空を見上げて

梅雨末期

毎年7月の梅雨明け前には雨の被害が出ているのですが、今年は特に雨が多い年になっています。
植栽にはとても適しているので、小雨ぐらいでしたら春の花を抜いて、夏から先に咲く花へ植え替えをしています。
月曜日には長野県産の種から育てた山野草キキョウやオミナエシなどを1500ポット
新たにゲレンデに植え付けました。

スキー場の職員、普段は事務や営業担当16名が一緒に作業をしました。
今まで細々と耕し石を取り除き、雑木の剪定をしていた作業が半日ですべて終了。
配置する私は走り回りましたが、なんとか雨の降る低温の時期に植えることが出来て安心しました。

山野草を主とした景観なのですが、それだけではどうしても弱いので、建物回りには石を活かしたロックガーデンを作り、希少な野草を植え付けています。

今は咲かせることより根付かせることが何より大切ですので、花はすべて切り戻し、葉の量も減らしました。植えた野草の周りには腐葉土をまいてもらいマルチしました。

須坂市のO神社のサクラが、枯れたと電話があり、
画像を送ってもらうと大量のナラタケ属、私が信頼している栗栖樹木医に診てもらうと、
ここまで大量に出てしまうとやっぱり枯れますねと。
枯れないナラタケ属もあるそうですが、根絶するのは難しいとのこと。

菌根菌に関わるようになり、土壌中の菌のことを理解したいと思いますが、
目に見えない世界であり、コロナですら防ぐ薬がないのですから
ナラタケ属で枯れた場合は、そこで咲かせることは、今はあきらめていただくしかないようです。
s-IMG_1022
s-IMG_1038







hukusukerinkasa  at 16:05  |  この記事をクリップ! 

看板に偽りありにならないように

九州では大雨の被害で、昨年の秋の長野県での被害を思い出してしまいました。
今朝被害に合った河川敷では、トウモロコシが実り始め、再生力と生命力の強さを感じながら
本社まで来ました。

昨日は朝一番で軽井沢植物園に行き、開花中の野草と資料館をゆっくり見てきました。
氷河期の生き残りとして軽井沢には、コアジサイ・ギンバイソウ・ミツバツツジ・レンゲショウマ・オオツクバネウツギなどが自生しているそうです。
軽井沢で発見された野草として、アサマキスゲ・ムラサキセンブリ・ホソバヤマシャジンなどがあり標本が展示されていました。
植物園としての活動として、希少種の保護や増殖なども行っていると表示されていました。

アウトレットや、銀座商店街・ハルニレテラスは人混みがすごかったようですが、植物園では2時間いてもほとんどすれ違うこともありませんでした。

気持ちの良い環境・景観としての植栽はもちろんですが、同時にゴミ箱・看板・花の名札など、一緒に考えてほしいと依頼されました。
男性目線でなく女性目線が必要だと。

今朝TVでディズニーランドの元社長さんも話していましたが、拡張よりもソフトの充実、中身が大切だと。
山頂ばかり花で飾っても、村の入り口、観光案内所周辺から美しくきれいにしていかないと、わざわざ来ないと思います。
明日の午後は住民の方と、赤いサルビア以外の花で夏を美しく彩る寄せ植えの説明会を行います。
午前中はまた別の、高原の施設周辺の緑化についての打合せ。

山には山の花を、
どう美しく自然に見えるように植えるか。
山野草を専攻し、造園業で働くものとして、追求していきます。

s-IMG_0831
s-IMG_0784












hukusukerinkasa  at 13:48  |  この記事をクリップ! 

公共花壇と球根の予約

連日N温泉村スキー場山頂に通っていますが、ブヨや、アブがたくさんいて蚊取り線香に、虫よけネットをして作業をしています。先日は両耳を4ヶ所づつ刺されて、水膨れになりマンガの怪物君みたいと笑われてしまいました。
そんな中、初参加のJ君は、剥いだ芝生をダンプに積んで土捨て場まで何往復もしてくれました。
さらに硬い植栽地に、大袋の腐葉土を50袋混ぜ込む仕事まで、仕事が進んで頼もしくてありがたかったです。

広いゲレンデにはいろんな植栽ゾーンがあるので、来週以降は宿根草の植え込み作業に入ります。
普通はデザイナーさんがいて花壇図面があっての仕事なのですが、今回の現場は私の頭にしかないので入手できる耐寒性のある野草で、レイアウトを考えます。

