Rhythm in Life

〜音楽でよりよい生活を〜

「みんなで楽しく楽器を鳴らそう」終了〜

音の輪DC









ここ数年、夏の恒例行事となっている
子どものための音楽療法サークル「音の輪」さん企画の
練馬区教育委員会委託 すまいるねりま遊遊スクールのイベント
「騒いじゃっても大丈夫! みんなで楽しく楽器を鳴らそう」。
今年も楽しく盛り上がってきました♪

この企画は、知的障害のある小中学生とそのご家族のためのドラムサークル。
なので、音楽療法サークル「音の輪」さんのクライアントさんだけではなく、
いろんな方が集まるとのこと。つまり…どんな人たちが集まるかは
行ってみてからのお楽しみ♪

というわけで、普段の音楽療法セッションとは違い、
その場に集まる人たちの様子を見ながら、
即座にアセスメントをし、活動の方向を決め、
チームメンバーに周知し、音楽を作りながらすごすという
観察力や決断力、柔軟性やチームの力やらが
思いっきり試されるドラムサークル♪

大きい音が苦手な人はいないかな?
盛り上がりすぎちゃって困っている人はいないかな?
お子さんの様子が心配なパパママいないかな?
みんな、安心して活動できているかな?

そんなことを少しずつ見ながら、音楽をかえたり、言葉かけしたり、
時間をかけて叩きながら待つことであっという間に全員が一つのグループに♪

子どもたちはとっても正直だから、しばらく自由に叩いてもらうと
その「自由」を本当に楽しんで、好きに叩いたり、振ったり、動いたり。

でも、少しして飽きてくるとすぐにキョロキョロしたり、
演奏する手を緩めたり、ウロウロしたり(笑)。

そうなったら、ファシリテータのお仕事。
おもしろいこと思いついている人いないかな?
いろんな楽器の音がみんなに聞こえているかな?
いろんな人が集まっているってわかっているかな?
みんなが「あなた」を見ていてくれるって気づいているかな?
みんなで一つになるって気持ちいいかも、って知ってるかな?

そんなことを伝えるために、少しずつ活動の流れを緩やか〜に
動かしたり、見守ったり。時には「やってみる?」と提案したり。

おもしろいとのってくれるけど、つまんないと思うと知らんぷり(笑)
「あらら、これじゃダメ?」とこっちももっとおもしろそうなものを提示してみる(笑)

そんな一人一人の参加者とやり取りしながらのDC、いや〜、楽しかったぁ〜〜。
でも、緊張したし、脳みそフル回転で、疲れたぁ〜(笑)

遊びに来てくれた子どもたち、お父さん、お母さん、
本当にありがとうございました!!

それから、鹿児島から上京中、久しぶりに再会した
大学時代の同期同門の美和ちゃん緊急参加ありがと♪ 
再会できてよかった〜

そして何より、毎年楽しい企画をして声をかけてくださる
音楽療法サークル「音の輪」の皆さん、音楽療法士・牛田聖子さん、
すばらしいサポート、どうもありがとうございました。
毎年、子どもたちの成長に驚き、ひっくり返りそうになりつつ、活動してます♪

練馬区教育委員会の方々、
委託の講座を開かせてくれてありがとうございました!

また、来年も、子どもたちとステキなスタッフの皆さんと
楽しく濃い〜時間を共に過ごせますように♪



RL7月の定例ドラムサークル終わりました。

7/15、無事今月のドラムサークル、終わりました!

「定例ドラムサークル」というので、
時々「決まったメンバーで叩いているのですか?」
とご連絡いただくのですが、
何度も来てくださる方だけでなく、
毎月のように、はじめてドラムサークルに参加、
はじめてタイコに触るという方もいらっしゃってくださいます。

今月も初めて参加の方もいらっしゃいましたが、
音や音楽が自然に凝集していく様や、
個々が自分のリズムや動きに没頭していく様子を
それぞれに楽しんでくださり、
うんと集中して考えながら叩いたり、
感覚に身を委ねて手を動かしたり、
即興的に音楽で遊んでいらっしゃいました♪

2時から5時の3時間の活動、というと
長いように感じるかもしれませんが、
参加された方は
「あれ?もうこんな時間?」と
あっという間に時間が過ぎることに驚いていました。

