2007年03月11日

言語習得とクリエイティビティ

なんだか論文みたいな題名になってしまったが、

言いたいことは、「語学ができるようになるためにはクリエイティビティ(創造性)を排除するのがよい」という、なんとも現代の日本教育とは矛盾するような内容だ。

クリエイティビティ(創造性)を駆使したら楽しい習得時間を過ごせるだろう。

でも、言語習得の段階ではいつでも、創造性は排除し、ひたすらモノマネを実践すべきだと思う。鸚鵡返し。繰り返す。それだけ。

自分なりの表現とか、自分らしい言い回しは入る余地はない。

これはコミュニケーション力の問題であり、語学習得の問題とは別物。


挨拶ひとつとっても、どっちも間違っていないけど、ネイティブならこう言う、という表現とか言い回しがある。(時と場合によるけど、上手く説明できないところが、習得が困難な所以だろう)

「さようなら」一つをとっても、
Byeと言うのか、
Have a good dayと言うのか、
はたまた You have a good dayというのか、上手な人と下手な人では差が出る。

いずれも「さようなら」の場面で使う。

「どういたしまして」でも、
You're welcome というのか、
Don't mention itというのか、
はたまた You bet.というのか、手上手な人と下手な人では差が出る。


場面でどのように違和感を感じるか、これはいかに相手の言うこと、周りの人の言うことに耳をかたむけて聞いているか、盗んでいるかだと思う。

このことを習得するためには、自分のクリエイティビティは入る余地がまずない。ひたすら人の真似をするのだ。

もちろん、新しい表現、流行語はクリエイティビティから生まれるから、やってもいいけど、日本人がやっても「新語」として扱われるよりは、まずは「間違い」とされるのがオチだろう。


ちょっと難しいのは、英語を話す地域が広すぎることだろう。ネイティブといってもいろんな人がいる。

どこ出身かによって標準は違うので、やはり一つの場所である程度習得する必要はあるのだろう。

考えて見て欲しい。日本語を習得する時だって(日本語で育ったならば)、創造性を駆使しようなんて考えたのは、日本語の習得がほぼ完了してからのことだと思う。

ネイティブみたいになりたければ、人の言うことをよーく聞くことが大切だ。単語の意味を覚えることなんか二の次だ。


(※スペースと時間の都合で説明が十分にできていないので誤解があるかもわかりませんが、ご了承ください。)


rinohakashe at 22:40│Comments(2)TrackBack(1)我思う、故に我あり 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 簡単に英会話が上手くなれる方法  [ 英会話 ]   2007年03月15日 19:52
簡単に英会話が上手まずは、中学生レベル…良く見ても高校生レベルと見下していたSが、1ヶ月前から

この記事へのコメント

1. Posted by スカットル   2007年03月23日 17:20
それは「Beavis and Butthead」を見なさいってことだね?

了解!!
2. Posted by はかしぇ   2007年03月23日 18:46
そのとーり!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字