今日は大手の種苗会社Fさんから秋植え球根のリストが送られてきました。
画像ナシのカタカナ名だけですがムスカリだけで20種もありました。すばらしい。さすが日本最大大手の品揃え。もちろんロットは100球単位ですが、そんな数は公共の場合普通に使用しますので、ネットで検索して性質を調べて公園や、工場緑化にこの秋植えようと思います。
今年はステイホームで、苗や球根などのネット通販が倍以上で品切れももう出ているそうです。
春に咲かせる球根は今予約の時期なのです。

北信地方は雪が降るので塩カルに耐える種類、耐寒性マイナス10℃で枯れない種類など、少し制約はありますが、公共の道路、公園をもう少し彩のある風景にしていきたいと思います。
s-IMG_0656
s-IMG_0715




hukusukerinkasa  at 19:47  |  この記事をクリップ! 

公共緑地花壇

最近インスタグラムを始めて、何が素晴らしいかというと、連日イギリスやドイツなどの種苗会社、ガーデナーなどの画像・動画付きの情報が入手できることです。
数年前までイギリスに手紙を送ってカタログを取り寄せ、種を輸入、園芸雑誌を1冊1800円で取り寄せていました。ビデオもイギリスは型が違うので、専用の機械を購入して見ていました。

ところが今はネットで購入、翻訳も付いているので間違えることもなく、常に最新の情報でアップされ、草花もカラーで動くので花の大きさなど植物の情報が本当にわかりやすくなりました。
ドイツ語もオランダ語でもインスタはすぐに訳してくれます。

インスタでの一番の関心記事は公共の緑化で、潅水が楽で、草取りなどの管理もあまりかからない自生種を取り入れた植栽。海外では低木ではなく、宿根草の混植をしています。混植は害虫や病気を寄せ付けないこともわかってきました。植物同士の共生関係の利点です。

残念ながら長野県内ではまだサツキやアベリア1種類の単調な植栽が多いのが実状です。
デザインや色どりはあまり考えていません。

画像の1枚目は海外の最近の緑地帯で、グラスや宿根草を植え、1年中咲いていなくても葉の色などで景観を見せる工夫をしています。

長野市でも車の往来の激しいところでは、植え替えがままなりません。
1年中裸地でいるのであれば、せめて春だけでも咲く丈夫な球根で。
ミニ水仙や、チオノドクサなどの小球根を植え、開花時期をずらして種類の組み合わせで長く咲かせてみたい。
長野市では実験的に7年前に植えたムスカリの藍色の品種が春になると毎年咲いています。

誰かが取り組まないと公共の花壇は変わっていきません。
みんなが平等に通る道、多くの人が集まる公共スペースの緑にこれからも力を入れていきたいと思います。
s-公共花壇


(画像はnigel.dunnett さんのインスタより) 



hukusukerinkasa  at 05:05  |  この記事をクリップ! 

プロ意識

一本木公園も月曜日から通常の状態にもどり、誰でも無料で入れる公園になりました。
ながの緑育協会でも休んでいた講座を開いたり、花苗の交換会なども今週は予定されています。

プロとして、植栽プランを考えるときに、
いつ花を見せたいのかということはとても大切です。

s-IMG_0097


7月20日〜8月いっぱいなのか、1年中なのか。
中野市のバラ祭りは通常は6月の2週目で終わりですので、
いつもの年でしたら有料期間中特にきれいに咲くことが出来るように、
手入れはかかせませんでした。
今年は3週間閉鎖でしたので、バラも春の花もほとんど終了してしまいました。

解除後の月曜日、みなさん花が見たくてたくさんの人が朝から公園に来ています。
枯れたままにしておくわけにはいきません。

夏のタチアオイや秋のダリアに向けて、春の花を抜いて植え替えます。
これは梅雨の晴れ間しか出来ません。

山頂のロックガーデンも石組みは順調に進んでいます。
あとはどう美しい絵をキャンパスに描いていくか

経験を積んで、今の年齢になったからチャレンジ出来るのかもしれないと
このごろ思います。

「計画は実行しながら練り直せ」

最近の私のお気に入りの言葉です
(画像は ポピー アメイジンググレイ 今年の新品種です)

s-IMG_0085[1]






hukusukerinkasa  at 16:43  |  この記事をクリップ!