2014年06月28日

アラベスクのヌルヌル解消!

目白スタジオの小さい生徒さんの夏のミニコンサートが2週間後に迫っています。

アラベスクをヌルヌル弾いたYちゃん。

メトロノームを使っての練習が功をそうして今日のリハーサルは安定したテンポにヌルヌル解消。

とても立派になりホッと一息でした。 

良いリズムと歯切れのよい音!

賢い演奏といった感じが中々良い。

次に表現力が増し、生き生き演奏出来ればはなマルです。
 


2014年06月26日

少しだけメトロノーム!

 発表会やコンクールが近づくとどうしてもツェルニーやハノンがあとまわしになります。

普段から練習がはかどっているこどもは練習してある全ての曲のレッスンが出来るので心配はないのですが、練習が足りないこどもはこの間指のテクニックは結局安定しないまま演奏会の曲だけお化粧する事になるのが心配なのです。

ブルクミュラーのアラベスク、導入のこどもに人気No.1の曲です。

ラシドシラ・・・ラシドレミ・・・レミファソラ・・・ラシドレミ

この音形・・・ほうっておけば速いテンポで弾くのが嬉しくてほとんどヌルヌル状態になるのです。

今日も2人アラベスクをレッスンしましたが、ヌルヌルするのはゆっくり練習が苦手なこども。

なんでもちゃちゃ!とやってしまうこどもに結構多いのです。

落ちついてじっくり練習するためにやむなくメトロノームを使いテンポを徹底します。

こども一人でメトロノームを使いこなす事は難しいので必ずお母様がメトロノームに合わせて手拍子をします。

その手拍子を聞きながら弾くようにするとテンポが安定します。

しばらく毎日の練習の80%くらいはゆっくり練習をします。

メトロノームはなるべく使用したくはないのですがこどものうちにテンポ感を身につけてしまいたいのです。

拍感をつけるためにもゆっくり練習の時に少しだけメトロノームを使いましょう。



 

2014年06月02日

大阪ヤマハ心斎橋店でツェルニー&ハノン

5月にこどものソナチネが発売になりました。

こどもにわかりやすく楽曲分析(アナリーゼ)が出来るようにとの思いで出来上がった曲集です。

ゼンオン関係者の皆様ありがとうございます。とても気に入っています。

これまでに3冊のこども用楽譜が出版されていますが、大阪ヤマハ心斎橋店でもツェルニー、ハノン、ブルクミュラーの売れ行きがとても良いそうです。

6月4日水曜日にセミナーに伺う予定です。

皆様にお会いできますこととても楽しみにしています。

ハノンをコツコツレッスンしていますと、電子ピアノで練習しているこどもも少しづつ音に変化が出て、思わぬ効果が期待出来るようになってきました。

音色に変化がつかない。

指がフニャフニャ。

というこどもが多く先生方が困りはてているという話をたくさん聞いていましたので、練習方法や目標設定を設け何とかこども自身で考えながら練習出来るようにとの思いで出来上がった曲集ばかりです。

ピアノの先生方が魅力的な先生になって、生徒さんに基礎力を徹底してつけていただけるよう今回も有意義なセミナーにしたいと思っています。

親御さんがこどもに対してどのように接するとこどもの能力が増すのでしょう。

その辺の話も4人のこどもを育てた私の経験でお話させていただきます。




 


ギャラリー