2011年02月27日

ゴダゴダゴダール。トットットトリフォー。





お久しぶりです。皆様・・・。

激しい単位取得の戦いも終わり、雨の日のバレンタイデイも終わって小春日和ですね。

僕は、はっきり言って、休みだからブログの存在完璧に忘れてました(´、ゝ`)ニヤリ


てか、このブログ、サークルのブログなのだから、サークルの皆さんも更新して良いんですよww

おそらく、後輩のブログ担当を見つけるまで、僕がずとブログ一人で描くことになるのでしょうwまぁ・・好きだからいいですけど(≧∇≦)ノ彡


ああ・・そうそう。


僕は完全なインドア映画好きなので、映画館にまったく見に行かないですよ。でも、最近、お友達と京都シネマっていう烏丸にある映画館に行くようになったのです!

http://www.kyotocinema.jp/index.html

綺麗な映画ですよう!京都の学生は1000円で一本見れます!

もちろん立命館もだから、僕等は1000円です。会員価格ですよ!

結構、良い感じのビルの三階にあるので、学生は少なく大人びた空間ですが、ミニシアター系の素晴らしい映画やってますよ!


地下鉄のザジ【HDニューマスター版】 [DVD]地下鉄のザジ【HDニューマスター版】 [DVD]
出演:カトリーヌ・ドモンジョ
紀伊國屋書店(2009-12-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


僕は最近、『地下鉄のザジ』を見ました!!

ゴダール、トリフォーなどのヌーヴェルヴァーグ周辺のフランス映画です!






ザジが超可愛いったらなんのなんの。
さらにカメラワークはもちろん、コメディに大事なスピード感とバスターキートン直系のはちゃめちゃ具合に、爆笑の連続。これは傑作。

勢いあまって、アマゾンさんでDVD買っちまったよう!!!


次は京都シネマで、冷たい熱帯魚みたいね!



サークルの活動は、来月にあるOB会が楽しみです。サークルの古い映画でしか見れなかった先輩と交流できるらしいです。


新入生のための春の上映会の日程も決まっているようで、なんとかまた新しい作品とりたいな・・・。



あと、追いコンの幹事、僕になりましたから、頑張ります(*´Д`*)







エンディングテーマは、モーモールルギャバンでユキちゃん!!

京都のバンドですよ。同志社大学出身です。立命の学祭とかも出てたんですよ。


by 山田












rinsai_2010 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月30日

テスト・テスト・テスト



ただ今、立命館大学はテスト期間中ですね。つまり、●●ックですね!!♪(*^ω^)/



テスト期間中に見た映画は以下の通りです!




ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]
ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]
クチコミを見る


ウォーターボーイズ、スウィングガールズの矢口監督の最新作品。ハッピーフライト!
働いている側から見た空港での出来事はすごく、新鮮で面白かったです。

綾瀬はるかがちょっと電波系入っていて、すごく男ウケする役柄でしたwww
ゆるふわ愛され系wwwwww
僕、吹石一恵さんのほうが好きですが笑


リーマンがCAにマジギレするシーンは、僕もバイトしてるので、へまをするので痛いほど、リアルでした。

矢口色満載の映画・・・。ゆるい笑いが僕のツボです。

連鎖的に話が進んでいくのも彼の味わい深いところですね。滑走路のシーンとか撮影たいへんだったろうなぁ・・。

芸人、海原はるかのハゲいじりは、思わず、ふきましたwww





あこがれ・大人は判ってくれない〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選1〕 [DVD]
あこがれ・大人は判ってくれない〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選1〕 [DVD]
クチコミを見る


以前、ブログで紹介した。フランスの映画監督、フランソワ・トリフォーの長編処女作品見ました。
トリフォーの幼いところを表現した映画です。
僕は、あんまり幼いときに学校ずる休みしたり、万引きや家出をしたことがないので、あまり共感できなかったですね。家庭環境の影響も多いんじゃないかとこの映画を見て思いました。



