りんごのどんぐりノート

家庭学習に「どんぐり倶楽部」をしてます。 小2の娘と年長の息子をもつ母が日々子育てについて感じたことを綴ります。

娘のどんぐり問題(1年生)

春休みのタイムスケジュール<1MX80>添削10回目

娘ちゃんの本日のタイムスケジュールを公開。

6時半 起床
7時   朝ご飯
8時半 親の仕事場へ
9時  どんぐり問題を1問
10時  おばあちゃんと遊ぶ
10時半 お友達と公園で遊ぶ
12時  お昼ご飯
13時 お友達と外で遊んだり、お友達Aちゃんの家に行ったり、お友達Bちゃんの家に行ったり
17時 帰宅 弟と遊ぶ
18時半 晩ご飯
19時 お風呂
20時 就寝

春休み中の平日はほぼこんな感じです。
これって、普通?遊びすぎ?

さて、こんな春休みをおくっている娘ちゃんが選んだどんぐり問題は<1MX80>です。
娘ちゃん的にもちょっと難しそうなのを選んだと言っております。

<1MX80>
クジラのマッコ君、ザット君、シロナガ君が宝探しをしています。どの宝箱にも2この宝が入っています。
今回は3個の宝箱を見つけたら1度ゴールにもどります。今、マッコ君が4回、ザット君が4回、シロナガ君が7回ゴールしました。では、3人みんなで何個の宝を探したことになりますか。

1mx80-f-tn-t-g2

もくもくとずいぶん長い間絵を描いていました。
全部で5ページも。
数え間違えることもなく正解がでましたよ。
糸山先生、かわいい添削ありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ



 

ご機嫌な春休み<0MX92>

娘ちゃんは春休みに入って絶好調です。
毎日遊んで遊んで遊びまくっています。
そして、一日中というくらいおしゃべりしています。
弟君にもやさしいです。

これが娘の本来の姿なのでしょう。
やはり学校にいくと多かれ少なかれストレスをためてくるんでしょうね。

さて、そんな娘ちゃんがハムハムの半分問題<0MX92>を選びました。
以前この類題はまったくできませんでした。

<0MX 92>
きょだいハムハムたちと ふつうハムハムたちが あそんでいます。
きょだいハムハムは ふつうハムハムの ちょうど はんぶん います。
かぞえてみると、みんなで 18ぴき でした。
では、ふつうハムハムは なんびき いるのでしょう。

0-92

1ぺーじめに公園らしきものを書いたけど、これではハムハムをたくさんかけないので2枚目へ。
 2ページ目は巨大ハムハム3匹に普通ハムハム6匹を描きました。
いい感じ。

0-92-1

そしてなんと、3ページ目.4ページ目に巨大ハムハムが15匹登場。
全部で18匹。
うーむ、ここでちがってる。

0-92-2
5ページ目に普通ハムハムを30匹描いて、全部で36匹。
残念!
問題を完全に聞き間違えていました。

でも、以前類題をやったときには「巨大ハムハムが普通ハムハムの半分」の数いるというところが、読み取れずに、普通ハムハムの体を縦に真っ二つに切っていましたから、進化はしています(笑
次にやるときが楽しみだな~

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

  

どんぐりの「わからん帳」つくりました<0MX52>

学校用の「わからん帳」をつくったので、今度はどんぐりの「わからん帳」もつくりました。
娘ちゃん、ただいまどんぐり用のスケッチブックが3冊目です。
1冊目にやった問題でできなかったのものは、私が「わからん帳」をつくりました。
そんなわけで、この日は2冊目にできなかったものの「わからん帳」を作成。

まずは私が間違えた問題を縮小コピー、娘ちゃんがそれをわからん帳用のスケッチブックに貼りました。
以上。簡単にできました。

2冊目はちょうど宿題制限をする前から使い始めて途中から宿題制限スタート。
絵がだいぶ違います。
はじめの方はかなり雑でなげやりな感じでしたが、宿題制限を始めてからは丁寧になってきました。
うんうん、進化しているね。

そんな娘ちゃんがこの日に選んだどんぐり問題は<0MX52>です。
簡単そうだったので、かわいい絵を描いてねとお願いしました。

<0MX52>
こぐまの はちみつが 3こ なくなりました。
のこっているのは 8こです。
では、なくなるまえには なんこ あったのでしょう。

0-52

はちみつが瓶からとろりと出てきています。
こぐまちゃんも、かわいいね。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

 

学校用の「わからん帳」つくりました 2MX07

娘ちゃん、1年生が終了しました。
教科書やノート、ドリルを片づけながら、「わからん帳」を作成していきました。

算数の教科書は書き込み式、ドリルも書き込み式なので、間違いのあったところをコピーして、切って、ノートに貼り付けました。
コピーをとるのはりんごがして、娘ちゃんが切って貼りました。

