わたしは、わ・た・し

同性愛者(ゲイ)の夫と同居する、 RINTA(女性)の思うこと。 同じ境遇に生きる女性へのエールになることを願って・・・。

管理人RINTAです。
近年、年始と真夏のご挨拶のみで失礼しております。

放置ブログにコメント下さった方、本当にありがとうございます。

お陰様でクマ夫とも、元気に過ごしております。

子どもは4月から高校3年の女子、小6になる男女の双子ですが、クマ夫とは仲良しです。

お正月はアニメ「コードギアス」で、父子で盛り上がっておりました。
(レンタルDVDを借りて)

RINTAは全く興味なしで、浮いてます(笑)

残暑お見舞い申し上げます。

子どもたちの長い夏休みも終わり、明日から普通の生活に戻ります。

今年は高校のPTA副会長、小学校の地区委員、習い事の保護者会役員、と、子どもたちの役員でいっぱい、いっぱいのrintaです。

この夏、高校生の娘は進路に悩み、小5の娘には生理が来て、小5の息子は、発達障害の薬物治療に専念しました。

あっという間の夏休みでした。

クマ夫も元気ですよ。
40過ぎてからの趣味のおかげで、
楽しくやってます。
病院をハシゴしてたりしますが(笑)。
案外、長生きです。
rintaも、人生半分過ぎ、やりたいことやらなきゃ、
少し焦り気味です。

明日からも頑張ります。

まったくのご無沙汰をしております。RINTAです。

相変わらず、ボチボチやっております。

こんな放置ブログですが、時折、訪ねてくださる方がいらっしゃり、

大変、恐縮でございます。




クマ夫さんの近況ですが、本日はクマデー(笑)です。

新年2回目の(笑)。


しかし、娘(高一)がランニングシューズを買いに行きたく、

お昼の12時までは車で近所のショッピングセンターへ送り迎え。

家族サービスを一応して、お出かけになりました。

でも、息子(小4)にせがまれて、21時までに帰宅する約束をしておりました。

子どものチカラが一番効きます。

約束破ったら、息子は暴れるからねーーーー。

さぁ、楽しみです。約束守れなかったら、

RINTAは知りませんしね・・・(笑)。



ところで、RINTAの近況ですが、

以前にお伝えした通り、息子(小4)にADHDの傾向(グレーゾーン)

があることが分かり、週2回のプレイセラピーに1年間通いました。

(先日、終結しました)

ペアレント・トレーニングの講座も昨年末に2か月間受講しました。

そして、昨年10月から小児神経科も受診し、

現在は漢方で様子見の状態です。

10歳の壁とはこのことか・・・と思うほど、

学校の勉強にはついてゆけなくなり、イライラの爆発はひどく、

その反面、幼児のような甘えや抱っこをせがむこともあり、

凸凹満開の人生を送る息子に振り回されておりました。




・・・・そんな風に息子に振り回されていたら、

下の娘(小4・双子)が、突然、顔面麻痺を起こし、

「ラムゼイ・ハント症候群」という病気にかかりました。

約3週間入院し、顔面神経減圧手術という、

全身麻酔による5時間の手術も受けました。

重度の顔面神経マヒで、今もほとんど治癒せず、

半年は様子見の状態ですが、完治は難しいのではと思っています。




そんなこんなで、RINTAの人生は双子に振り回されています。

あんまり、クマ夫のことを観察する時間がない(笑)。

今は、発達障害グレーゾーンの息子と、

子どもでは10万人に2〜3人の稀な病気にかかった娘について、

記録を残そうかなー、と思案中です。



クマ夫のことで悩んだ時もそうでしたが、

発達障害、ラムゼイ・ハント症候群についても、

随分、ブログやネットの情報に助けられました。

特に娘の病気は、藁にもすがる思いでスマホと

にらめっこでした。

便利な社会になったことに感謝し、

RINTAもこの経験が誰かの役に立てばと、

ちょっと思うこの頃です。

もう少し余裕が出たら、新しいブログでも始めようかな?

その時はここでもお知らせします。

ではでは、新年のご挨拶に変えて近況報告でした。

RINTAです。


一年と数か月ぶりに、、書きたいことができました。






この間、とても穏やかに過ごしていた・・・と言いたいのですが、


・・・クマ夫とは、穏やかに過ごしていました・・・。


問題は小4の息子です。





昨年暮れに、エロ本8冊万引きで、学校から通報を受け、


学校でも問題行動があり・・・・。


結論から言うと、




「発達障害グレーゾーン」





(ADHDのグレーゾーン。) 





RINTAは、・・・疲れています。


完全に、疲弊しています。


小4の息子、衝動性を中心に、毎日の暴言が激しいです。


当たり前ですが、成績も崖から落ちるように・・・・。


10歳の壁でしょうか。


(あぁ、ブログのカテゴリ、変えなきゃ)


とにかく、発達上の凸凹でしんどい息子相手に、


完全に疲れた40歳のRINTAです。


(この春に、晴れて40代の仲間入りです♪)





そして、驚くべきことに、クマ夫、クマ夫の母も、


そうなんじゃないの・・・?という疑い。


大人は病名追及しませんがね。。。。


もう、RINTAの人生って、一体、何だったのか・・・。


今は、フツーに育っている二人の娘(高1、小4:息子と双子)が救いです。


娘たちが、とーーーーーっても、いい子に見えます(笑)。




ちなみに、小4息子は、まだ、フツーの女性好き?


これから、どうなることやら・・・・。



ひょっとしたら、これから、時々、更新するかもしれませんが、


完全に、RINTAの独り言だと思ってください。ではでは。



ご無沙汰のご無沙汰のRINTAです。

最近、ブログを更新する「こと」がなくなってきました。

タイトルの通り、「羽が生えたように」、ゲイの夫との関係が軽いのです。

いや、ゲイであることをほとんど意識しなくなった、というのでしょうか。

正直、ブログを続ける目的もなくなってきた、のです。


(今、悩みの真っ最中の方、すみません・・・)


もう、ブログを閉鎖しようかな、と思ったりしていたのですが、

そう思った時に限って、

「夫がゲイなんです。聞いてください」というメールを頂戴したりして、

「ああ、やっぱりこの場を置いておくべきなのか」と、悩んだりしています。


この場を置いておくにしても、いったんきちんと整理したいな、と思ったり。

何しろ、RINTAの暗ーい過去でもありますので(笑)。


でも、悩みだしてはや15年、

(第一子誕生時に疑惑が発生しました。

その娘もこの春で15歳になります。)

もう、跡形もないほど、スッキリしました。

あの時、安易に離婚しなくてよかった、と思う自分がいます。


子どもたちもお父さん(ゲイの夫)が大好きです。

まもなく中3になる思春期の娘でさえ、家族で出かける時間を「最高の時間」といい、

お父さんと、アニメの話で話が盛り上がり、ワリカンしてアニソンのCDを買ったり、

思春期の父親嫌いなど、どこ吹く風・・・の父娘関係を築いています。


夫の出かける回数もすっかり減りました。

夫の若気も歳をとってきたのか・・・。


こんな現状なので、RINTAがここで発言することの実態がなくなってきてしまって、

これからどうしようかな、思っています。

ではでは。

このページのトップヘ