りんごのどんぐりノート

家庭学習に「どんぐり倶楽部」をしてます。 小2の娘と年長の息子をもつ母が日々子育てについて感じたことを綴ります。

この頃よく間違えるね<1MX23>

娘ちゃんのクラスでは、宿題やテストの返しは朝するそうです。
間違いがあったら、直して先生に提出。

娘ちゃん、お友達に「このごろ○○ちゃん、よく間違えるね」と言われてしまったそうです。
よく間違えているのは、母です。
娘ちゃんは、去年よりも確実に間違えなくなっています。

漢字にしても、算数にしても、1年生の解きに比べ2年生は格段に面倒になってきています。
マシーンもたいがい嫌になっているので、よく間違えちゃうんですよね。
母に間違えを直す子供。。。。。
ごめんよ~~~

娘が「やってもらっているんだからいいよ」と、言ってくれるのがうれしい母なのでした。

<1MX23>
カメむしはなこさんと おおカマキリこさんは、おまつりで わたがしを 10こずつ かいました。
そして、ジャンケンを しながら かえりました。 ジャンケンで かったひとは まけたひとから、
わたがしを 1こ もらえます。 ジャンケンは、カメむしはなこさんが 2かいで おおカマキリこさんが 
5かい かちました。 では、どちらが、なんこ すくなく わたがしを もっているでしょう。
1mx23-f-nt-t-g2-1
なんと、カメむすはなこさんも、おおカマキリこさんもテントウムシでした。

1mx23-f-nt-t-g2-2
ジャンケンの表までかいて、正解!


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


 

できるより好きが大事<2MX20>

娘ちゃん、昨年の秋までは運動系の習い事を選手クラスでやっていました。
一般クラスの時は楽しくやっていたものの、選手クラスになってからは、イヤイヤ、怒りながら、あるときは泣きながら家で練習をしたものです。
思い出しただけで、親子でつらかったわー
早く見切りをつけたのが、せめてもの救いです。

そして、この春からは芸術系の習い事を始めました。
宿題はないけれど、まったく上手とはいえないけれど、とっても楽しんでいて毎日家で自主練しています。
やっぱりできるできないよりも、好きということが大事なんだなと、娘をみて母が実感しています。

<2MX20>
クジラのマッコ君、ザット君、シロナガ君が宝探しをしています。
どの宝箱にも2個の宝が入っています。
今回は3個の宝箱をみつけたら1度ゴールにもどります。
今、マッコ君が4回、ザット君が4回、シロナガ君が7回ゴールに来ました。
では、3人みんなでは何個の宝を探したことになりますか。

娘 2年7月
2mx20-f-nt-t-g2

クジラの宝箱の問題は何度かやっているので、スムーズにとけました。
前は5ページも6ページも使って解いていましたが、今回は4ページでした。
ちょっとは進化したのかな。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ





 

同じ漢字を同じように間違える<1MX67>

娘ちゃんの漢字ノートをみたら「分」という漢字が直されていました。
2画目は、はらうのが正しいのですが、なぜかとめてしまいます。

そして本日の漢字の宿題を娘がやり、残りをりんごがやろうとすると。。。。
またもや「分」の2画目をとめていました。
全部でこの漢字が3回出てきたのですが、全部です。

漢字練習帳を印刷して大きく1文字「分」の練習をしてもらいました。
が、またもやとめてしまいました。

これはもうイメージフィックス法しかないとと思い、じっと見る、頭の中で再現、空書きして、最後にまた大きく書いてもらいました。
さすがに、今度は大丈夫でした。
これで、次は正しくかけるかな?

さて、この日に娘ちゃんが選んだどんぐり問題は<1MX67>のバッタ問題です。
どうもバッタ問題がやりたかったようで、時間をかけて探していました。
どうも最後のバッタ問題のようです。

<1MX67>
バッタのピョンピョン、バサバサ、バタバタの3人が105円のサイダーを買うのにお金を出し合いましたが、皆で81円にしかなりませんでした。足りない分は、3人のお母さんが出してくれることになりました。
では、お母さんは1人何円出すことになりますか。

n1-67-1

今回はリボンや帽子をかぶったおしゃれバッタが登場。
子供みんなで出したお金を絵で描き、足らない分を追加して105円にしました。
すると24円足らないことがわかりました。

n1-67-2

24円をすべて1円に両替して、3つずつ丸で囲みます。
すると8つのグループに分けられることが分かったので、それぞれのお母さんバッタに8円ずつ分けてできました!
絵も説明もステキでした!
ついでに、お母さんバッタの表情もおもしろい。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
 

