2017年04月24日

紅型の仲間の藍方かもしれない

image
いろんな表情の達磨さんが楽しい羽裏を
使いたい!・・・・で、考えた結果がこれです


image
前身頃と襟に達磨さん。みなさんいろんなお顔をされてます。
土台の布は大島っぽい平織りの紬。
脇がヒラヒラしている長めのシャツ。
スタイリッシュではありませんか‼️


image
グレーバージョンでもう1着作りました。


image
沖縄の藍方だと買った時骨董屋の大将が言っていたのですが、ホンマかいなと疑っています。検索して見つけた藍方の画像とあまり似ていない気が・・・
紅型の様に色を使わないで藍だけで染める技法らしいです。高齢者や下級武士向けだってさ(笑)

でもこの組み合わせ着物でもよくないですか?
まだ沢山あるので自分の帯作ろうかな⁉︎グッドアイデアかも⁉︎
染め帯あんまり持ってないし。
とっておきの琉球絣の着物にぴったりじゃない⁉︎(^з^)-☆



image
横にヒラヒラしてるけど着るとシュッとして見えます。




image
家の横を流れる川沿いの八重桜がただ今満開です。


image
庭の木香薔薇も黄色がほぼ満開。白は五分咲きくらいかな?向こうの方に八重ちゃんも見えています。
春は花が沢山咲いていいなー(*⁰▿⁰*)


ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ

rinorino348 at 18:25|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック 2017作品 

2017年04月23日

40数年ぶりの家族旅行

2017_04_gero_09
木曽福島・・・半世紀ほど前の約4年間、我が家はこの地の住人でした。
父がお昼によく足を運んだという「くるま屋」というお蕎麦屋さんに50年ぶりに食事をしにやってきたというお話。くるま屋さん今直顕在です。バイパス沿いに支店もあります。

幼稚園児でしたが私も何度か連れてきてもらいました。うっすら内装など記憶があります。
母はあまり覚えていないと言います。

なぜでしょう・・・・・・・

父は無類の蕎麦好きなので、春になったらくるま屋に蕎麦食べに行こう!と冗談半分で言った事が実現したのでした。

引越しして以来なので50年ぶり、また来れるとは思ってなかったと喜んでくれました

シメシメ・・・・

食べながらいろいろなことが蘇ってきます。
駅前の商店街が火事で焼け落ちていく様子を山の上から体育座りで固まったまま
見つめていたこととか、
この道にはよく馬糞がどばっと落ちてたよねとか、
母はいろんな所を歩いてもっといろいろ行けばよかったと盛んに悔やんでいましたが
当時幼子を二人抱えてはとても無理だったんじゃないの?とか。



2017_04_gero_02
食事の後、「水無神社」を訪ねました。

幼稚園の遠足や七五三でたびたび訪ねた神社です。
最初駐車場横にちいさな祠があって、これじゃないの?
と思ったのですが、あまりにもちんけでいくら子どもの頃の記憶があいまいだといっても
これはないだろぅ・・・・・とちょっと愕然としたのですが

いやいやいや・・・・ちゃんと立派な神社でした。

当時この神社へ歩いてくる道は、山肌を切り取っただけのもちろん舗装もしてないし
ガードレールさえない道でした。


右手は足を踏み外すとどこまで落ちていくか分からない、木々に覆われ目が眩むような底の見えない山の斜面。
左手の壁に背中をくっつけて時折落ちてくる小石をよけながら息を詰めて横歩きで進む・・・・・

そんなような夢を割りと最近まで見たのはこの神社へ行く道の怖かったイメージなのだと思います。
実際は当然ですがそこまで恐怖に満ち溢れた道路ではありません。



2017_04_gero_03
木がこんない大きかった印象がないのは、
ここに50年の歴史があるということかも・・・・・ふむ・・・・・
木も私も大きくなりました




2017_04_gero_01
木曽福島から少し戻って国道41号に入り下呂温泉に一泊することになりました。

下呂に向かう途中、思わずちょっと車止めて!と絶叫した風景です。

家の周りはすっかりソメイヨシノは終わって八重桜などが咲いていますが
やはり標高も高いし気温差があるのでしょう。
木曽も下呂も桜満開でした。全然期待してなかったのでそれはもうお得感満載です。



