思い返せば昨年の12月、娘ちゃんが2年生のことでした。

突如、どんぐりの絵が描けなくなりました。

絵はかいても、すぐにめちゃくちゃに数字を当てはめようとしました。


まさか我が子が考えられない頭になってしまうなんて。。。。

どんぐりの本やHPやBBSで知識として知ってはいたけれど、実際それを目の当たりにしたときの衝撃は忘れられません。


3年生になり、算数でかけ算の復習にとマス計算をやっているそうです。

それに関連して、娘があのときのことを話してくれました。


あのときは、友達とペアになって音声計算を算数の授業のたびにやっていました。

ゆっくりやるようにしていたけれど、友達に「おっそ~」と何度も言われついつい速くやってしまっていた。

そして、いつの間にか、どんぐり問題ができなくなって何も考えたくなくなってしまった。


だから、今はマス計算をゆっくりやっているそうです。

自分でコントロールできるようになってきたんだね。


<1MX56>

デンデン小学校では秋の歓迎遠足で100歩離れた公園へ行きました。

朝の8時30分に学校を出て、25歩歩いたところで10時になりました。

歩く速さが同じだったとすると、公園には何時何分についたでしょう。


娘 3年生 どんぐり歴1年6ヶ月

N1MX56

(画像はクリックで拡大します)


25歩で1時間半かかるところを25歩で30分に途中からなってしまいました。

お宝帳へ



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