もじもじが直ってきた<0MX97>

娘ちゃんは、親といっしょのときは自分で他の大人になにか伝えたりすることができませんでした。
ほしいものがあったり、やりたいことがあっても、自分で直接他人にお願いできず、親に言ってやってもらうんです。
とにかく、親に張り付いて離れられないことが多かったのです。
実はりんごはそのことが心配だったのです。

それが、今日とあるイベントに行ったときのことです。
お菓子やジュースがもらえるのですが、自分から率先して、ジュースをもらいに行けました。
少し離れたところで、なにか食べ物をつくるデモしていたのもめざとく見つけて一人でそれを見にいきました。
そして、自分でほしいといって、「やきそば」をもらって家族のところへ戻ってこられました。
いままででは、考えられないことです。
ようやく、こういうことができるようになったんだね。

息子君も同じようなタイプで、今日はお父さんにべったりとくっついて、食べたり飲んだりもしないほどでした。
息子君にもこういう日がそのうち来るんだろうね。

さて、少し前にやったどんぐり問題は<0MX97>です。

<0MX97>
うんこが 18こ やまに なっています。そこへ フンコロガシが2ひき やってきて、3こずつ うんこを もっていきます。
うんこを みんな もっていくには なんかいずつ かよわなければ いけないでしょうか。

0mx97-f-nt-t-g2

以前類題をやったときには、2匹でなんかいずつというのが、わからなかったのですが、こんどはそれが理解できていました。
進化しているね!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
 

春休みのタイムスケジュール<1MX80>添削10回目

娘ちゃんの本日のタイムスケジュールを公開。

6時半 起床
7時   朝ご飯
8時半 親の仕事場へ
9時  どんぐり問題を1問
10時  おばあちゃんと遊ぶ
10時半 お友達と公園で遊ぶ
12時  お昼ご飯
13時 お友達と外で遊んだり、お友達Aちゃんの家に行ったり、お友達Bちゃんの家に行ったり
17時 帰宅 弟と遊ぶ
18時半 晩ご飯
19時 お風呂
20時 就寝

春休み中の平日はほぼこんな感じです。
これって、普通?遊びすぎ?

さて、こんな春休みをおくっている娘ちゃんが選んだどんぐり問題は<1MX80>です。
娘ちゃん的にもちょっと難しそうなのを選んだと言っております。

<1MX80>
クジラのマッコ君、ザット君、シロナガ君が宝探しをしています。どの宝箱にも2この宝が入っています。
今回は3個の宝箱を見つけたら1度ゴールにもどります。今、マッコ君が4回、ザット君が4回、シロナガ君が7回ゴールしました。では、3人みんなで何個の宝を探したことになりますか。

1mx80-f-tn-t-g2

もくもくとずいぶん長い間絵を描いていました。
全部で5ページも。
数え間違えることもなく正解がでましたよ。
糸山先生、かわいい添削ありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ



 

冬水筒かいました 1MX37

娘ちゃん1リットル弱の水筒をずっと使っていました。
冬はあまり飲まないし重たいので、1月の終わり頃から300mlほど入るステンレスボトルを購入し持って行くようになりました。
かわいい絵がついて、お値打ちだったので購入しました。
でも、きいたこともないメーカーのものです。

それが3月に入ってすぐに、蓋についている部品が取れて壊れてしまいました。
それまでしらなかったのですが、自分で締めた蓋でも開けられなくてよく先生やお友達にお願いしていたとか。
たしかに私でも少し力がいるなとは思っていましたが、まさか毎回お友達や先生に頼んでいたとは。。。。

これは違うものにするしかないと思い、ネット上の評判もよく友人のお子さんもつかっているという「THERMOS 真空断熱ケータイマグ」と「 ペットボトルカバー 」を購入しました。
  

やはり評判がいいだけあって、つくりもいいし、パッキンが取り外し取り付けが楽にできて毎日に洗うのが苦になりません。
水筒をペットボトルカバーに入れてランドセルに引っかけてもっていっています。
娘ちゃんもかわいい絵はついていないけど、気に入ってくれました。
大事に使ってね。