長くて短い3時間。また来月も楽しみです。

第15回世界音楽療法大会、終わりました。

WCMTRoundtableWCMTTAKE






先週は7月4日よりつくばで行われた
第15回世界音楽療法大会へ行ってまいりました。
5日にはアメリカで勉強した後、
自分たちの国に帰国してフリーの音楽療法士として働く
香港、台湾の音楽療法士達と一緒にラウンドテーブル発表。
なんと日本に来られず、中国に滞在していた発表者の一人とは
スカイプでつながって…という、
なかなか面白い形での発表でしたが、
それぞれの国でフリーで働くうえで必要なことは何だろうと
意見を交換し合うことができました。

何よりうれしかったのは、
聞きに来てくれていたフリーの音楽療法士の先輩方から
我々ひよっこ組に対して
「あなたたちの情熱を高く評価するわ!」
「一生懸命発表してくれてありがとう」というねぎらいの言葉や
「自分たちが年を取って引退する時のことも考えて
 お金をためたり、投資をすることも忘れちゃダメよ!」など
為になるお言葉をいただけたこと。

今回は5日間ボランティアとして色々な発表部屋で働き、
自分では選ばないような発表もたくさん聞きましたが、
世界大会のすばらしいところは、
発表者に対して参加者がとても温かく前向きなこと。
新人の発表にはその勇気をたたえ、さりげなくアドバイスをし、
世界のいろんな情報に耳を傾けている人が多かったように感じました。

さぁ、また世界大会の後は、コツコツと臨床を続ける日々。
でも、世界のあちこちで音楽療法士とクライアントさん達が
音楽をしながら前進しているのだと思うと、
目には見えないつながりが
今まで以上に実感できるような気がして
嬉しくなってきます♪

月曜日の今日はトイストーリーの曲のリクエストが既にあり。
さぁ、何が起こるかなぁ?
では、いってきます!

第15回世界音楽療法大会、もうすぐスタート!

ついに、世界音楽療法大会の週がやってきました。
私は火曜のプレセミナーのお手伝いから参加♪

そして、水曜日の午後1時半から3時まで102で
Private Practice in Music Therapy: An international perspective
ということで、アメリカで勉強し、それぞれの国でフリーで働く
香港と台湾の音楽療法士2人ずつと計5人でラウンドテーブルを行います。
海外で勉強したメンバーがそれぞれどうやって自国で
音楽療法を続けているのか、互いの話をしつつ、
フロアの人達と一緒にお話ができたらいいな、と楽しみにしています。

発表以外、今回はあちこちのお部屋でお手伝いをさせていただきますが、
スペイン、ブラジル、インド、韓国、日本、中国、アメリカ、
オーストラリア、ノルウェー、トリニダードトバゴなどなど
世界のいろんな国の人達の発表が目白押しの世界大会。

脳みそがパンクしないかちょっぴり心配ですが、
前々回?の韓国で出会った音楽療法仲間と再会したり、
また新たな出会いをするのも楽しみの一つ。
たんまり刺激を浴びてきたいと思います♪

音楽療法の世界大会ってなんだ?
という方、よかったらサイトを見てみてくださいね♪
http://www.wcmt2017.com/ja/timetable/index.html

サボテンに大興奮。

サボテンハウス (2)











毎週、車で仕事に出かける時にひそかに楽しみにしていること。
それは通勤路に建っている家と
その家の高さと同じくらいの大きさのサボテンを眺めること。
あまりにも背が高いからか、
このサボテンはゴムバンドのようなもので家に固定されている!
いったい何年かかってこの大きさになったのだろう。
「家の玄関にこんな素敵なサボテンがあるなんていいな〜」
そんなことを思いながら、
いつもニョキニョキ空に向かって伸びているサボテンを見ながら通勤していた。

今まで、誰にもこのお気に入りのサボテンハウスのことを話さなかった。
だって、それは私の密やか、かつ、ささやかな楽しみだったから。
でも、先週、この家の前を久しぶりに通ってみたら、
サボテンから横に向かって何かが生えていた!
目を凝らしてみたら、どうやら花が咲き始めている様子!!

