日々是好日

生きていると雨の日も風の日もあり、そして 晴れの日もあります。  でも 生きているからこそ風も雨も感じられるのですよね。 笑顔で楽しみたいですね

くるりくるり


ナナムジカの楽曲です 
2006年に発売になったものですが何度きいたでしょうか
娘が旅立って この曲に涙し 癒されました

くるりくるり 重なる時空
どこかで必ず巡り会える

必ず巡り会える そう 信じて生きていくしか生きる術がなかった
たぶん 大切な人を失った人はなにかにすがるしか生きる術がないと思います
でも なにも信じられない時 流れてきたこの曲が私の心を大きく動かしました

くるりくるり 君の命は
悲しみ乗り越えて力になる

気がついたらボランティア活動として動いていた
それは今思えば私の想いだけだったんだろうか
私の動きがこれまでも続いてくるほどの力があったとは思えない
まさに君の命が力になったということではないかと思うのです

この詩は心の支え 
今はまだこの詩の中にいる
いつか この詩から距離をおいて直視できたらいいと思う




作曲:松藤由里 

作詞:西島梢
満天の夕空に昇る君の魂は
いつか知らず舞い降りて
新しい花弁咲かすでしょう

肉体は地の底で溶けて水となり
僕らを生かし続ける

くるりくるり 君と僕とが
出会った事は深く大きく
僕は君の その存在を
失くしてはじめて知らされるだろう

月にミタマが宿り光放てばmessage
大切な想いだけは
生き続けゆくよ万年も

自分らしい生き方這いつくばっても
ツラヌイテ貫き通そう

くるりくるり 君の瞳は
輝くために天(そら)がくれたよ
くるりくるり 君の命は
悲しみ乗り越えて力になる

惜しみなく抱きしめて心が眠れる
場所を与え続けよう

くるりくるり 君と僕とが
出会った事は深く大きく
僕は君のその存在を
失くしてはじめて知らされるだろう

くるりくるり 命は廻る
色んな愛を残して廻る
くるりくるり 重なる時空
どこかで必ず巡り会える

想われ人


有り難いことなんだろうな
娘を知らない世代の人が語りつがれていたことで
娘の死を悼み悲しんでくれる

沙織ちゃんのお母さんですか?

そういって涙を流しながら語りかけてくれた
あまりに想定外でびっくりが先にいってしまい感情もぶっとんでしまったけど
その後 素直じゃない性格も手伝って なにか悶々としていた

そのことを友達に伝えると
複雑だけど 良かったじゃない  
 誰かの心の中で暖められてるっていいね。と

確かにそうなんだけど 想うだけでは命はつながらないのよね
あのときにもたくさんの人がまわりにいて 倒れた娘をみているのよ
なんにもしないでただみてただけなの
それではいくら人を想っても意味ないのよ
人は生きていかなければ 救える命はつなげていかなければ

想いが強いだけに優しい想いが胸にひびかないの

想ってくれる人がいるだけで十分よね ってそれくらいで止めることができないのよ
大切な人を失った人にしかわからない感情かもね

娘は2度と帰ってこないし 死んでも会えないと思うのよね
どんなことをしても娘とはもう会えない
あの子たちにはそれは実感できないことよね  

なら そこで想いを止めておくしかないんですね

お正月花

年末 床の間用 玄関用にお花をいけました
ガーベラとスターチスが残ったので一輪挿しにいれてキッチンに
わりとガーベラは持ちが悪いらしいのですが 
このガーベラ スターチスより長くもち 
今朝 凜とした姿に釘付けになりました
上半分の花びらはもう生気もなく朽ち始めているのに
この凜としたたたずまい 
これが生ききるってことなんじゃないかと思いました

生ききる 

そうありたいですね

実家の母も80をすぎ 病院でももう手の施しようがない末期ガンです
でも 高齢なゆえに進行もおそく今でも家で身の回りのことは自分ででき
おしゃれも忘れていません 
友達とランチにいき 旅行にもいっています
年のせいにしていろんなことができなくなったとぼやく誰かさんとは大違い
年を重ねていけばだれだって今までのようなことはないのです

このガーベラのように最後の最後までガーベラで生き続ける意志を持ち続けたい
近頃 ちょっと気持ちがはいらないことが多かったのですが
今年は最後まで手を抜かず 生ききってみようと思います



