2005年06月21日

迷路の力

ペンシルパズルを使ってるというと

 論理的思考力が身についたり鍛えられる(かも)

って思われるのですが

 けど、迷路って?

となるかも知れません。

将来的にはこの2つに折り紙も入ってきます。



塾のシステムは個別指導塾です。


学校の勉強を主に教えるわけですが
パズルと迷路のプリントもやってもらってます。

たとえば英語が苦手な中学2年生が入ってきても
始めは迷路とかパズルを解いてもらいます。

そうすることで心を開くといういうか
自信を取り戻すというか
何かが吹っ切れるというか
スムーズに学習へ入っていけるからです。


小学生はパズルと迷路の割合がぐっと上がります。
算数をすべて迷路とパズルで教えられるように
日々問題を考え、作っています。


それで始めの、パズルは論理的思考力を鍛える
という話ですが、
迷路にはもっともっと大きな力があると
最近は確信しています。

迷路には人間の心の奥深いところへ
入っていく力があると感じています。

今、迷路を使って四則演算や分数を学習できるように
問題を作成しております。




「がんばれよ」と思われたらクリックお願いします!
(クリックしていただくと順位が上がります。)
人気ブログランキング ただ今7位
ブログ村教育ブログランキング ただ今2位
にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
↑ 1日1クリックで応援よろしくお願いします。

* コメント・トラックバック・リンク大歓迎!どんどんお願いします!



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    2005年06月21日 16:35
りんごさん、こんにちは。
Yahoo blog「ことばを鍛え、思考を磨く」の管理人、桐と申します。
私のブログへのご訪問ありがとうございました。
まだブログ開いたばかりで、トラックバックというものがよくわかっていないので、とりあえずコメントでごあいさつ...。
迷路とパズル、面白そうですね。
私の塾では来たらすぐに、頭のウォーミングアップ用のプリント(簡単な計算やパズル、図形模写など)を1枚やらせています。それと別に、思考力を要するパズル的なプリントも用意してありますが、なかなか全員に毎回とはいっていないのが現状です。りんごさんの所のように徹底できればいいのですが...。
私の所は国語力、特に書く力の育成にも重きを置いているので、パズル的な問題をことばで説明させることにも取り組んでいます。
また、いろいろ参考にさせてもらうためにお邪魔します。
どうぞよろしく...!
2. Posted by りんご   2005年06月21日 17:12
桐さん、ありがとうございます。
また、いろいろ意見の交換ができたら
非常にありがたいです。

書く力の育成に重きを置かれているということなので
わたしのほうこそいろいろ勉強させていただきます。

これからもよろしくおねがいします。
3. Posted by 桐   2005年06月21日 19:52
りんごさん、私の方もリンク貼らせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
4. Posted by xenoゼノ   2005年06月22日 00:42
りんごさんのところのやり方をホント視察に行ってみたいと常々思います。友人は中2になる軽度発達障害の子の塾での数学の指導に頭を悩ませています。
5. Posted by daikaisan   2005年06月22日 14:04
 ここ数日、団体バージョンのサーバーとの成績データやり取りのコア部分のプログラミングと迫り来る期末テストの準備に忙殺され、煮詰まりまくっており、筆不精となっております。
 音声は、試用期間切れとなってますが、現在の開発状況は、語学CDをドリルと連動させることにも成功し、7月初頭には、団体バージョンの完全E-Learning化が実現します。
 
 つきましては、少し時間をいただいて、とり合えず電話にて情報交換をいたしたいと考えております。前回は、短時間かつとりとめない電話内容でしたので。

 ご都合を伺う電話を差し上げたいと思いますので、もし電話での情報交換がお嫌でしたら、その旨、メールなり書き込みなりでお知らせください。
 
6. Posted by りんご   2005年06月22日 15:09
ゼノさんへ

いつもありがとうございます。
また機会がございましたら
そのときを楽しみにしております。


daikai先生へ

先日は「WithYou」を使わせていただきありがとうございました。非常に可能性の感じられるものでした。累々たる屍を乗り越えて誕生したシステムです。また詳しくお話きかせてください。
電話していただいてかまわないのですが
予定等、メールでお知らせいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