2009年10月30日

映画の仕事

先月、またとないチャンスをいただき、映画の下訳の仕事をさせていただきました。

日常会話なので、いつも仕事でやっているような翻訳に比べたら非常に楽で楽しかったです。

ただ、台詞の時間を記録する作業や、台本に書き起こされていない台詞を書き起こしたりする作業が大変でした。

そして昨日、字幕入りの映像ミックスが上がってきました。

上映の日程や場所はまだ知らされていないのですが、楽しみです。

rinohakashe at 20:48│Comments(2)TrackBack(0)翻訳のお仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はんはり   2009年10月31日 11:43
5 翻訳のお仕事順調そうで何よりです。

日常会話のほうが楽というのは、語学力の基礎レベルの違いを思い知らされます。

映画のタイトルはなんですか?
2. Posted by はかしぇ   2009年11月02日 11:46
5 私の存在を忘れずにコメントいただきありがとうございます。

専門的な言葉を使うほうがずっと大変ですよ。日常会話はいかにたくさん使うか、それだけだと思います。

映画のタイトルはまだ最終決定していないと思いますが、仮題で「隣人」となっています。スペインの映画で、どこで上映されるのか、スケジュールなども私のほうにはまだ知らされていません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字