2005年08月01日

世の中にないことを始める テンポスバスターズ(2)

上手くいかない理由を考えるのは
人間の得意とするもののひとつだ。

上手くいくかどうかもわからないけど
新しいことを始めようとする人と
失敗する可能性が高く
今の状況を考慮し躊躇する人と
どちらが利口に見えるだろうか?

「まあ、しばらく様子をみよう」
というのが大人の対応でしょうね。
けれどやったことないことをやるには
事前に予測してどうこうって難しいので
とりあえず正しいと思うほうをやってみて
その結果を見て次を考える方がいいですね。
結果が良いとか悪いとかも重要ですが
自分が次に更なるアクションをおこす
ということが大事なのです。
前進し続けることが大事なのです。
しかもすばやく。



(株)テンポスバスターズのホームページにこんな文章があります。

(引用)
中古屋を始めるにあたり、
幹部や経営者仲間に意見を聞いた。
『うまくいかないから』
『中古なんかを売ると修理が大変だ』
『中古冷蔵庫を売って故障して、中味が腐ったらどうするんだ』
『ものが集まるのか』等々ネガティブな話が多かった。
世の中にない事を始める人に向かって
色々な質問(まともで的確な質問)をされたって、
その時になってみないと答えられない事の方が多い。
(引用終わり)



それは違うんじゃないか?っていうのはわかります。
いや、それもすごくありがたいアドバイスで
自分も慎重になり、心するようになります。
けど、我々は「上手くいかないケースを考える天才(または秀才または平均以上)」なのだ。「まだ起こってもいないことを心配したりする」ことも出来る。「最悪のケースを想定する」ことだって真っ先にできてしまう。


「まともで的確な質問」というのは実はすごく困る。
ごもっともなのだ。120%正しい。
120対−20くらいで負けているかもしれない。
そしてまた新しいことをやらなくても人間というのは
なんとかなってしまうものなのだ。
現状の中で、精一杯の努力をすることで。


「パズル?

 はあ?

 迷路?

 はあ、お疲れさん。」

なのである。


「そんなもので成績が上がったら苦労しないよ!」

なのである。


「九九を暗記せずに工夫していちいち計算する?」

常軌を逸しているんですね。

「九九ぐらい、覚えろよ」

ってことになるんです。

もうまともな人の感覚じゃないのかもしれません。



けれど、けれど、けれど、


けれどなんですよ。


いままで誰もが疑わない「まともなやり方」で成果が出てなくて

逆に弊害がすごく目立ってしかたがないなら

「さらなる努力」をするんじゃなくて

その努力の方向が間違っていたんだと気付いて

違う努力をしないといけないんですよ。

時としてその「違う努力」はとんでもないことに

思えることがあるんですが、しかたがない。

常軌を逸しているように見えるかもしれない。

残念だがしかたない。

進むしかない。




テンポスは今まで誰もやらなかった

「汚れ仕事の生産性を上げる」

ということや

「自分たちで努力して勝手に値下げして

 体質を強くする」

ということや

「モノを集めるために
 
 関連する会社に

 毎朝300件電話をかける」

というようなことをしている会社だそうです。



毎朝300件の電話!!

これはすごいですね。

毎朝2時間もあればかけられるそうです。



毎日2時間!



* コメント・トラックバック歓迎。お気軽に。


スタッフを募集中です。
私どもの塾は近畿地方にあります。
4時くらいから10時まで働ける方。
興味をもたれた方はメールにてご連絡ください。
右の「お知らせ」のところにアドレスがあります。
(近郊の方に限ります。メールで地域をご確認下さい)
よろしくお願いします。



ringo_juku at 01:00│Comments(4)TrackBack(1)座右の書 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. テンポスバスターズへ投資  [ 資産の長期的運用日記〜経済的自立を目指して〜 ]   2005年08月15日 13:43
とりあえず、今日、テンポスバスターズへ2株153,000円で約定。 あとは、アイディーユーかミホウジャパンだが、どちらに投資するか、結構悩んでます。ミホウジャパンが16万円を切ってくれば、下値で指値注文かなー。 最近、買い付けすると下方修正、売却する

この記事へのコメント

1. Posted by こだま   2005年08月01日 11:14
トラックバックありがとうございました。
まさに、内容があの記事に直結していて、嬉しいです。(^_^)
(これまでなんでこの記事にトラックバックされたのだろうと疑問に思ったことがありましたので)
私の塾も、常軌を逸しています。宿題なし、夏の講習なしですから(さすがに、中3生だけは、ほんのわずかな時間ですが講習はあります)。まわりから本当に理解されにくいのですが、信じた方向に進んでいくしかないですよね。
元気づけられました。また、来ます。
2. Posted by りんご   2005年08月01日 11:39
こだまさん、伝わって良かったです。

「四面楚歌」とおっしゃってたので、りんごの歌でも歌ってみました。けどあの場所へTBするのは2日間迷いました。けど、どうにでもなれ!って思って書かせていただきました。

それでは。
3. Posted by    2005年08月01日 11:49
りんごさん、こんにちは。

最悪のケースばかり想像する人は決して現状から成長できないと、私も強く思います。
何か新しいことをしようとするとき、女房との見解の相違の源はここにあります。どうも女性は現実的な考えの人が多いようで...。(あくまで個人的見解です...。)

私は今まで「迷ったらやってみる」で生きてきました。
「やらなければよかった」より「やればよかった」の方が後悔が大きいですからね...。

それが私の「若さ」だと思っています。
年を重ねるに連れ守りに入りたい気持ちが強くなってくるものですが、必死にそれに抵抗しています。
爺さんになってもそうしていたいし、たぶんそうしていると思います。
4. Posted by りんご   2005年08月01日 13:15
桐さん、いつもありがとうございます。

>それが私の「若さ」だと思っています。
年を重ねるに連れ守りに入りたい気持ちが強くなってくるものですが、必死にそれに抵抗しています。

なるほど、「若さ」なんですね。
私も気を抜くと現状維持や先送りをしてしまうので、
自分への戒めの意味もあります。
私はまだまだろくでもない人間です。

これからもよろしくお付き合いください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