2005年08月26日

大手の神社と弱小神社

おかげさまで長女(第2子)も順調に発育いたしております。


親とは弱いものです。

「お宮参りは行ったの?」

「あんた、子供が生まれたらお宮参り行ってちゃんとしなきゃ」

そうか、いかなかったら、ちょっと不安。

病院という西洋医学だけでは不十分なので

やっぱり子供の成長は神仏にも頼まないといけないかな・・・。



病院というのは大学院を出て試験に合格して医師免許を持った

偉い先生が見てくださるので、めったなことにはなりません。



それなのにどういうわけなんでしょうか、

我々はそれだけでは不十分だと思うのでしょう。

お医者様はいつもわが子を見ていてくださるわけではないんです。

やっぱり神社には行かないとダメよってなる。

「そんなの常識!バカじゃな〜い」と身内に言われ

人に聞いたりして

「ねえ、ねえ、どこの神社がいいの?」

と情報を集めたりします。





夏休みの自由研究で私と友人は昔、

『わがまちの神社』というのをやりました。

ですから神社というものがどれくらい多いか知ってます。

むちゃくちゃ多いですね。

塾(約5万)や歯科医院(約7万)よりも多いです。


法人格を有するもので神社本庁包括下の神社だけでも

全国に約8万社あるそうです。


誰でも勝手に作れるわけでもないのにこれはすごい数です。

(数字が違っていたら、教えてください)




長男(第1子)が生まれたときは

近所の小さな神社へ行きました。

近いし(まだ生まれたてなので連れ回したくない)

神主さんも知ってるし(ちょっと酒飲み)



何を持っていったらいいか電話で問い合わせると

日本酒(2本)とスルメ

料金は「気持ち」でいいそうです。




「気持ち」?



親としてはやっぱり病院だけでは不安なので

神様にも守っていただきたい。

平均寿命が80歳として

一生守ってもらえるのだから・・・

「気持ち」は1万円くらいじゃ、安すぎます?

一年では125円!

一月ではなんと10円ちょっとです。

安〜〜い!



それでまあ、当日は他にお客さんもなく

個別対応でしっかり見ていただきました。

その後、この神主さんは高齢のため別の方に替わられました。




そして今回、長女のときはいろいろありまして

どうしてもということで隣の市の大きな神社へ

お宮参りをすることになりました。

出産した病院の隣なんです。

遠へ行く必要ないじゃないかって言ったのですがね・・・。



こっちの神社はかなり大きくて立派です。

巫女さんなんかも歩いていたり

おみくじとかお守りとか売っていて

家相の相談や命名の相談なんかもでき、

ああ、神社だな〜って思われるつくりになっています。




料金は電話で問い合わせたら5千円でした。(あら、意外)

これはお酒が1ダースにスルメがダンボール1箱ぐらい言われるぞ!

って警戒したら、何ももってこなくていい、と言われました。

5千円ポッキリだそうです。

ひょうしぬけしました。




当日は、つつがなく式が執り行なわれ

長女は額に紅で「小」と書いてもらいました。

これも新鮮でした。



我々のほかはご懐妊の女の方が母親と一緒に来られていました。

それでも広かったし、何の不都合もありませんでした。



帰りにお土産として「お食い初め(オクイゾメ)」の食器のセットとお守りをいただきました。

(「お食い初め」とは子供が一生、食べ物に困らないように願い

  赤ちゃんに食べ物(尾頭付の焼き魚とか)を食べさせる儀式ですよね。)



うわあ〜、このお土産だけでも5千円の値打ちがあるんじゃないか?

ってかんじで帰りました。

あの日以来、わが家はこの神社の大ファンになりました。

だって「満足」しましたからね。




車を運転しながら考えました。

サービスでは大手のほうがずっと上だな〜って。

小さいところは大手に負けないようにサービスしないといけない

って考えがちですが、サービスでは圧倒的に負けている。

無料の補習がはたしてサービスだろうか?分からない。場合による。

今まで自分は勉強を教えることだけが仕事だと思っていたかもしれない。

けれどもしかしたら、サービスを提供することも考えた方がいいかもしれない。

たとえば『必勝合格セット』というものをつくり、

入会されたらハチマキ、スケジュール帳、辞書、ノート、鉛筆、消しゴム・・・

そのすべてに「努力は報われる!」とか、「りんご塾」とか入れてもらって

惜しげもなく、差し上げる。

(こういったものをつくるお仕事をされておられる方がおられましたら、

 いまがチャンスですよ。私は買う気ですよ。

 8月の売り上げが上がるかもしれませんよ。)

そんなものはサービスでも何でもない、まやかしだ!