カノン [DVD]
カノン [DVD]
クチコミを見る

ギャスパーノエ監督のカノン。

洗いざらい人間の自己中心性について哲学的に自問しながらおっさんが、悩んでる映画です。
寝て、食べて、性交をする。その行為の真意を問う映画です。

ART-SCHOOLの曲にカノンってあるんですが、この曲からインスピレーションを受けてます。フランス映画。

『子供が父親と暮らすのは、金があるからで、母親に頼るのは、母乳をもらうからである。
父親の金がなくなり、母親の胸がしぼめば、子供は親を簡単に捨てる』

『老人はくさい。死ぬほど嫌なにおいがする』

その言葉はとても乱暴でいて、残酷であり、僕らの嫌悪を導きますが、実際に僕らが対峙する問題です。
この言葉を不適当だとみなすことは、正当に見えて、実は現状に逃げているだけなのかもしれません。




(500)日のサマー [DVD]
(500)日のサマー [DVD]
クチコミを見る


僕のためにある映画とでも述べましょうかwwww

音楽、文学が大好きだけど、内気で、人生において運命の人が必ずいて、その人を好きになるとそれ以外はまったく眼中になくなるそんな、草食系男子トムが、ある日、『THE SMITHS』の音楽をきっかけに、肉食系女子、サマーと恋をしてフラれる500日という映画です。

↓サマーの小悪魔系女子サマーが可愛いwww





↑エレベーターで、


「スミス?私も好きよ。良い趣味ね・・・To die by your side is such a heavenly way to die♪(君のそばで死ねたら最高)」

なんて歌われたら、死ねます笑


THE SMITHSなんてバンド、皆さん知らないのも当然。
80年代のイギリスのインディーロックです。

しかし、70年代のパンク勢力の衰退後の、イギリスにおいて、ポストパンクの最高のバンドはスミスに他ならないのです。



・・この映画、スミスだけでなく、インディーロック好きにはたまらない仕掛けが満載。主人公がカラオケで歌っている曲も、ピクシーズやクラッシュです。

Here Comes Your Man - Pixies





マグリットやバナナフィッシュ、ドリアングレイの肖像など、わかる人にしかわからないサブカルチャーっぷりも半端なく素晴らしい。

しかし、サマーもドリアン・グレイの肖像を読んでたことがきっかけで結婚って・・・かなりのネクラ文学少女やないですかwwww

うちの大学の文学部でも、読んでいる人は全体の1%以下じゃないでしょうか。

音楽、文学好きのネクラ男子必見。皆さん、サマーに振られましょう。





ところで、僕は、この春休みにコメディ映画を撮ろうと思うので、誰かよかったら映画作りましょ!


では・・・・。


by山田






rinsai_2010 at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月19日

death from above 1979がコーチュラで再結成!!!




うおぉぉぉ!!!!!(●´∀`)ノ+゜*。゜喜+゜。*゜+

普通ならソーシャルネットワーク見たぜ!超面白いぜ!

とか、映画サークルのブログなら更新するのが普通ですが・・・。

(ちなみに、ソーシャルネットワークの音楽担当はナインインチネイルズっていうアメリカのインダストリアルロックアーティストだよ。ゴールデングローブ賞おめでとう!)


あえてのdeath from above 1979!!!!!






カナダ発、ドラムとベースの2ピースバンド!。

USで今年、行われるコーチュラフェスで再結成です!!!

これは凄い。これは凄い!!♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪


こんなこと、軽音サークルのブログでも書かないぜwwww
というか、音楽好きでも、かなりマニアックな人以外、デスフロとか知らないです。すいません。

取り合えず、今夜は、ロマンティックライツで爆音で流しながらヘドバンしますよ。


今日もミーティングありますね!!!


ああ、ちゃんと映画見なきゃwwww。




あ!!そうそう。先週は、衣笠キャンパスからわざわざ、見学に来てくれた一回生がいました!(僕も一回生だけど笑)

こんな果てにようこそおいでくださって、うれしい限りです!!!!


入ってくれたら嬉しいな♪



ではでは、2011年の輪彩も頑張りましょう。







by山田







rinsai_2010 at 15:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0)