姿。綺麗だったよ。おめでとうございます!!


ring_staff at 21:32|PermalinkComments(0)clip!

つんどく野郎・541

35525d2d.jpg
82af9a1c.jpg
巡業から戻ると、IKEAツリーに飾り付けが施されていた。

デカい。
IKEAやコストコは好きだが、あの巨大倉庫店で見るのと、買って我が家に入れた時のサイズ感の違いは埋めようがない時がある。

それが家具であっても、ツリーであっても、あるいは肉の塊であってもだ。

そもそも大多数の日本人は欧米人ほど大きくない。
家もそうだし、肉の塊をぶちこむデカい冷凍庫だってないのだ。

大量に消費して、次々棄てては新しくもできない。むしろ私自身は細かいという点では日本人的だと思う。


ツリーの飾り付けに手を加える。
先日の吉田万里子引退大会に北斗さんから届いた花に付いていた巨大な風船をのせてみた。

サイズ感を考えずに「部屋をメルヘンにする」と子どもが持ちかえった物だ。

3畳の子供部屋に合うわけもなく、リビングに放置してあった。
そのことに「それみたことか」とちょっとイラっとしていた。

IKEAツリーでも少しもて余すが、これが欧米のサイズ感なのだと納得する。
北斗晶の大きさが身に染みて、自分の日本人臭さを確認した。


尾崎世界観の本を立て続けに2冊読んだら、ちょっぴり文章に影響が出たようだ。

良い日。

『祐介』/尾崎世界観/文藝春秋
『苦汁100%』/尾崎世界観/文藝春秋


ring_staff at 12:16|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月02日

全日本ガールズプロレス?

13c3b65f.jpg今日の現場は仙台ガールズ・大阪大会(進行スタッフ/移動車ドライバー)

大阪単発で正午開始の大会。なので当然の夜移動。
仙女初の“府立第2”は札止めの大盛況でした。

そのまま夜が全日本プロレスということで、リングを初め入場ゲート、音響設備、ゴングに至るまで全日本から拝借してメジャー感のある会場になった。

おそらく仙女で場外フェンスがあるのは初のはず。

私が全日本にいた時にいた人で未だに現場に残るスタッフは木原リングアナと和田レフェリーのみ。

あの頃、全日本プロレスを辞めて全日本女子プロレスにいったら、系列会社に異動になったのだと勘違いしたプロレスに詳しくない知人が周りに少なからずいたことを思い出した。


ring_staff at 18:13|PermalinkComments(0)clip!