なんだかよくわからないけど、
いつだって同じように上を向いていたサボテンが
ちゃーんと生きていて、ついに花をつけたのかと思うと
嬉しくて、うれしくて…。
あんまりうれしいので親友にサボテンハウスのことを報告し、
それでも、まだまだ興奮おさまらないので、
ついに写真に収めてしまった。ムフフ。

そういえば、留学中、種からサボテンを育てることにはまり、
小さな赤ちゃんサボテンの成長を楽しみにしていた私は、
どうやらサボテン好きな様子…(忘れてた…)
次に通る時にはサボテンがどうなっているか楽しみ〜♪

ということで、通勤中のハッピーニュースのお知らせでした!

6月の定例ドラムサークル終了しました〜

先日17日(土)に無事RLの6月のドラムサークルを開催しました。
毎月、第三土曜日の午後に、ということで
もう10年近くとほぼ毎月ドラムサークルを行っていますが、
実際のところ、参加者が集まらずおやすみすることもあります。
ですから、まずはドラムサークルを開催できるということが、
リズム・イン・ライフ(RL)にとっては大変ありがたいことです。
参加くださった方々、今月も本当にありがとうございました!

大人数で行うドラムサークルと違って、
RLは少人数でのドラムサークル。
全身にビンビン響き渡る大音量の打楽器アンサンブルや
思わず高揚するようなアップテンポの音楽の連続、
大きな動きでのファシリテーションはあまりないですが、
お互いの音やリズムに耳を傾け、
ぐっとかみしめ味わいながら演奏したり、
自分出した音がすぐさま全体に影響を及ぼすのは
「即興演奏」「即興でのアンサンブル」そのもの。

ファシリテーターはほとんど
ボディーランゲージで合図を出すことはないですが、
少人数ならではの参加される人の表情や演奏する音やリズムから
その瞬間、瞬間のエネルギー量や気分を感じ取り、
緊張をほぐしたり、全身でリズムを感じやすくなるよう誘導したり
個々が楽器や音と向き合う時間をそっと見守ったり、
自分自身も音楽の中で表現したり遊んだり。

ドラムサークルに参加している時間だけが楽しいのではなく、
RLの活動で紡いだ音や体験が日常生活の中で
ほんの少しでもお役に立てたらいいなぁと思っています。

今月は初めて参加した下さった方から
帰り道に他の参加者の方と色々話をしたことや
「終わった後は温泉帰りの感じでポカポカしてました。」
と感想をメールをいただき、
地味に、地道に活動を続けていてよかったなと嬉しくなりました♪

来月は7月15日(土)に行ないます!
夏休み前に一叩き、ぜひ遊びに来てくださいね♪
詳しくはこちらから〜
http://schedule.rhythm-in-life.com/?eid=83

知的障がいのある小中学生とそのご家族・介助の方とDCやります。 

Smileyuyu





























ここ数年、夏の恒例行事となってきた
子どものための音楽療法サークル「音の輪」さん企画の
練馬区教育委員会委託 すまいるねりま遊遊スクールのイベント
「騒いじゃっても大丈夫! みんなで楽しく楽器を鳴らそう」のお知らせです。
詳細は写真の通りですが、見づらい方もいるかもしれないので
再度打ってみました。以下の通りです。
今年も楽しい時間になりますように〜♪

【日時】    平成29年7月17日(月・祝日)
                     10:00〜11:30   (受付開始 9時45分)

【場所】    こども発達支援センター 1階 多目的室(練馬区光が丘3−1−1)
      *都営地下鉄大江戸線 「光が丘駅」A5出口から徒歩10分
       
【講師】  ファシリテーター 長坂希望 & 竹沢香(Rhythm in Life)

【 対 象・参加費】 知的障がいのある小中学生とそのご家族・介助の方 1人 500円

【お申込み方法】 子どものための音楽療法サークル『音の輪』まで
            メールかFAXでお申込みください。
           (なるべくメールでお願いいたします!)
            メール     otonowa2006@yahoo.co.jp
            FAX専用番号  03‐6760‐0896

★折り返しご連絡いたします。メール申込みの方は、上記アドレスからの返信が
 受け取れるよう設定をお願いいたします。必要事項はFAX申込みと同じです。
※お問い合わせ先『音の輪』 遠藤まで090‐6497‐0016 (17〜22時まで)
先着 20名(7/1申込み開始、7/12締切り)
♪楽器の準備が有りますので、必ず事前にお申込みをお願いいたします。
♪付き添いの親御さん・介助者の方は同じ階の別室にて待つこともできます。
 同室される方は一緒にご参加をお願いします。

下町のバス、やみつきになりそう〜

先日は久しぶりに月に一度の現場の仕事。
そこは駅から少し離れたところにある福祉施設なので、
いつも地下鉄と都営バスを使ってむかうのですが、
今月はバスに乗ると、何だか甘ーいいい匂い。

ん?これは何の匂いだ?