って言われる方もおられるでしょう。


そう、専門家はだまされません。

毎日、塾のことを考えている人にとっては末梢的なことです。


けれど我々塾が接するお客様というのは

塾に関しても、勉強に関しても

専門家ではない方が多い。

我々はついつい人も自分と同じように考えるとカン違いしてしまします。

我々の常識はお客様の常識とはズレがあります。

どちらが正しいというものではないと思います。

商売というものをやるからには

我々の方から近づいていくべきではないでしょうか。

勉強を教えることがもちろん主力の「商品」です。

その「商品」だけではたして「満足」を与えることができるのでしょうか?

簡易包装が言われていますが、

「商品」を美しくくるむ包装紙を用意することが

お客様に「満足」を与えることになるんじゃないか。



偉そうなことを言っていますが

もしかして、今まで魚を買いにきたお客様にビニール袋に入れて

「はい、どうぞ」とやっていただけかもしれません。

魚がわるくならないように氷を入れてあげるとか

発泡スチロールのケースに入れてあげるとか

規模が小さいということで甘えてたかもしれません。

「うちの魚は一級品だ!」って言っても

家に帰るまでに腐ったら困りますからね。






20分程の道のりをノロノロと帰ってきました。

子供の額に書かれた「小」という文字を見ながら

これからの塾経営のことを考えました。

すやすやと眠る子がせめて20歳になるまではがんばらないと。

家にたどりつくまでに20年分生きたような錯覚をおぼえました。






ringo_juku at 20:42│Comments(17)TrackBack(0)経営の本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by JackAmano   2005年08月26日 22:50
商売ってのは、いくらで売ればいいのか、いくらなら売れるのか、どうすれば売れるのかを考えてしまいます。間違いではありませんが、もうひとつは、お客さんが払った金額以上の満足を得るかっていうことも大切だと思います。そこにこだわれば、いくらに設定しようとまったく関係なくなります。いくらであろうと、お客さんは満足するわけですから。
でも、あまりにどうすればお客さんが喜ぶかを考えても、なかなか正解はみつかりません。ならば、自分がしてもらって嬉しいサービスはなにか、自分が何度も行きたくなる店はどんな店か、自分ならこの商品にいくらなら払うだろうか、ってことを基準に考えれば、お客さんのニーズと大きくズレたりすることもないだろうと思います。
2. Posted by 超〜塾長   2005年08月26日 23:07
先のコメントの人の言う通りですが、まぁ〜カンタンに言えば・・



その月謝を払ってでも、我が子を絶対ringo塾にいれた〜い!!


ちゅうものを作ればよろしいのでは・・。(^^;;


あっしは、カンタンに言えば、そういう事じゃと思いますぜ。
3. Posted by 超〜塾長   2005年08月26日 23:20
それにしても・・・


文才ありますね・・・。(-_-;;




今度・・・



      電話します・・。よろしくです。
4. Posted by りんご   2005年08月26日 23:24
Jackさん、今日は早いでしょ。

それ次に書こうって思ってたんですよ。
私は「不屈の精神」でやってますから
また別のネタを考えますけどね。

おっしゃるとおりです。
ちょっと今日は考えすぎました。
何しろ今日のプレッシャーはすごかった。

明日からはまたいつものように
気楽にやらせていただきます。

それではまた、よろしくお願いいたします。
5. Posted by りんご   2005年08月26日 23:34
こんにちは、超〜塾長さん。

ヤバイ、じゃないですか。

私が得た情報によりますと

超〜塾長さんは深夜にでもお構いなく

ガンガン電話で説教されるみたいで・・・。

サンボーさん、教えちゃダメだよ〜!