学校ではテスト以外、間違えたところは先生が赤ペンでチェック、それを子供が消しゴムで消して直して、また先生に丸をつけてもらうという風にやっているので、どこが間違っているかよくみないと気が付きません。
間違いは間違いでそのままのこしておいて、余白に直しをしてくれると、後から見たときどういう風に間違えたらわかっていいのになー
2年生になったら先生にそのようにお願いしてみようかな。。。

テストやその他プリント類は、持ち帰ってくるたびに間違い箇所は「わからん帳」に、あっているところはその都度ゴミ箱いきなので、これだけやっても30分ほどの作業でした。
「わからん帳」は、だいじに次の夏休みまでとっておいて、夏休みに見直す予定です。

さて、わからん帳をつくった娘ちゃんがこの日に選んだどんぐり問題は<2MX07>です。
2年生問題は難しいという思っている節があるので、「できそうなヤツをえらんだら」といったら、過去に類題をやっているバッタ君問題を選びました。

<2MX07>
バッタのピョンピョン、バサバサ、バタバタの3人が105円のサイダーを買うのに、
お金を出し合いましたが、皆で81円にしかなりませんでした。
足りない分は、3人のお母さんが、出してくれることになりました。
では、お母さんは一人何円を出すことになりますか。

2-07

類題を2題ほどやっているので、楽勝かと思いきや。。。。
お母さんが出すお金がいままでのように簡単にはわかりませんでした。 
今回は、お金ではなくて数字で1円ずつおかあさんに割り振りました。
が、子供たちで81円集まったのに、お母さんたちが出すお金を81円目から配ってしまい、おかしい???
自分でおかしいことに気が付いて、今度はうまくお母さんたち3人が同額ずつお金を出すようにできました。
最後にお母さんたちが払うお金を描いて完成しました。

いつになく時間がかけて考えることができました~

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
 

添削 9回目 <0MX93>

娘ちゃん、どんぐり先生の添削9回目を受けました。
今回は不正解の問題をおくってみました。

<0MX93>
うんこが 18こ やまに なっています。
そこへ フンコロガシが 1ぴき やってきて、2こずつ うんこを もっていきます。
うんこを みんな もっていくには なんかい かよわなければ いけないでしょうか。

0mx93-f-tn-t-g1

いろんな形のうんこが勢揃い。
2個ずつに囲んでいって、いい感じだったのですが、1グループ数えわすれてしまいました。
いままでだったら、かなり不機嫌になっていたのですが、この日は「わからん帳ね」の私のことばにもにっこり笑って終わることができました。

レオン君、目が点になって「アッ」
これを見た娘ちゃん「どんぐり先生まちがえてもいいんだねー」と、いっておりました。

親子ともにこうなるまでにすこし時間がかかりました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

遊びまくりしゃべりまくる春休み 1MX45

娘ちゃんの春休みがスタートしました。

午前中にどんぐり問題を1問やったら、あとはずっと遊びまくっております。
近所のお友達と外で遊んだり、家の中で遊んだり、おばあちゃんちで工作したり、おままごとしたり、家に帰ってきたら弟とまた遊びます。
そして、一日中しゃべりまくり。
うちの子こんなによくしゃべったっけと思うほど。。。。
それから、朝の目覚めもよくなりました。
朝の身支度やなんかも早くなりました。

そんな楽しい春休みをすごしている娘ちゃんが選んだどんぐり問題は<1MX45>のフンコロガシ問題です。
電線亀は面倒そうだからフンコロガシにしたそうです。

<1MX45>
おおきなウンコが 20こ こうえんに ころがっています。そこへ、こうえんの そうじを している フンコロガシが 2ひき やってきて、それぞれ3かい、1こずつの ウンコを ころがして いきました。
では、フンコロガシが かえったあとに のこっている ウンコは なんこになるでしょう。

1-45

まず「ウンコ」におおうけして、ウンコをかきました。
フンコロガシがわからないというので、コガネムシみたいなの虫と答えておきました。
そして、できあがった絵が上です。
フンコロガシくんはトイレにウンコを運ぶようです。
そして、見事に正解でした!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


 

値付けもバッタも進化しました 1MX55

この日は娘ちゃんがスーパーの折り込み広告をみて、お父さんに「なぜ値段は最後が8というのが多いのか」きいていました。
「300円よりも298円のほうが、ほんとうは2円安いだけだけど気分的にもっと安いような気がするでしょ」
「8という数字は末広がりといって、縁起のいい数字っていうのもあるんだよ」
なんて、お父さんが説明して、娘ちゃんもなるほどーと聞き入っていました。