IMG_3184

永遠の愛

永遠の愛なんてないかもしれない
人は時間を生き 時間は変化する
生きていると次々と移り変わる

愛は時を忘れ 時は愛を忘れさせる

今年は17回忌 
あの子が亡くなって丸16年たつことになる
あの子の4つ下の妹がママになり 3つ上の兄が今年パパになる
それぞれに家族をもった

あの子の写真の前に孫の写真がかぶった
あの子の写真の横に結婚式の写真が2つ並ぶ
あの子の写真がどんどん後へといくのをみて場所を変えてみる
あの子はあの時以来変わらない
写真が後にいっても 場所が変わっても文句一ついわない
愛はいつしか一方的な押しつけでしかないと思うようにもなってきた
それでも捨てきれないこの想いは自分への重石だけなんだろうか
重石 いや 想石 

16年という時が経ち 
一年一年の贖罪を重ね 
ついに私の中にもどろうとしている


最初からこうなることが決まっていたみたいに As if it was decided from the beginning to turn out this way, 違うテンポで刻む鼓動を互いが聞いてる We listen to each other's heartbeat, pulsing at different speeds. どんな言葉を選んでも どこか嘘っぽいんだ No matter how i put it, some parts always seem like a lie, 左脳に書いた手紙 ぐちゃぐちゃに丸めて捨てる So I crumpled up and threw away the letter I wrote with my left-brain. 心の声は君に届くのかな? Are my feelings reaching you? 沈黙の歌に乗って... Riding on a peaceful melody.. ダーリンダーリン いろんな角度から君を見てきた Darling, darling, I watched you from many angles, そのどれもが素晴しくて 僕は愛を思い知るんだ each one of them being equally beautiful, I learned the feeling of love. 「半信半疑=傷つかない為の予防線」を "uncertainty - a preemptive way of avoiding hurting people's feelings".. 今、微妙なニュアンスで君は示そうとしている Right now I feel you are displaying this manner in a subtle overtone. 「おんなじ顔をしてる」と誰かが冷やかした写真 Someone laughed at our picture - "You are both pulling the same face" 僕らは似ているのかなぁ? それとも似てきたのかなぁ? Did we really look alike? Or did we grow that way over time? 面倒臭いって思うくらいに真面目に向き合っていた We gazed at each other with seriousness that could be thought of as a hassle, 軽はずみだった自分をうらやましくなるほどに So much that I become envious of the light-headed state I was in.. 心の声は誰が聞くこともない My feelings can't be heard by anyone, それもいい その方がいい But that's alright, its better off that way. ダーリンダーリン いろんな顔を持つ君を知ってるよ Darling, darling, I know all your different faces, 何をして過ごしていたって 思いだして苦しくなるんだ Even what you did each day, it becomes painful when I recall these thoughts. カレンダーに記入したいくつもの記念日より From the many celebrations I marked on my calendar, 小刻みに 鮮明に 僕の記憶を埋めつくす Bit by bit, but with great sharpness, my memories are brought back to life. 泣いたり笑ったり 不安定な想いだけど Crying and laughing, our memories were full of uncertainty, それが君と僕のしるし but this is our special symbol. ダーリンダーリン いろんな角度から君を見てきた Darling, darling, I watched you from many angles, 共に生きれない日が来たって どうせ愛してしまうと思うんだ Even after the time came when we couldn't live together, I still love you. ダーリンダーリン Oh My darling Darling, darling, Oh my darling.. 狂おしく 鮮明に 僕の記憶を埋めつくす Maddeningly, with great sharpness, my memories are brought back to life, ダーリンダーリン Darling, darling.

あなたにぴったりな言葉

愛は時をわすれ
時は愛をわすれさせる

これまでの投稿から推測して格言を選ぶのだろうけど
ドキッとしました
そのままだから

何がなんでも 前に突き進んできた年月の間にいつしか そんなに頑張らなくてもいいかも…
最近 そう思い始めてきたのは確かです

必死で追い求め わき出る感情を無視してきたけれど これからはそうではなく
自然体で触れ合っていけばいいのではないかと思うのです

時間という良薬ですかね
来年は17回忌 丸16年が経つのです
1年 1年 逆算していくと胎内に戻る年
贖罪としても許してくれるだろうと思うのです

誕生日


夕方 お届けものですと宅配がきました
開けて見ると真っ赤な花束💐

私のイメージ?
と思いきや  そうじゃないんですよね
赤いちゃんちゃんこ風😆
そ! 還暦です

ホント 長生きしました✌️

たらればの話し

IMG_2766



























生きているとつい あの時 あ〜していたら こ〜していたら
こんな風になっていなかったはずとか あんな風になっていたはずとか
ついつい後悔してしまう

今のあの子をみてると あのときなぜ赴任先が東京だったのだろうと思う
富山本社だとおもったから賛成したのに 東京にも本社があるなんてね
で 富山勤務だったら果たして転職を切り出していただろうか
富山だったら もしかしたら違った人生になっていたんじゃないだろうかとも思う