赤ちゃんが起きる!
6. Posted by スーパーサンボー   2005年08月26日 23:50
フフフフッ・・・・


超〜塾長に 目をつけられたら

観念しましょう。



僕は 超〜塾長からの電話は

アメリカの ホワイトハウスに 

転送になるように 設定してあります。

7. Posted by りんご   2005年08月26日 23:58
サンボーさん、こんばんは。

じゃあ、あっちは昼間だからちょうどいいんですね。

そういう感覚で生きられてる方なんですね。

なるほど。

またその手の有益な情報をお待ちしています。
8. Posted by 超〜塾長   2005年08月27日 00:06
・・・ほんま、人聞きの悪い・・・。(^^;;




あ、今、ニューヨーク・・・










         中です。(-_-;;
9. Posted by    2005年08月27日 13:14
こんにちは。

いやー、りんごさんの記事はいつも本当に詩的で素晴らしい!自分の記事が恥ずかしくなります。コメントもつい遠慮しがちに...。(←イイワケ)

でも開き直ってしよーもないコメントを...。

私が以前、交通安全祈願や七五三をしてもらった安曇野の大神社、穂高神社では、小売店でよくあるようにカードにスタンプを押してくれ、5個たまったら何かくれるというシステムを採っていました。これ、嬉しいですか?
祈祷自体も流れ作業という感じで、私には全然ありがたみが感じられませんでした。どうも大手は性に合いません...。
10. Posted by りんご   2005年08月27日 13:33
桐さん、こんにちは。

そのスタンプはちょっとね。
私は基本的にスタンプは嫌いなんです。
そういうもの集めていると自分がいやになるんです。

そういうのが好きな人もいるので
好みの問題だとも思うし、どうでしょうね。

お守り5個買えば6個目サービスとか?
「小吉」3枚で「大吉」に交換とか?

またよろしくお願いします。
11. Posted by テツ   2005年08月27日 14:04
毎度です。
>入会されたらハチマキ、スケジュール帳、辞書、ノート、鉛筆、消しゴム・・・
ここ好きですね。だって、私がいってた塾ですが、ばっちり同じです。あと、なぜだかシャモジもついてました。すべて「必勝」とか「合格」とかの文字入りでした。
小学生の頃ですので、何も考えずにしていましたが、他から見られれば異様だったかなあ。
懐かしいので思わず書いてしまいました。
12. Posted by こだま   2005年08月27日 14:19
こんにちは、りんごさん。
前回の話も素晴らしかったけど、今回のもすごいですね。
正直言って、今回の話は、非常に耳の痛い話でした。
私なんか、ビニール袋に入れないで魚をはいと手渡しているようなものでしょうから。やっぱり家内がよくいうように、商売向いていないのかなあ。
せめて、ビニール袋に入れて魚を渡すことを心がけようと思いました。
13. Posted by りんご   2005年08月27日 14:36
こんにちは、テツさん。

もうすぐ選挙なので「必勝」のハチマキいっぱいもらってきましょうかね。
ダルマを教室に置いて気分を盛り上げる?
今までこんなこと考えたこともありませんでした。
けれど多少はしたほうがいいって思いました。
私の教室には、知恵の輪、ルービックキューブ、その他のパズル、モノポリー、積み木・・・。

これはこれでいいんですが、もうちょっと考えます。

14. Posted by りんご   2005年08月27日 14:42
こだまさん、こんにちは。

私も始めは「魚を袋にも入れずに渡す」って書こうとしたんです。けどちょっとカッコつけて「ビニール袋に入れて」に変えました。

それで奥様は、こだまさんにはどのような仕事が合っているとおっしゃるんでしょう?

興味深いです。
15. Posted by 超〜塾長   2005年08月27日 15:09
2回くらい電話してみましたが、留守番サービスでした・・・(++;;



じゃぁ〜ね、ば〜い!!(^^)/
16. Posted by ヨシミとチホのママ   2005年08月27日 21:37
りんごさん、こんばんは!
私の故郷は信州なので、せっかくだからご提案。
りんご塾ですから「必勝りんご」なんてどうです?
試験の日の朝に食べるとご利益が有る!笑
えっ?珍しく無い?スミマセン。
17. Posted by りんご   2005年08月27日 21:59
ママさん、こんにちは。

いつもすいません。
そうですね、それ面白いですね。

そういうりんごを作ってくれるところもあるでしょうね。そこまでやるか?って思いました。

常識を超えてるママさん、
勉強になりました。
もらったほうは驚きますね!

私はやっぱりまだまだとらわれてますね。

ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