2017_04_gero_10
ヤマモモと、あっちのほうに見えるのはこいのぼりです。

スマホで撮ったりデジカメで撮ったりしているので写真の形がいろいろ・・・
でもってデジカメで撮るとなんだかフィルター掛けたように
ぼや〜〜としてるから変だ変だと思って
よくみたらレンズがべたべたに汚れていましたの
犯人はたぶんあの人たち・・・・・・・


2017_04_gero_05
下呂温泉では湯之島館という旅館に一泊。
何処に泊まろうかとネットで検索していて見つけたお宿です。昭和6年に建てられた木造3階建て。父より年上です。その後山の斜面にそって増築され入り組んでいますがそれは素晴らしい建物です。
ここしかない!と一目惚れで決めたのですが足がやや不自由な父には少々不便だったようですが、まぁそこは、ご勘弁を。


2017_04_gero_08お部屋の窓からの眺めも素晴らしい。

今回の旅のメンバーは両親と私と弟のタボちゃんの4人。
タボちゃんが中学生の頃、反抗期真っ只中だった彼を無理やり連れて出かけた家族旅行以来、40数年間ぶりですかね。
タボちゃん旅行の間一言も口をきかずずっとふてくされてましたっけ(笑)

いろんな時代の家族の姿を思い出した旅行でした。だんだん歳を重ねてくると時にはこんな明るいけど後ろ向きの時間も必要なんだな、思うようになりました。


ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ

rinorino348 at 12:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック  

2017年04月11日

雨に散りゆく

image

しとしとと雨がつづき今年の花見は雨の合間にささっと済ませる、そんな感じです。なんとなく物悲しい不穏な空気さえ感じさせる桜の季節も終わりが近づいていますがおっと待った!

雨に煙る中央のちっこい桜。その手前の川沿いにソメイヨシノが散り終えた頃にぼってりとした八重桜が咲くのですよ。

まだ木が小さいので幼い我が子の将来を見守る心境で毎年楽しみなのであります。




image


リメイクに使って、といただいた着物をジャケットに仕立てました。ろうけつ染だからなのか糸が太いのかとても張りがあってバリバリです。

これは着物では着にくいのではと思ってしまいます。
全体に柄のある小紋でとりたてて和柄でもないのであえてきっちりしたデザインのジャケットにしました。

普通の形といったらわかりやすいかも。



image

きっちりしたデザイン、という時のポイントはボタンホールです。深い意味のないこだわりです(^^)



image

ネームタグ作っちゃいました。
なんかそれっぽくてうれぴ〜(^^)




ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ



rinorino348 at 12:11|PermalinkComments(5)TrackBack(0)mixiチェック 2017作品 | 独り言

2017年04月02日

団子の季節の三兄弟

世の中が色鮮やかな季節になってきました。気がつけばこんな花や
image


こんな花も
image


こげにたくさんの土筆も発見
image


春ですね〜
やっぱり私は、春が一番好きですねー。
春生まれですし、って誕生日来るがね。
それはあんまり歓迎できんけどなー
しかたないなー





image

木綿の裂織布と酒袋を合わせた3兄弟が出来ました。

image

木の持ち手は硬くて嫌い!という方もいらっしゃるのは重々存じてはおりますが、そんな意見は一切無視した木の持ち手バッグ。軽い木なのでそんなには痛くもならないかと思います。

底に酒袋を使ったのでわりと大きめです。
裂織部分にファスナーポケットというのは初めての試み!


image

酒袋は、パッチポケットと持ち手に使いました。やや小ぶりのトートバック。



image


image

裂織と酒袋を裏表にしたショルダーバッグ。
上二つはおとなし目の特に特徴もない酒袋ですがこのショルダーの酒袋は
色艶といい傷といいこれぞ酒袋‼️
酒袋様のお通りだ〜い‼️
的な味わいのある酒袋を投入いたしました。

以後3兄弟をお見知り置きのほどよろしくお願い致します。

ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ

rinorino348 at 17:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック 2017作品