Quer Swingar Vem Pra Cá !

サンバのバテリア(打楽器隊)チームです。
リオ・デ・ジャネイロの老舗サンバチーム「Unidos de Vila Isabel」のバテリアノウハウを直輸入して活動しています。

「イベントやパーティにサンバを!」という方☆
サンバパーカッションのショーでブロッコが盛り上げます!!
サンバダンサーの手配も承ります。
メールにてご相談ください。御見積は無料です。
ご連絡はコチラ⇒rioswingueira@gmail.com

ブログ書くのってなんだか少し緊張しますね。
こんにちは、メンバーのけんやです。


実は3月の初めからリオにおります!そこで2年ほど前に同じく留学していたみなみ先輩の「ブラジル留学日記」を引き継いでみようかと。良かったらオリジナル版も併せてごらんください。


いや、それにしてもブラジル、甘く見ていました。個人的な話、明日警察に外国人登録に行くのですが、いやはや何時間待つことになるやら、、、どれだけ待ってもいいから前回みたいなことだけは何としても避けたい、、、この話は機会があれば書いてみようかと思います。



さてさて、人生初のブログは、リオ市の美術館 “Museu de Arte do Rio” で現在行われている展示、“O RIO DO SAMBA: resistência e reinvenção”(2019/03/10まで)について。

この展示では19世紀から今日にいたるまでのリオのサンバ(Samba Carioca)について、詳しく、詳しく説明しています。ポルトガル語いっぱいです。展示を見に行ったのは一か月ほど前なので、ポルトガル語を始めて2か月くらい。それはもう壁全面意味不明な単語のオンパレードで、、、(行く前に勉強しておけよっていう話なのですが)。

しかし、辞書片手に格闘した結果、核心的な部分は理解できたかと。どのようにしてリオにサンバが持ち込まれ、はぐくまれ、今日の日まで変遷を遂げてきたのかを知る貴重な機会になりました。同時に、これまで僕がサンバとかかわってきた期間(あまり長くはないですが)いかに大事なことを知らずにいたのかを思い知らされました。僕なんかまだまだぺーぺー。知らないこと、わからないことがありすぎる。でも今回をきっかけにまたより深くサンバを好きになれた気がする。


もうちょっとポルトガル語が上達したらもう一度行ってじっくりと見てみようかな。






mar1

チケット売り場近くには各エスコーラのバンデイラがずらり。



mar2
こんな感じの説明書きがいたるところに。。。




mar3
中はざっとこんな感じ。




mar4
もちろんPelo Telefoneについても書いてある。



mar5
プラッサオンゼ。とっても大事な場所についてこんなに知らなかったとは。。。



mar6
有名な人たちがずらりと。写真的には一番映えてる。


mar7
出口に大きくカルトーラ。



ちなみに友人が美術館からの帰り際に教えてくれたのですが、今は写真を撮ると自動で翻訳してくれるスマホアプリがあるらしいですね。類は友を呼ぶとは言いますが、何というか、ほんとにタイミングが悪い。(笑)

それでは次回!


(けんや)


こんにちは、メンバーのあつしです!

5/19(土)、青山のプラッサオンゼに摩周さんたちが出演するとのことで遊びに行きました!

ただいつもと違うのは、今回は来日中のBernardo DantasさんとFlávia Dantasさんがサプライズ出演したこと!

Bernardoさんはご存じ摩周さんの師匠であるMestre Trambiqueの所属していたGrupo Sementeというバンドのギタリストです。Fláviaさんも歌手として活躍しているそうで、まさにリオの音楽シーンを代表するお二人がゲスト参加するというものすごく豪華なステージでした。
これも摩周さんとの友好関係やプラッサオンゼのご厚意があって実現したことだそうです。やっぱりつながりって大事ですね。その恩恵を存分に受けさせていただきました。

ステージは2部構成でしたが、ステージ間の休憩以外はMCも挟まずほぼノンストップ!ひたすらサンバの心地よい風を浴び続けていました。摩周さん曰くこれが「リオスタイル」だそうです。みんなタフだなぁ。

今回僕はFláviaさんを知らなかったこともあり、Bernardoさんのギターを楽しみに行ったのですが、良い意味で予想を思いっきり裏切られました。もうほんとにFláviaさんの歌声の美しいこと...一曲目で心をやられました笑
サンバとボサノヴァの良いとこ全部味わえた感じです。それに加えてギターをはじめ、バンドメンバーも強者揃いで、見ているこちらも自然と笑顔になってしまうほど素敵な空間でした。
曲の構成もすごく自由で目配せしながらソロを振ったり、ギターのちょっとしたリズムで曲の終わりの合図を出してたり、これがサンバかー!と今さらながら圧倒されました。

僕も気づけばサンバをはじめて10年以上になってしまいましたが、まだまだまだまだ奥が深いなぁと、改めて発見の多いライブでした。
一緒に見ていたブロッコメンバーもみんな食い入るように見てました。証拠の写真も撮っておきました笑

IMG_1013

こうやって本物に触れることも上手くなるためには大切ですね。

そんな感じであっという間の2時間半。最後はちゃっかりFláviaさんのCDにサインをもらい、お二人と写真も撮って帰ってきました。浮かれすぎて、支払いを忘れて店を出てきたことは内緒です笑(宮地さんありがとうございました。みなさんも食い逃げはだめですよ。)

IMG_1015
IMG_1016



今年は今後も続々とリオからすごい人たちがやってくるようです。
7/5には僕たちブロッコが、元Grupo SementeのPedro Mirandaと共演させてもらうライブもありますので、お見逃しなく!!



早く夏が来てほしい、みなみです。



GW真っ只中の53日、ブロッコ主催のシュハスコ...をやる予定だったのですが、天気予報が怪しかったため、レンタルスペースを借りて屋内の持ち寄りパーティーに変更になりました。


IMG_0967

IMG_0965

ブロッコが誇る画伯2人の合作であるこちらの絵がお出迎え。。。


お店のタイカレーやサラダに、各々おつまみやお土産を持ち寄り、お酒も充実の豪華なパーティーに!摩周大将手作りカイピリーニャもありました!


IMG_0970



この日はショカーリョメンバー華さんの誕生日だったので、サプライズでケーキも。


IMG_0973



スクリーンには2月にリオへ行ったときの映像を流しました。見るたびにサウダーヂがこみ上げます。


IMG_0969



終盤にはパゴーヂも。最近覚えた歌が増えてきたので輪にがっつり入れて楽しかったです。


IMG_0982

IMG_0983
IMG_0989
IMG_0988


たくさん話し、たくさん食べ、たくさん飲み、たくさん歌い(二次会も含めると実に10時間...)、メンバー同士の絆も、ゲストで来てくださった方々との交流も深まりました。



シュハスコでなくなったにもかかわらず参加してくださったゲストの皆様、ありがとうございました!!(差し入れもとーっても美味しかったです!!)


今回参加を逃した方は是非次回(次回こそシュハスコリベンジしたいと思ってますので)、お待ちしております!!




みなみ



↑このページのトップヘ