と思いながらバスの奥に入っていくと
浴衣を着たお相撲さんが二人。
それぞれ1.5人分くらいのスペースを使って
どどーん、と座っていて、
兄弟子はいっぱい買い物をした荷物を抱えて
携帯で誰かとメール中。
まだ髷も結えない弟弟子らしきお相撲さんは
朝からのけいこでお疲れなのか、完全に爆睡(笑)

お相撲さんって縁起がいいっていうし、
うちの近所じゃなかなか見られない景色
(力士 in バス)に下町を感じ、
なんだかウキウキしました。

月に一度のこの現場、
クライアントさん達も愉快なメンバーだし、
なかなかクセになりそうです〜♪

梅雨に入る前に♪

MJkamakiri1











今度パパと小さな子どもたちのための音楽あそびの活動を行うため
前々から興味のあった子育てとパパについての本をもって
樹々に囲まれた大学の芝生広場でのんびり読書。

「育メン」と呼ばれる若い世代のパパたちが
仕事をしながら、家事もこなし、育児にも参加することについて
色々な角度から実際のところをのぞき見した気分になって
ふと目をあげてみると…

目の前の椅子の上を小さな小さなカマキリがうろうろ。
カマキリを間近で見るのがあまりにも久しぶりだったので
嬉しくなってカメラを構えるのですが、
なかなか上手にカマの部分がうつらない…。
でも、近寄るとチビカマキリは警戒して
ますます写しづらい位置に移動しちゃうし。
もう、読書なんてそっちのけで、
何枚も何枚もカマキリの撮影会をしちゃいました。

こういう時、田舎育ちの私には
子ども頃に大きなカマキリを見つけて触れなかったな、とか
カマキリの卵を見つけたことがあったよな〜とか、
思い出すことが色々あるのですが、
東京育ちの我が娘にはそんな思い出はないのかな、と思ったりします。

カマキリ、小さいのはかわいかったなぁ。
でも、次回大きいのが出てきたら…
たぶん、カメラは出さず静かに逃げようっと。

皆さん、最近、カマキリ見ました???

音楽療法の現場では〜

音楽療法士は、あたりまえですが、
毎日のようにあちこちの現場で
色々な方と一緒に音楽活動をしています。

一緒に楽器を鳴らしたり、歌を歌ったり、
歌っている人にあわせてピアノを弾いたり、
聴いたり歌ったり演奏した音楽についておしゃべりをしたり、
音楽に合わせて歩いたり、走ったり、
私は得意ではないですが、踊ったりすることもあります。

音楽も大正時代や昭和初期の歌から
最近流行りのJ-POPやマニアックな曲、
ジャズだシャンソンだクラシックだと
いろんな音楽を聴いたり歌ったりしています。
おかげで(?)音楽的には年齢不詳な感じになってますが
それ以上に、クライアントさん達と一緒に過ごすと
なぜだか大笑いしてしまうような
おもしろいことがたくさん起こります。

もちろん、冗談が上手な方々、物知りな方々、
おしゃべりが達者な皆さんとのやり取りで
愉快になることもあるし、
子どもたちが一生懸命活動をしているのを見て
ほほえましい気持ちになることもあるのですが、
お互いにマジメに活動していても
思わずニンマリしたり、吹き出してしまうことも。

残念ながら、セッションの中での出来事は
ブログやSNSで気軽にお話しすることはできませんが
そんな面白い愉快を垣間見たいな〜という皆さん、
ぜひぜひRLのドラムサークルに遊びに来てください♪
人と人が集まって一緒に音楽する時を
是非楽しんでください〜

6月17日の活動のお知らせはこちらからどうぞ!!
http://schedule.rhythm-in-life.com/?eid=82





QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