そんな日の夕方に娘ちゃんが選んだどんぐり問題は、<1MX55>です。

<1MX55>
バッタのピョンピョン、バサバサ、パタパタの3人が、28円のサイダー1本を買うのに、お金を出し合いましたが、皆で19円にしかなりませんでした。足りない分は3人のお母さんが出してくれることになりました。では、お母さんは一人何円出すことになりますか。

1-55

少し前に類題をやったばかりです。

お店屋さんにはおすすめ商品がずらり。
値段は全部最後が8になっています。
なんだか本物っぽい値付けですね~

この日は子供バッタは緑、お母さんバッタは茶色に色を塗っています。
大人になると色が変わるんだよと、教えてくれました。

最後は、進○ゼミのDMに入っていたおまけをみながらコ○ショも描いて余裕の正解を出しました。
この日は、おやつを食べながらかなり楽しいお絵かきとなりました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

頭の中でできちゃった? 0MX54

前回は1年生問題をやったから、今日は年長さん問題をやるねと娘ちゃんが選んだどんぐり問題は<0MX54>です。

<0MX54>
ごはんと ごまの かずを かぞえてみると ごはんは ごまよりも 4つぶ おおくて、20つぶ でした。
では、ごはんと ごまを あわせると なんつぶに なるでしょう。

0-54

はじめの1分を読んだところで、娘ちゃんはいきなり、ごはん20粒とごま16粒の絵を描いてしまいました。
もうこれくらいの問題は考えなくてもすっとかけてしまうようになってきたようです。

それでも私が「これじゃあ、ごはんがごまよりも4粒多いって、絵で分からないなー」といったら、おもむろにはじめの絵にはバツをうって、下に書き直してくれました。
「あー、これならお母さんにもよくわかるよー」

こんなふうに書き直させる必要はなかったのかな?
大きなお世話だったかしら?


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ



絵日記の宿題は家でやらない(やれない) 1MX20

娘ちゃん、このごろ学校からいろんなものを持ち帰ってきます。
3学期に宿題でやった絵日記の綴りも持って帰ってきました。
母が読んだことのない日記がずらり。
楽しく読ませてもらいました。

なぜ母が読んでない日記ばかりかというと。。。
絵日記の宿題は週末に出されます。
金曜日に娘が帰ってくると晩ご飯前に宿題を親子で片付けて、月曜日の時間割をします。
でも、絵日記はこの段階では書くことがないということで、やりません。
土日は楽しく遊び回り、娘ちゃんは宿題のことなど思い出しもしません。

 2学期までは、たいてい私が日曜日に気がついてやるように促していました。
3学期になってからは、私は気がついても言ってやらないようにしちゃいました。

当然、やらずに月曜日は登校します。
どうするかというと、朝はかなり早い時間に学校に到着しているようで先生が来る前に書いてしまうそうです。
3学期はほとんど家で絵日記をすることはありませんでした。
本人は困っていないし、これはこれでいいのかなー

さて、こんな娘ちゃんが3月15日にやったどんぐり問題は<1MX20>です。
「だんごまるお」くんに惹かれて選びました。

 <1MX20>だんごまるおくんは、おかあさんから 20えん、おとうさんから 50えん、おばあちゃんから 30えん、おじいちゃんから 20えん もらいました。きょう、まるおくんは、もらった おかね みんなを つかって おもちゃとノートを 1さつ かう つもりです。ノートは、1さつ  70えん です。では、おもちゃは さいこうで なんえんの ものを もらうことが できるでしょうか。
1-20

娘ちゃん、おかあさんの20円とおとうさんの50円をつかって、70円のノート1冊を買うという絵を描きました。
残りはおばあちゃんの30円とおじいちゃんの20円を数えて、答の50円を出しました。

娘ちゃん「まるおくんが女になっちゃった!」と気にしておりました(笑


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


添削8回目 1MX97

この日はどんぐり先生に出す問題をやろうといったら、娘ちゃんは<1MX97>のバッタさん問題を選びました。
ピョンピョンン、バサバサ、バタバタというのに大うけで。

<1MX97>
バッタのピョンピョン、バサバサ、バタバタの3人が、98円のサイダーを買うのにお金を出し合いましたが、皆で62円にしかなりませんでした。足りない分は3人のお母さんが出してくれることになりました。では、お母さんは一人何円を出すことになりますか。

1mx97-f-tn-t-g1

娘ちゃんはいったいどうやって解いたのだろうと聞いてみると。。。。
子供バッタで62円。
お母さんバッタそれぞれに10円玉を1枚ずつおいて、72円、82円、92円。
その後、1円玉を順番に配って、93円、94円、95円。
まだ足りないから96円、97円98円でぴったり!
へ~~~こういうことも考えられるようになったんだね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

どんぐりブログ

  • ライブドアブログ
ブログパーツ アクセスランキング