2012年08月15日

アリは19才

f3966335.jpg今日の現場はみちのくプロレス・仙台大会(リングアナ/移動車ドライバー)

みちのくプロレスのシリーズに久しぶりに外国人選手が参戦中。
イギリスの団体4FWのシーク・ベナーム・アリ。イラン系イギリス人でまだ19才です。

修行参戦なので特別扱いは一切なし。マネージャーなどいないし、合宿所で寝食を共にし、一緒に練習する。シリーズオフも滞在します。

それだけではない、みちのくプロレスには英語が堪能な人間は皆無。もとよりルチャ直輸入団体・ユニバーサルプロレスから派生したので、ジャパニーズルチャを標榜したみちプロにはメキシコ人が多く来日していました。

さらにこの10年はウルティモ・ドラゴン校長の闘龍門出身でメキシコにいた選手が増えたので、スペイン語の方が身近な人間ばかり。

グリーンボーイ(新人)とチェリーボーイ(童貞)を間違う奴をはじめ、「I'm nineteen」と言ったアリに「17才なの!?」と驚く奴。(笑)

かつて伝説の極悪レフェリー・阿部四郎さんは場外カウントが『…ナイン、テン、じゅういち、じゅうに…』と続いたという逸話がありますが、職業柄20までは英語で言えないとマズい。

彼はいつかカウント19でも場外から戻らずにリングアウト負けを喫するだろう。

そんな訳で怪しげなジャパングリッシュが飛び交うこの巡業。
高校英語が軒並み赤点ギリギリの俺がまだマシに思えてしまう。

結局のところ本当に使える英語というのは中学英語であり、大事なのは知っている単語の数なんじゃないかと思う。
それで日常会話はなんとかなってしまうのだから凄い。

更に言葉の壁がない「世界共通語」プロレスはもっと凄い。

そんなみちプロで孤軍奮闘のアリはホントに真面目で素直な若者。ファンの皆さん、是非応援してやって下さいませ。


ring_staff at 16:15│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by ちびたろ   2012年08月15日 16:36
19歳だったのか…凄いね〜♪頑張ってほしいです!今日はこれから会場に向かいますから会えますねぇ〜応援します(^-^)ノ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