でも ふと 富山でももしかしたら今のお嫁さんになっていた可能性はなきにしもあらず
彼女のおばさんが富山にいて 富山本社のことをよくしっていたのだ
そのおばさんとなにかのご縁で知り合い あら うちの姪っ子がいるのよ ってことに
なっちゃうかも そうしたら 違った人生でも出会ったかもしれない

どうしても年齢が娘と同じだし 自分の思いを上手に話せないところとかみてると
娘を想いだしてしまう 
あの子の一番きらいな性格だと思うんだけど 一番気になってしまうタイプなんだろうな
だから もうやめたらと何度もいったのに一緒になってしまったわけがそこにあるのかな〜
娘はお兄ちゃんのことが大好きだったのに うまくいえなかったからね
だから 娘の想いが届いたのかもしれないと思ってしまうのは考えすぎだろうね

あのとき 雨がふったきたしタオルをあげるのではなく 中止になるからいくのをやめたらと
そういっていたら あの子は今も私のそばにいたかもしれない
そうだったら お兄ちゃんとあの子は一緒になっていないのかな〜

でも 人生は一つしかないんだ
もう そんなことを考えるのはやめよかな・・・











お式



IMG_2735









6月に入籍し 一緒にすんで3ヶ月
皆様にお披露目もできました
これから二人で家庭を作り上げていく中でそれはいろいろあるでしょうね
きっと お互い どうして この人と一緒になったんだろうと思うことも度々(笑)
そんなとき お互いに折り合いをつけることができたならいいのですがね
最近の娘さんはとりあえず「立てる」ってことわかってるのかしらね
男はとりあえず男だから 
女は女優に徹するとわりと上手くいくわけで
それはまぁ 我慢というか適当というか 
夫婦で真剣に考えるとややこしくなるというか(笑)

しかも 小さな命に恵まれ共に親となりましたよ
家族の誕生ですね 
ちいさな社会です この小さな社会を守り築いていけるように
まぁ 頑張ってほしいですね  

誕生日

IMG_2569



























今月初めに娘のお誕生日がありました
何歳になったの? もう31歳です(笑)
31かぁ〜 どんな風になっていたのかな
もう お母さんになってるのかな それとも独身で婚活いきまくっていたりして
きっと にぎやかな毎日 いや どうしようもない娘にイライラしているのかもね

このお花は末娘がもってきてくれました ママになってしまった妹が

どんなに時間がたっても心が軽くなることはない
いつになったら忘れるだろうか そう思ったこともあるけれど
ありえないことですね
本当にどっしりとして罪悪感 なぜ 助けてやれなかったんだろう
助けてやれたはず 
どんなにそう思っても 時間は帰ってはこない
一生 帰ってはこない

ふぅ〜 

そんなことはもう考えないで お誕生日おめでとう だけで終わらなきゃ−ね



人生いろいろ♪

IMG_2543



























天空
のカフェにいってきました
快晴で眺めは最高でしたよ


もうすぐ 区切りのイベントがあります
だんだん 手落ちがないか 心配ではあるのですが二人で何回も打ち合わせしてきたようだから
大丈夫でしょうね

あの子たちが入籍し 夫婦として生活して3ヶ月 いよいよ親になりました
彼女は実感しているでしょうが彼の方はまだまだ実感がないようですね
仕方ないですがね 
ばあばとしては楽しみですわ

しかし 結婚というのは家族が ご縁が増えうれしいのですが面倒なこともありますね
まぁ 最初だけだろうとは思うけどね

本当はいろんなことがありすぎて あれもこれも書き留めておきたいのですが
頭も胸もいっぱいでまとまりません

人生って
生きるって 面倒;
でも 面倒でもそれを楽しもう 
もう少しがんばって そしたら自分のための人生をいきよう
残りの時間を楽しもうと心から思います 
レシピ
レシピ
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
Recent Comments
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