リンパ マッサージ 方法とやり方

リンパマッサージの方法とやり方は気になりますが、リンパとは、全身に網の目のように張り巡らされている「リンパ管」と、その中を流れている「リンパ液」、そして鎖骨や、わきの下などにあるリンパ管の中継点であるリンパ節、これらを総称したもののことです。 リンパの流れが悪くなると、余計な水分や老廃物、毒素が体内に蓄積されて、免疫機能や栄養素の吸収もうまく行われなくなり、むくみ、疲労、こり、顔のたるみ、肥満、セルライトなど、いろんな障害が現れます。リンパマッサージとは、身体を流れるリンパ液の流れを助けるマッサージのことです。リンパマッサージを行うことで、たまった老廃物や水分によるむくみを取り除く効果があります。リンパ液は、体の表面をゆるやかに流れていて、皮膚の表面をリンパマッサージすることで自然な流れを取り戻すことが出来るのです。リンパマッサージをすることで、主に美容と健康と癒しの3つの効果があります。美容効果としては、むくみやタルミなどの解消してくれるスリミング効果、肌のくすみや乾燥肌の解消などの美肌効果、重力に負けないバストを維持するバストアップ効果があります。また健康効果には、免疫機能向上、コリの解消、疲労回復などがあります。またリンパの流れをスムーズにすることで、ストレスで緊張した神経を和らげ、リラックス、ストレス解消などの癒し効果があります。リンパマッサージの方法で一番大切なのは「リンパの流れに沿ってマッサージする」ということです。リンパは心臓を中心に流れていますから、マッサージを行う場合、腕なら手から上へ、足なら足から上へとマッサージしていきます。そして強引に流すのではなく、あくまでやさしくなでるように流しだしていきます。リンパマッサージの方法の基本は、あくまで丁寧に、リンパの流れを意識しながらゆっくりと行うころです。次のような場合には、リンパマッサージを行うことは避けてください。心臓疾患、感染症、低血圧、妊娠3ヶ月以内、喘息の発作時、腎臓に障害のある人、化学療法を行っている人、臓器移植している人、高熱のある人、生理中、脾臓摘出者・皮膚の炎症のひどい人。


RSS関連リンク
目のリンパマッサージを教えてください!
朝目がむくむのでリンパマッサージに挑戦したいです! 調べていると、いろんなマッサージ法があるようなので(かづきれいこ風とか田中宥久子さん風とか・・)みなさんのやっている方法を教えてください!! できればいいサイトも教えていただけると ...

造顔マッサージ 田中
何か一日って時間が過ぎるのがあっという間ですよね。 造顔マッサージ 整形 造顔マッサージ 整形 何か一日って時間が過ぎるのがあっという間ですよね。昨日の朝のズームインで特集されていたリンパマッサージをする60歳くらいの美しい. ...

バストアップマッサージの驚くべき効果を検証したムービー
リンパマッサージを行うことで胸の周りのリンパの流れもスムーズになりハリも出てきます。デコルテもスッキリし見違えるようにキレイになります。 バストアップの秘訣は、胸を支えている大胸筋を鍛えることが重要です。 大胸筋を鍛えることでハリがある豊 ...




顔リンパマッサージの仕方やり方

顔リンパマッサージが人気です。やり方や仕方も噂になるくらい。からだにの中には、血液のようにリンパ管の中をリンパ(液)が流れており、リンパ管は、静脈にそうように全身に張りめぐらされています。リンパ管は血液や細胞の中の老廃物を取り込んで、栄養分をリンパ節というところに運びます。リンパ節ではリンパをきれいにする浄化作用が行われており、リンパ節は耳の下、首、鎖骨、わきの下、下腹部、足のつけ根、ひざの裏などにあります。リンパマッサージとは、簡単に言えば、リンパ液の流れを助け、滞ったリンパ液をサラサラと流す美容・健康法です。リンパマッサージによって、たまった老廃物や水分によるむくみ、セルライト を取り除くことができ、これを日常的に行うことで、ダイエット効果も期待できます。リンパマッサージとは「体内に蓄積された老廃物や毒素をリンパ液にのせて排泄する」ということです。リンパマッサージは、私達の体に大きな効果をもたらしてくれますが、特に女性にとって最も魅力なのは、エステ効果とダイエット効果ではないでしょうか。最近は、多くのエステティックサロンが、リンパマッサージを取り入れたエステを実施しています。リンパマッサージには、肌本来の健康を取り戻し、美しい美肌を実現できる効果があるからです。プロのエステティシャン達は、リンパマッサージの効果をもっともよく知っています。ダイエット効果としては、リンパマッサージでリンパの流れを正常に戻すことで代謝がよくなり、身体の内側にたまっている老廃物をスムーズに排出できるようになります。ます。ただ痩せるのではなく、健康に美しく痩せることができるのです。リンパマッサージは、なるべくその日の疲れをとってしまうために一日に朝1回、昼1回、夜1の3回を目安にリンパマッサージをすると効果的です。部位を1回に10回くらいマッサージします。これを毎日続けることでリンパ液が流れやすくなりがムクミが無くなり免疫力が増し体質の向上が見られ、風邪なども引きにくい体質になると言われています。リンパマッサージの基本は、「リンパ液の流れに沿って、心臓より遠い位置の末端部位からリンパ管に力を入れずに摩るようにマッサージする」ことです。体調不良や妊娠中、化学療法を受けている人などは、リンパマッサージを控えましょう。