さて、この日に娘ちゃんが選んだどんぐり問題は<1MX37>です。

<1MX37>
あかたまごと あおたまごと きたまご 5こずつで くらいどりあそびを しました。十の位に つくと 10点、一の位に つくと 1点 ゲットできます。あかたまごの ごうけいは 32点、あおたまごの ごうけいは 23点、きたまごの ごうけいは 41点でした。 十の位に ついた たまごと 一の位に ついた たまごでは どちらが なんこ すくないでしょう。

1-37-1

はじめに描いた絵がこちら。
これではできないと次のページへ。

1-37-2

位取り遊びというのがよく分からないようなのですが、絵を描いたらなんとか答は出てしまいました。
「どちらがなんこすくないでしょう」という問いに「10のくらいのほうが3こおおい」と答えてしまいました。
そんなわけで、とりあえず「わからん帳」に入れておきます。

このあと、娘ちゃんと弟君とりんごで位取り遊びをしたら、ようやくどういう遊びかわかったようです。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ



3ヶ月で進化した 1MX33

昨年の11月から宿題制限をはじめ、学校から帰ってきたら友達の家に遊びに行けるように送り迎えをするようになりました。
ここのところ私が忙しく友達の家への送迎はできなくなりました。
すると、娘も考えて自分で歩いていけるお友達と遊ぶ約束をしてくるようになりました。
それこそ、学校から帰ってくるとランドセルを置いて自分で遊びに行く毎日です。

毎日遊びに忙しい娘ちゃんが土曜日に選んだどんぐりも問題は<1MX33>です。

<1MX33>
テントウムシしょうがっこうの 1ねんせい 100にんが あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつに ならんで います。
あかぐみは あおぐみより 8にん おおくて、 あおぐみは みどりぐみより2人 すくないそうです。
では、あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつは、それぞれ なんにんずつが ならんでいるのでしょうか。

1-33


はじめ丸をたくさんかいて解こうとしましたが、それではたいへんだと悟ったのか、10人をひとくくりにして、考えています。
意外とすんなりとけました。

実はこの問題は昨年の10月に丸を100個かいて解けなかった問題です。
本当は夏休みにやるように分からん帳行きだったのですが、私が間違えて渡してしまいました。

うんうん、3ヶ月熟成されて、進化して、すんなりとけてしまいました。
こういう進化がみられて、母はとってもうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

いまさら夏休みの反省とどんぐり式夏休みの過ごし方

どんぐり先生のブログに夏休みの過ごし方があったので、わすれないようにメモしておきます。
同一問題の秘密(文責:どんぐり倶楽部)」という記事のなかです。

---引用開始---------------------
「分からん帳」は夏休みにだけすることをオススメします。
 年に1回夏休みに1日1題のみ。
 この時期は他にはしません。
 宿題もなし(最初の2-3日で家族全員で終わらせる)。
 どんぐりも「分からん帳」だけ。
 で遊びまくる。
 こうすることで、もっと、リズミカルにストレス無く進めるようになります。
 この状態でないと、
「同じ問題を違った解き方で解いてみるかな」
 という、最高のコンディションには、なかなかなりません。
 思考の忍耐力とともに、これが欲しいんです。
---引用終了---------------------

いまさらながら娘ちゃんの去年の夏休みの反省です。
娘ちゃんというよりも私の反省かな。

娘ちゃんの一年生の夏休みの宿題は、どんぐり倶楽部と出会っていたにもかかわらず、すべて娘ちゃんがやりました。
感想文とか工作とかはお手伝いしましたけど。
まだまだどんぐり倶楽部を私が分かっていなかったんです。
過去ログも読んでいなかったし(ザ・言訳

このときは娘がとあるスポーツの選手コースに足をつっこんでいました。
週3回の練習、それ以外に強化練習があり、さらに家での基礎練習・ランニングなんかをこなしていました。
はっきりいって、親子でシンデイマシタ。
娘の目が本当にシンデマシタね。

娘は夏休み後半からもうこのスポーツをやめたいと言い始め、私もこのままいつまでやるのかと疑問がわき始めました。
そして2学期が始まりこのままでは娘が潰れてしまうと思い、ほんの2ヶ月半で選手コース生活をやめました。
選手コースをやめて一般コースに戻るという選択肢もありましたが、そのスポーツ教室そのものをやめました。

娘ちゃんの初めての夏休みは、宿題とこのスポーツの思い出ばかりかもしれません。
いま思えばとてもかわいそうなことをしてしまいました。
すぱっとやめたのがせめてもの救いでしょうか。