RSS関連リンク
メタボリックシンドロームの原因と肥満
リンパマッサージは日本リンパマッサージ協会のリンファティックテラピーがお勧めです。 リンファティックテラピスト資格講座&1DAYレッスン体験会 メタボリックシンドロームでお悩みの方にもリンパマッサージ メタボリックシンドロームは肥満が大きな ...

リンパマッサージ師が考えたサラサラアップ
リンパマッサージ師が考えたサラサラアップスパッツおすすめ度 :リンパマッサージ師が考えたサラサラアップボディーウェアおすすめ度 :

ひとりでできる 3分間ツボ&リンパマッサージ こり、痛みからだの不調を ...
ひとりでできる 3分間ツボ&リンパマッサージ こり、痛みからだの不調を 定価: ¥ 1470 販売価格: ¥ 1470 人気ランキング: 202772位おすすめ度: 発売日: 2006-09-16 発売元: 有楽出版社発送可能時期: 通常24時間以内に発送 ...




リンパマッサージの方法 やり方

リンパマッサージの方法がよい理由は、からだにの中には、血液のようにリンパ管の中をリンパ(液)が流れており、リンパ管は、静脈にそうように全身に張りめぐらされています。これをマッサージするわけですね。リンパ管は血液や細胞の中の老廃物を取り込んで、栄養分をリンパ節というところに運びます。リンパ節ではリンパをきれいにする浄化作用が行われており、リンパ節は耳の下、首、鎖骨、わきの下、下腹部、足のつけ根、ひざの裏などにあります。リンパマッサージとは、リンパ液の流れをスムーズにするため外部から刺激を与えるものです。リンパ液の流れが悪くならないよう、また余分な水分や老廃物を体内に溜めて、障害を引き起こさないようにするためにもリンパマッサージを行い常にリンパの流れをよくしておくことが重要になってきます。リンパマッサージはその効果からリンパドレナージュとも呼ばれ本場フランスなどでは理学療法としても行われ美容分野でも取り入られています。リンパマッサージに期待される効果には、肌のトラブルが解消される美肌効果、バストアップ効果、たるみやむくみが解消されるスリミング効果などの美容効果があることがわかっています。また、リンパマッサージには疲労回復や免疫機能向上などの健康効果やストレス解消などの癒しの効果などもあり、リンパマッサージを毎日行ない続けることで、リンパが流れやすい体質になり、たるみを予防したり、風邪などの病気に罹りにくくなったり、免疫機能の向上も期待できます。リンパマッサージは、なるべくその日の疲れをとってしまうために一日に朝1回、昼1回、夜1の3回を目安にリンパマッサージをすると効果的です。部位を1回に10回くらいマッサージします。これを毎日続けることでリンパ液が流れやすくなりがムクミが無くなり免疫力が増し体質の向上が見られ、風邪なども引きにくい体質になると言われています。リンパマッサージの基本は、「リンパ液の流れに沿って、心臓より遠い位置の末端部位からリンパ管に力を入れずに摩るようにマッサージする」ことです。体調不良や妊娠中、化学療法を受けている人などは、リンパマッサージを控えましょう。


RSS関連リンク
ダイエット
このDVDは、ピラティスというよりリンパマッサージのDVDという印象が強い。4つのコースがあり、美脚コース(約23分)小顔コース(約24分)細腕コース(約18分)ウエストコース(約12分)で、全編通すと約79分あります。各コース共、リンパ刺激→ ...

目元のむくみやクマを取るリンパマッサージ
リンパの流れをよくするケアが大切。 ◆鎖骨のリンパマッサージ 首の下の左右の鎖骨の部分に 手の親指以外の 4本の指を使い、ゆっくり 押す。 これを 3〜5回 くり返します。 ◆わきの下のリンパマッサージ 左わきの下は 右手で、親指を使って ...

“カラダの流れ”をよくしてきれいになる!―朝5分でスッキリ 「経絡リンパ ...
カラー写真が見たかった 著者が提案する朝の5分の経絡リンパマッサージで、からだの流れを良くして人生を変えようという本だとは知らず買ってしまいました。 医療的な、つまりは、ターミナルの患者さんに使いたいと思って期待していた私は、はじめの文章 ...