2学期が始まると、やっぱりこのスポーツ教室に行っていたせいで、お友達と遊ぶ時間がありませんでした。
家に帰ってきても学校の宿題とスポーツ教室の基礎練習の宿題で毎日いっぱいいっぱいだったのです。

それがやめたら、毎日友達と遊べるようになったし、11月からは私が宿題を制限するようになってますます遊ぶ時間が増えました。
今はのびのび元気な娘ちゃんです。

今年の夏休みは家族みんなで宿題をやっつけて、お勉強は「分からん帳」の問題を1日1問だけやる!
あとは、遊んで遊んで遊びまくってね、娘ちゃん!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ




算数で絵をかいてはいけないなんて・・・

ひとつ前の記事の続きで、また小学校1年生の算数の記事です。

2学期の終わり頃、算数のテストで絵をかいて考えてはいけないと先生が言っていると娘からききました。
落書きではなくて、問題を解くための絵がダメなんだそうです。

私は最初はどうしてだろうと不思議に思いました。

ちょっと考えてみると、指折り計算を禁止するくらいの先生ですから、当然式をかいて暗算で計算してほしいというこなんだなと私は思いました。
絵を描いてしまったら、数えるだけで答がわかってしまいますから。

それにしても、絵を描いて考えてはいけないなんてあんまりですよね。
「絵がかける=わかる」じゃないのかな。
絵をかくことを禁止して、文章問題は「あわせて」は足し算、「のこりは」は引き算とおしえる先生 って、どうなんでしょうね。

娘には普段から絵を描いて考えるようにと言っていたので、学校ではどうしているかきいたら、
「小さくかいて消している」と。
なんか不憫だわ。
そのままにしておくと、丸をもらえないし消すように先生に言われるんだって。
現にそうさせられた子がいたそうで。。。。

そんな風だったのに、3学期になったら絵を描いてはいけませんと先生は言わなくなったそうです。
メインの先生とサポートの先生と二人の先生で教えてくれているのですが、二人でこそこそと「みんな絵をかくようになっちゃったね。これからすこしずつかかせないようにしていけばいいか」「しょうがないね」と話していたとか。

なにかクレームが入ったから、しかたなしに絵を描くことを禁止するのをやめたと言わんばかりの会話です。
これって、全国的にそうなってしまっているんでしょうか?
それとも、たまたまそんな先生にあたってしまっただけなのか?
うーむ。

なにはともあれ、指折り計算も絵をかくことも禁止されなくなってよかったわ。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


計算に指は使っていいの?だめなの?

小一の娘が通っている小学校では、1学期に繰り上がりのない足し算と引き算までを学習しました。
宿題では計算カードをやっていました。
娘がたまに答につまるので、指を使うように言うと、
「先生が指は使っちゃいけないっていうもん」と娘は半泣き。

え~~~~~
なんで~~~~
と、初めて私は算数の指導法に違和感を覚えました。

次に夏休みなるとその計算カードを2分以内に全部言えるように毎日やりなさいという宿題がでました。
私もバカ正直にはじめはやらせましたが、なかなか2分は切れません。
普通にゆっくりやればできる計算も、カードで速く言おうとすると間違えます。
そのたびに「指使いなよー」といい、そのうち「指を使いなさい!」に変わっていきました。
お盆前には、できるのに毎日やることもないので後半はやらせませんでした。

2学期になり、先生は指を使って計算する子には指を使わないようにかなり強く指導するようになったそうです。
娘も指を使うときはこっそりかくれてやっていたそうです。
たまにお友達にみつかると「つかっちゃいけないんだよー」と、言われたとか。

それが3学期になって、ころっと先生の指導法が変わりました。
「指はどんどんつかっていいですよー」

娘は「先生変わった!」と思ったそうです。
たくさんの子供たちが「指をつかってよくなったのー」「かわったね」と口々に言っていたそうです。
いままで指を使っていた子はかなり喜んだとか。
「ゆびをつかったら間違えなくなった」という子もいたとか。
そして、このごろはほとんどの子が指をつかって計算しているみたいです。
ようやく自由に指を使えるようになって、みんなそのうちだんだんと指折り計算は卒業していくんでしょうね。

先生のこの豹変ぶりは、きっとどなたか保護者が先生になにか言ったんでしょうね。
こんなにコロッと変わるってことは信念を持って指を使わせなかったわけではないんだろうな。

続きがまだあるよ。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

どんぐりブログ

  • ライブドアブログ
ブログパーツ アクセスランキング